2005年08月30日

ワゴン車の女、官邸前で自分の腹や首を切り重体

 30日午前10時20分ごろ、東京都千代田区永田町2の首相官邸で、ワゴン車で乗りつけた女が果物ナイフで自分の腹や首などを切るという騒ぎがあった。女は同区内の病院に運ばれたが、出血多量で重体。

 警視庁麹町署によると、騒ぎを起こしたのは長野市に住む50歳の女。調べによると、女の車は、官邸北門に通じる路上で行われていた検問を、歩道からすり抜けて突破し、そのまま官邸の敷地内に侵入して停車した。

 女は約5分間、車内に閉じこもった後、突然、自分の腹などを切ったという。同署は、建造物侵入と銃刀法違反、公務執行妨害の疑いで調べている。

 車内からは、「小泉連立政権を阻止する」などと書かれたビラが20〜30枚見つかった。
(読売新聞) - 8月30日14時3分更新


何がしたかったんでしょうか。

>車内からは、「小泉連立政権を阻止する」などと書かれたビラが20〜30枚見つかった。

↑のこれが目的とするなら、

>東京都千代田区永田町2の首相官邸で、ワゴン車で乗りつけた女が果物ナイフで自分の腹や首などを切るという騒ぎがあった。

手段と関連性がないのはなぜ?

小泉氏を刺そうとするならまだしも……


それとも、首相官邸で自殺すれば小泉政権が阻止できると誰かから吹き込まれたんでしょうか。

まったくもって理解できないし、したくもない事件です。

理解できたときは、オレが狂ってしまったときでしょうね。


↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 17:31| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。