2005年06月30日

カラム組み立てた。

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    この記事は    .|
 |研究のためのものです |
 |  一般人は見ても   .|
 |  面白くないですよ  .|
 |__________|
       || 
       || ∧_∧   
       ||( ´∀` )
       〇"    \  
        ソ    /_|_   
     _ ノ⌒ヽ_ ノ_,,|_  
   / ( ,/~   __/
    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| 'l|
    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

カラム.JPG



これです。

Sephadex G-50を充填してみたのですけど、
カラム長が短く、分画が思うように出来ていない罠。

ま、とりあえず16本に分画したので、
それぞれHPLCに打って結果を見てみます。

分画→何が入っているか分析

がすぐにできると、かなり実験がスムーズに行きそうな予感。

カラムをもっと長くしないと、分画できないかもしれませんね。

前のは50cmくらいあったんですけど……

そのときは、色素の画分と活性画分は別れていました。

今後の実験、色々工夫する余地がありそうです。
posted by GIN at 09:20| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究アイデア。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4734981

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。