2005年04月18日

「日本が先に謝罪を」=町村外相の対応に一定の評価−中国次官

 【北京18日時事】中国の武大偉外務次官は18日、記者団に対し、同国内で拡大する反日デモで発生した暴力・破壊行為をめぐり日本政府が中国側に謝罪と賠償を求めていることについて、「(デモという)事態をつくり出した責任は歴史問題への日本側の対応にある。日本側が先に謝るべきだ」と述べ、要求を明確に拒否した。
 武次官は「謝るのは日本で、中国側は謝るいかなる必要性もない」と強調。「双方が沈静化に向けて共に努力しなければならないが、まず日本側が歴史問題で建設的な努力をすべきだ」と語り、日本側の対応を要求した。
 17日の町村信孝外相と李肇星外相の日中外相会談に関して、武次官は「歴史と台湾問題で日本政府は正しく対応しておらず、日中関係は国交正常化以来、最も厳しい困難に直面している」と指摘。その一方で、「町村外相は会談で歴史問題で中国国民に謝り、反省し、日中関係改善に向けて一定の条件をつくった」と一応の評価を下した。「両国はさらに努力する必要がある」とも述べた。 

(時事通信) - 4月18日13時1分更新




いつまで被害者ヅラしてるつもりでしょうか。

>「謝るのは日本で、中国側は謝るいかなる必要性もない」







謝るのは日本








中国側は謝るいかなる必要性もない





( ´,_ゝ`)プッ






本気でそう思ってるなら、これ以上相手にしない方がいいのかも。

なめてるとしか思えないねぇ。

posted by GIN at 15:30| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。