2006年08月31日

稚内・母殺害、入浴時見計らい携帯で友人呼ぶ?

稚内・母殺害、入浴時見計らい携帯で友人呼ぶ?

 北海道稚内市の住宅で、病院パート職員の女性(46)が刺殺された事件で、逮捕された長男(16)が母親の入浴時を見計らって、実行役として逮捕された友人の高校1年男子(15)を携帯電話で呼び出していた可能性が強いことが30日、分かった。

 長男が供述したもので、北海道警が裏付けを進めている。

 稚内署の捜査本部の調べによると、女性が殺害されたのは27日午後10時ごろ。長男はその数十分前に、友人に携帯電話をかけ、呼び出したと見られている。

 女性は浴室前の廊下で殺害されており、5〜6か所の刺し傷の多くはのど元に集中していた。同本部は約30万円で殺害を引き受けた友人に確定的殺意があったことを示す事実として重視している。
(読売新聞) - 8月31日3時7分更新

<稚内母親殺害>長男供述「自分で母親殺害は嫌だった」

 稚内市で病院臨時職員の女性(46)が自宅で殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された高校1年の女性の長男(16)が、「自分の手で母親を殺害するのは嫌だった」という趣旨の供述をしていることが分かった。稚内署捜査本部は、母親殺害に直接かかわるのを躊躇(ちゅうちょ)した長男が、友人で別の高校1年の少年(15)=同容疑で逮捕=に現金約30万円で殺害を依頼した可能性が高いとみて、調べを進めている。
 これまでの調べで、長男は8月初旬に少年に報酬を支払う約束をして母親の殺害を依頼。事件前日の26日に殺害について具体的に打ち合わせをしたという。実際に現金の受け渡しはなかった。
 27日夜に浴室脱衣所で女性殺害を実行したのは少年で、事件当時、長男は2階の自室にいたとみられる。長男が現場に居合わせなかったのも、母親が殺害されるのを直接目にしたくないという意識があったとみて、捜査本部は動機などを追及している。
(毎日新聞) - 8月31日3時12分更新




なんなんだこの高校生。

金を払う阿呆に殺す阿呆、同じ阿呆なら払わにゃ損損

ってか?

なんか母親と確執でもあったんですかね?

まぁそんなのがあったって、殺していい免罪符になんぞなるわけないですが。


一番の阿呆が殺した友人ですな。

自分の将来、30万で売ったってことですよねコレ。

すっごい馬鹿。

30万くらいなら、数ヶ月バイトすれば手に入るってのw

いくら子供で考えが未熟だからって……

阿呆にもほどがある。一応高校生だろ?

もはや小学生か幼稚園児レベルの思考回路なんだけど。


まさかとは思うけど、殺しても捕まらないとか思ってたのか?

それとも、自分は頼まれただけだから悪くないとか言い張るつもりだった?






……もしかしたら、

親友が母親と確執があって、何とかしてやりたかった?

そうだったなら、余計に馬鹿だな〜。


全くもって終わってる。
posted by GIN at 12:32| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。