2006年08月21日

<女性保育士>入所少年と性的関係 埼玉の民間児童養護施設

<女性保育士>入所少年と性的関係 埼玉の民間児童養護施設

 埼玉県西部の民間児童養護施設で、女性保育士(29)が入所少年と性的関係を持ったなどとして、管理運営する社会福祉法人に対して県が、児童福祉法に基づく改善勧告をしていたことが分かった。施設では男性指導員(26)が入所少女と性的関係を持ったことも発覚。施設は既に、この2人を含む職員計4人を懲戒解雇している。
 県などによると、女性保育士は04年春ごろ、休みの日に少年を自宅に呼び出して2、3回性的関係を持った。その後も昨年4月ごろまで自宅で会っていた。この間、別の職員に施設の車で少年を自宅まで送り届けさせたこともあった。少年が指示に従わないと施設などでけったり、体にかみついたこともあったという。今年6月、少年が施設職員に相談し発覚した。
 男性指導員は04年2月から少女を自宅に呼んで相談に乗るうちに同4月に性的関係を持ったという。昨年4月、少女が職員に相談し発覚した。【秋本裕子】
(毎日新聞) - 8月21日12時55分更新




管理する側が理性的でないというのは、管理される側にとっては悪夢以外のナニモノでもありません。

そういう意味では、人格的に相当出来た人間じゃないと、他人を管理するなんて事は出来ないんじゃないんですかね?

今の日本の社会、自己管理も出来ない人間で一杯ですから。


だから、看守とか、他人を管理する職業は給料高くして、万が一違反した場合の罰則を過剰なまでに厳しくすることで、管理の補助をすればいいんじゃないかなと。



ガキどもの管理で精神的に参ってしまう人間には勤まりません、ってことなんじゃないんかなと。

自分の欲望の管理も出来ないようじゃ話になりません。
posted by GIN at 13:41| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22619565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。