2006年08月21日

<情報公開>松山市の地図会社が水戸市提訴…CDで提供を

<情報公開>松山市の地図会社が水戸市提訴…CDで提供を

 電子データとして記録されている公文書は印刷しないと開示できないとした決定は、時代遅れで無駄だとして、松山市の地図製作会社が水戸市を相手取り、決定の取り消しなどを求める訴えを水戸地裁に起こした。データをCD―ROMなどに複製して引き渡すよう求めている。同社は同様の訴えを栃木、岩手県でも起こしている。
 訴状(7月29日付)などによると、同社は地図製作のため、今年2月14日、国から水戸市に譲与された農道、水路の図面などの公文書の開示を市情報公開条例に基づき請求した。市は「全部開示」を決定、8日後に同社に通知した。
 同社は、公文書を電子データのまま複製して開示するよう求めたが、市は「条例規則で印刷しないと開示できない」と拒否。同社は「複製して開示した方が正確で安価。資源節約にもなる。印刷しなければ公開できないという市の姿勢は時代錯誤だ」などと主張している。
 市管財課によると、公文書のうち録音テープや映画フィルムなどを除く電磁的記録の開示方法は、同条例施行規則で「印字し、または印刷したものを閲覧・交付する」と定められている。今回の開示対象の文書は印刷するとA1判(縦60センチ、横84センチ)で約1500枚に達する。市は開示に当たり、業者に印刷を委託して、その費用を同社に請求する予定だった。
 同社や印刷業者などによると、今回のデータ量を複製する場合、CD―ROMなら高くても数千円。だが、このサイズの紙に約1500枚カラーコピーした場合約8万円かかるという。
 市は「顧問弁護士と協議して対応を決めたい」としている。【山本将克、三木幸治】
(毎日新聞) - 8月21日8時30分更新




これって、資源の節約って意味だったら制定当時でもデータでやり取りするべきだって言われてるはずなんですよね。

明らかに一々印刷するとか資源の無駄遣い。

なのになんで印刷するように規定されたのか、そこを考えたら、


機密情報の保持なんだと思います。


印刷するって事は、渡す前に印刷した紙をチェックするはずで、

開示要求を受けた以外のデータを渡していないかどうかのチェックもそれでするはずなんですよね。



でもそれって、データでも十分出来るはず。






でも。

もし、市役所の人間と開示要求をした人間がつるんでて、開示すべきでない情報をやり取りしたいと思ったら、

紙の場合はごまかして持っていかなきゃいけないけど、

データの場合は隠しファイルとして設定すれば、そうそうバレはしないと思う。



結局、情報のやり取りが簡単になれば、情報流出の危険性が上がるんですよね。


そして、法というのは性悪説に基づいて規定されるわけで。


だからこそ、今回みたいな訴えが出てくるんですよね。


無駄だからやめよう、では通らないのが人間社会なんですよ。

悲しいことにね。
posted by GIN at 13:04| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。