2005年04月20日

祟り。


あの。



沙都子が可哀想過ぎて、話進められないんですが。・゚・(ノA`)・゚・









沙都子の自作自演の可能性を求めて、頑張ってみます。


特に沙都子の叔父を圭一が殺した後なんか、

ぶっちゃけいるように装ってるだけな気がするし、色んな検証しても矛盾が多い。

やはり、一流なのはトラップだけか┐(´ー`)┌







問題は、叔父の死体を埋めたところから何も出てこなかったこと。

魅音、レナ達が圭一の知らないところで圭一のアリバイ作りに協力してたとすると、

圭一の知らないところで叔父の死体を穿り返して別のところに隠した(可能性としては園崎祭具殿?)ということもありえるなぁ。







まぁ捜査ファイルもあるし、のんびりじっくり検証しながらやってみますわ。


posted by GIN at 10:32| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしの鳴く頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16783079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。