2006年03月28日

クソゲーのすすめ5 実践編

クソゲーの間合いを色々試してみて、発見したことをいくつか。

というか、6HS青についてはいつ書くんだ?

シラネ


まず、2Dは持続が短い。

だけどきっちり練習すれば後半を重ねることは可能だろう。

そこでだ。

相手が2Dガードしようとしまいと関係のない処刑法を思いついた……


クソゲーの間合いで2Dすかしポテバス


これは2Dヒットしない確認(?)と思う。

コマンド入れておいて、ヒットorガードしなかったらPを押す。

コレでいいと思われ。

理由は、相手は下段をガードするつもりなんだから、しゃがんでいるはず。そこからバクステとかジャンプとかは反応が遅れるはず。

あと、オレ自身、すかしポテバスは2K、P、近Sは見たことあるけど2Dは見たことないからというのもある。

コレは要練習だな。

ま、間違えてヒットしてもポテバス入れてたとしても、バーストされない限りは起き攻め間に合うしな。

っていうか、自分でもヒットするのかしないのか分からないくらいで2D振るようにしようw



あと、2Dヒット時の確殺コンボ。

クソゲーの間合いが遠くて、ロマKが届かないかもしれない。

ロマHSも間に合わない。ハンマーなんか論外。

唯一できそうなのは、2D→ロマ2D→ロマHS

どんだけゲージ無駄遣いなのよ。

もっと研究しないと駄目だ。


クソゲーの間合いだとKは届かないみたいだった。

でも2Kはギリギリ届くかもしれない。

ポテバス間合い内で2Kが届かないなら、逆においしいかもしれないな。

2Kすかしポテバスができるってことだもんね。

レバー上いれっぱでないのなら、2Kに反応してガードモーションになってるから後ろ歩きで間合いが広がることはないはずだし。

きちんと確認しておこう。




6Kについて。

投げられないように6Kを遠めで振ったときに2HSがすかることが多々ある。

これの対処法、2HS青ポテバスをきちんとできるようにしておかなければ。

実戦で一回でも決められれば自信がつくんだけどな。

つーか自分自身が2HSすかるのかどうか見極めできてないし。

判断の順番としては、

6K(ヒット)→2HS(ヒット)から、

ヒット時は623HS、すかり時は632146P。




……むりぽ。

つーかさ、2HS青ってタイミング結構早いからヒット確認できないと思うんだよね。コマンド入れるスピードにも限界があるしさ。

今の2HS青ポテバス自体、HS押したらすぐにコマンド入れないと間に合わないし。ヒット確認なんざ無理だー。

間合いで判断するしかないな……。
posted by GIN at 01:49| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギルティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15596411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。