2006年03月22日

クソゲーのすすめ5

書き忘れ。

起き攻めの直吸いのタイミングは感覚的過ぎて書きようがないせいで、

練習汁

一択なんだけど、

それとは別に書けるものがあった。


それは、直吸い時に保持すべき最適の間合い。



オレは、その間合いを「クソゲーの間合い」と考えてるwww


具体的には、下のテンションゲージの長さ分の距離くらい。

接近して画面がズームになったときの状態で、ね。


この間合いは、

1、相手が通常技暴れをされたときに、通常技ごと吸える

2、バクステされたときに、2Dは余裕で届く

3、飛ばれたときにヒートで掴みやすい

4、どう考えても通常投げで返されることはない

5、様子見でポテバスを遅らせた時にリバサ超必されたときに、0フレ発生のもの以外は大体ガードが間に合う

という最高に理想的な間合い。


注釈

3は、前ジャンプしたときにもつかめるという意味。
起きあがり時に距離が近い場合、前ジャンプだとヒートでつかめないことがある。キャラにもよるが。





直吸いの練習を対人戦でやっていれば、多分分かってくると思う。



特にカイ戦で役に立つことは特筆に値する。

なぜか。

その間合いの場合、

バクステ狩りで2D重ねたときに、ヴェイパーされても2Dとヴェイパーがすかるだけなのだ!!

もちろん着地にポテバスが確定。

マジで(゚д゚)ウマー

挙句にポテバスとヴェイパーがかち合ったとき、ヴェイパーがすかる事が多く、ヴェイパー着地までにポテバスすかりモーションが終了し、またポテバスが間に合うとかいう池沼っぷり。

要するに、リバサ無敵技はカイ側にとって超必しかありえないというわけ。

カイ選択肢  ポチョが勝てる選択肢

ヴェイパー<直吸い(上記の理由による)、様子見、2D

通常暴れ<直吸い2D

バクステ<2D

ジャンプ<2D、ヒート

ガード<直吸い

超必<様子見(ライドザライトニングの場合はガード後2HS(カウンター)→HS→ガイガンまで確定)

( `_ゝ´)ナニコノクソゲー

起き攻め時にこの「クソゲーの間合い」を常に維持するようにすれば、

ほぼ2Dと直吸いの二択www

立ち回りできつい分、これくらいはいいよねwww

まぁ、どっちを喰らってもループするし、そうなると2Dの方がダメージが低い分、逃げるチャンスは多くなるから、バクステとジャンプが多くなるのは普通に考えて分かると思う。

だからこそ、二択にしてからの読み合いがアツイ!!

相手が2Dを喰らって、いつ心が折れるのかを正確に読めwww

あとバーストもねww

心が折れる(ガードを固めるようになる)まで2Dを喰らった回数は、大体

普通の相手→2〜3回

ポチョなれしてる相手→0回か、4回以上

オレの今までの経験を統計すると、こんな感じになってるので、参考になれば幸い。

あくまで統計的なものなので、これが全然違っても文句は聞きません。





他にも、いくつか相手の行動を誘導する直吸いの方法はあります。

1、起き上がり時に通常投げされるギリギリの間合いまで近づくことで、投げ暴れを誘う。しかし投げられないのでHSか6HSが暴発。その攻撃判定発生前に吸う。通常技暴れに対応したタイミングでポテバスを重ねていれば、全キャラ吸えると思う。

2、起き上がりギリギリ前に、2K、P、近S等のすかり硬直の短い通常技をすからせ、ガードを誘い、直吸いする。

3、2の派生で、詐欺とびに見せかけ、J攻撃をすからせて直吸いする。

こんな感じかな。

他にも考えられるパターンもあるかもしれないけど、オレの池沼脳ではこれが精一杯ですw

次こそ、6HS青について。

なんか疑問があったらコメントに書いても、直に聞いてもどっちでもOKね〜
posted by GIN at 14:47| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギルティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15268636
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。