2006年02月22日

消えゆく賄い付き学生下宿 京都市内、ワンルームに押され

消えゆく賄い付き学生下宿 京都市内、ワンルームに押され




オレは元寮生でした。

だからまかないというか寮食を4年間食べて過ごしてきました。

院生になって一人暮らしを始めて、初めて寮食のありがたみを思い知りました。

しかし最近の寮事情は、個室化の方向に進んでいるようです。

要するに安いアパートみたいなものですね。

しかし、集団生活をして得るものは大きいです。

大学だから色んなところから来てる人がいます。

モラルもそれぞれ、常識もそれぞれ、生活習慣もそれぞれ。

そういうごった煮みたいな生活に慣れることで、

社会に出る前の常識というものを身につけられた気がします。

こういうものがなくなっていくというのはもったいないですね。

頑張って続けて欲しいものです。


↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 13:49| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。