2006年02月21日

練り製品 すり身の価格上昇 欧米でタラの消費増加

練り製品 すり身の価格上昇 欧米でタラの消費増加




魚の消費量が日本以外で増えているとは初めて知りました。

確かに狂牛病、鳥インフルエンザ等で食べられる肉の量が減ったというのもあるでしょうし、

実際に食べて身体にいいのは魚肉の方ですから、

健康志向が進むと魚の需要が増えるのは簡単に分かることでしたね。

これからいい品質の魚が日本にあまり来なくなるかもしれない……とありますが。

それだけは避けたいですね。

昔からの水産王国日本。王国といっても消費専門ですけど。

急に魚が減ったなどといったら、

金にあかせて魚を輸入→世界から批判

となりそうな予感がするんですけどね。

魚が高級食品になる日も遠くなさそうですね。


↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 14:01| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。