2006年02月15日

<奈良小1女児殺害>反社会性人格障害と診断 被告鑑定書

<奈良小1女児殺害>反社会性人格障害と診断 被告鑑定書




▽顕著な自己中心性▽対人理解の不足▽顕示性▽虚言傾向――などの性格の特徴を挙げ、多様で深刻な偏りが認められる反社会性人格障害と診断。「(性格形成に)幼児期から続いた父親の虐待や学校でのいじめなどが大きな役割を果たした」と弁護側の主張をほぼ追認したが「他者の責任をことさらに強調する傾向がある」とも指摘した。

なんだそれ……

納得いかないというか。

いや、書いてあることは分かるんですよ。

反社会性人格障害だからって、人を殺していい理由になんかなりはしないんです。

でも、その障害のせいで責任を取れないって……

どうも納得できない。


↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 15:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13318348
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。