2006年02月06日

あずまんが大名4

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 14:33:32.94 ID:ccu7/eOH0
佐久間信盛「援軍ちょーだい」
織田信長 「またか たまには自分でやってこいよ」
佐久間信盛「いや やる気はあったんだけどさ」
      「本願寺攻略の方法考えてなくてね」
織田信長 「やる気ねーじゃん」

佐久間信盛「よし!じゃあ次は私があんたの分もやってくるよ」
織田信長 「いい どうせ失敗だらけだろ 自分でやる」
佐久間信盛「じゃあやっぱり援軍もらうしか・・・」
織田信長 「自分の分だけやれよ!」


織田信長 「はい (まったく・・・)」
佐久間信盛「わーい」

佐久間信盛「あ」


織田信長 「あ り が た き し あ わ せ  だろ?」

佐久間信盛「はあ?何言ってんの?バカじゃない?」
織田信長 「バカはおまえだ!!」


648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 14:49:10.13 ID:ccu7/eOH0
片桐且元「淀殿美人やのに・・・」
淀殿   「なのに何よ」
大野治長「だよなー 黙ってりゃいい線だよな」
淀殿   「そお?」

淀殿   「ちょっとそれじゃまるで何かするとダメって言ってるみたいじゃない」
大野治長「みたいじゃなくてそう言ってんですよ」


651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 15:40:15.68 ID:ccu7/eOH0
織田信長「よし こうしよう」
織田信長「今回は特別に光秀に中国攻めに参加する事を許可する」
織田信長「じゃあちょっと本能寺行ってくるから」
織田信長「信忠も行こう」



織田信長「ちょwwwちょっと待ってくれ」

織田信長「ど どういう事?」


654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 16:21:03.29 ID:ccu7/eOH0
徳川家康「これを」
豊臣秀吉「あ いつもありがとうございます」

石田光成「い 家康殿・・・!? 1万両って・・・!?」
徳川家康「ああ 光成殿」
徳川家康「このくらい大名なら当然でしょ?」
石田光成「・・・・・・」


石田光成「ぐあー!!」
      「ヤな奴がいい事するとはなんてヤな奴!!」
      「あいつ善人かーー!?」
島左近 「善人ならいいじゃん」


656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 17:01:19.11 ID:ccu7/eOH0
羽柴秀吉「光秀〜 どうだった〜〜?」
明智光秀「あの・・・ 丹波攻略・・・」
丹羽長秀「おーすげぇ」

羽柴秀吉「はーはっはっは!
       実は私 播磨・但馬・因幡・備前・美作征服!」
丹羽長秀「うわ!ホントに攻略してやがる なんだこいつはー!!」

丹羽長秀「バカだねぇこいつなんでそーまで・・・・・・」
明智光秀「・・・・・・」
丹羽長秀「あ マジでくやしそう」


658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 17:26:16.20 ID:ccu7/eOH0
島津義弘 「中納言殿!みんなに激励の言葉を!」
小早川秀秋「えっ!?」

小早川秀秋「えーえーとあの
       「みんながんばって下さい」
       「でも私がみんなの足をひっぱって」

       「あの私のせいで・・・負けたら・・・」
吉川広家 「大丈夫!いいのよ!南宮山なんて日和見なんだから!」


石田光成 「とにかく勝つのよ!」
石田光成 「南宮山は日和見だなんて甘い考えで足をひっぱらない様に!」
小早川秀秋「Σ」

小早川秀秋「あ あの 光成 私・・・」

石田光成 「ほら!秀秋元気がたりない! おーーっ!」
小早川秀秋「お〜〜・・・」


小早川秀秋「ど どうしよう〜 私のせいで負けたら・・・」

小早川秀秋「あ・・・」
島左近「・・・大丈夫・・・まかせろ・・・」

小早川秀秋「左近殿・・・」

宇喜多秀家「くぁー!!かっこいーーっ!!」
小早川秀秋「わっ!びっくり」


662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 17:57:53.39 ID:ccu7/eOH0
松永久秀「義興殿 今日泊まっていったらどうですか?」
三好義興「いいのか?」

松永久秀「いいですよー」
      「じゃあ先に部屋にもどってて下さい」
      「お茶でもいれてきますね」


669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 18:55:34.11 ID:R9DdqCum0
南光坊天海「家康 鯛の天麩羅も食べろよ」
徳川家康 「うん」
       「天麩羅は大好きだよー」
南光坊天海「好きとか嫌いとかはいい」
        「鯛の天麩羅を食べるんだ」


672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 19:18:03.31 ID:R9DdqCum0
南光坊天海「ところで君 悩みはないかい?」
徳川秀忠「ちょっと戦が下手なのが…」


南光坊天海「他に悩みはないかい?」


673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 19:31:28.16 ID:R9DdqCum0
徳川秀忠「あの…なぜか娘に嫌われるんですけど…」
      「どうしたら…」





南光坊天海「他に悩みはないかい?」


677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 19:58:41.42 ID:P3cdhtwD0
品川大膳「よ」
       「あんたとは一度ちゃんと話してみたかったんだ」
       「私と似たとこがあるって聞い……」
       「…もしかして私 おぼえてない?」
山中鹿介「うん」


680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 20:32:48.08 ID:wbgM2jH10
柴田勝家 「どうりゃーーーーー!!!!!!!!!!」
佐久間信盛「うわー それ かっこええー」
       「今の ものすごく掛け声っぽい」
       「あー」


柴田勝家 「え!?さっきの掛け声!?」
       「あはははは それいいなぁ!」
佐久間信盛「あー」
       「あー」
柴田勝家 「あはははは もっともっと!!」
佐久間信盛「あー」
前田利家「稽古って楽しそうだな」
織田信長 「楽しくねえよ」


682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 20:41:53.91 ID:ccu7/eOH0
丹羽長秀「おはよー」
羽柴秀吉「おはよーございます」

羽柴秀吉「またみんな一緒の陣ですね」

荒木村重「(・ω・三・ω・)」

荒木村重「のぶもりんは?」
丹羽長秀「あーあいつ別だった」


687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 21:33:17.90 ID:ccu7/eOH0

島津義弘「よーし!全員いるかー!?」
      「いない人は手をあげてー!なんてなー!」
島津豊久「はーい!私いませーん!」
島津義弘「いるじゃーん!!m9(>Д<)」

島津義弘「はい!これから薩摩に向かうわけですが」

島津義弘「国につくまでが前進退却です!!」
福島正則「とばしてるなぁー」


689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 21:45:39.08 ID:36eVjXsp0
島津実久 「・・・あなたが島津家宗家勝久殿か?」
       「私は島津氏だがどうだ?勝久殿よ」
島津貴久 「あ 私も島津氏ー」
島津実久 「ならばその首ひっこ抜いてくれる!!」
島津貴久 「ええっ!?なんで!?」


693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 22:14:02.71 ID:36eVjXsp0
徳川家康 「さて とうとうやってまいりました!明日は関ヶ原です!!」
       「秀頼率いる西軍になんとしても勝つこと!!」
       「がんばって努力して勝利をつかみとる・・・」
       「美しいじゃあ ありませんか」
       「具体的に言えば162万石分は美しい!!」
結城秀康 「じゃあ なんとか東軍に勝てたら褒賞約束してー」
徳川家康 「ノンノーン そんな志の低い事はだめデース」
       「狙うは圧勝!!」
       「圧勝の場合更に天下の形勢が徳川に流れます!」
       「開幕も可!!」


697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 22:48:40.11 ID:36eVjXsp0
武田信玄 「どうした?ニヤニヤして」
上杉謙信 「ほら見てー 熏韋素懸威の具足ー」
       「信長がね 親睦の品に送ってくれたんだよー」
武田信玄 「てめェ!なにか!?天皇陛下にでもなったつもりか!!」
上杉謙信 「な なに怒ってんだよ」



織田信長「謙信様ー これは私からの心ばかりの品でございます」
武田信玄「Σ( ゚Д゚)」
上杉謙信 「え!?ホント!?ありがとうー」
武田信玄  一度ならず二度までも・・・
       「謙しィん!!」
上杉謙信 「わぁ!!」
武田信玄 「なにを受け取ったー!!」
上杉謙信 「・・・金小札色々威・・・」
武田信玄  うわー・・・

武田信玄 「具足くらい私も持ってるもんね!!」
上杉謙信  そうだね・・・


698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 22:51:40.70 ID:36eVjXsp0
武田信玄 「具足なんかなー!無い方がいいんだぞー!!」
上杉謙信 「なんでだよ・・・」


  

武田信玄 「こいつは悪い奴だー!!」
上杉謙信 「ええ!?」


702 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 23:16:24.61 ID:ccu7/eOH0
織田信長 「う〜〜ん」
織田信長 「のぶもりん ここ教えて」
佐久間信盛「へ!?私!?」

佐久間信盛「ほ 本願寺?」
織田・丹羽・羽柴・明智「じーーーー」
佐久間信盛「はっ」

佐久間信盛「えーーっと・・・・・・」
佐久間信盛「な なんと言っていいのか・・・」

林道勝   「ちゃうねん」
佐久間信盛「そ そう!それ!」

佐久間信盛「(;゚∀゚)ノちゃうねん」


703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 23:19:17.39 ID:H68A3sJ+0
織田信長「あついー あついよぉー」
森蘭丸「火、火がいっぱい!!」

豊臣秀吉「こら、主君を討っちゃだめだ!(ぺし)」

佐久間信盛「いや、よくやった!!」
明智光秀「信長は調子に乗りすぎだ!」


704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 23:20:18.08 ID:36eVjXsp0
前田利家「ん?お自分が入ってる風呂 何?湯気 出てないやん」
前田慶次「水風呂」
前田利家「このサブイのに良くやるなあ」
村井長頼 「殿は全然ダメでしたね 寒いの」
前田利家 「あかん あかん」
       ピカーン
前田慶次 「叔父上ちょっと入ってみ?」
前田利家 「えー」
       「せやからサブイのはあかんゆーてるやん 人の話きかなあかん」
前田慶次 「まあまあ全然冷たくないから」
前田利家 「水風呂ゆーたやん」
前田慶次 「唐辛子もいっぱい入ってるよ」
前田利家 「とうがらし?」
前田慶次 「まあ温泉代わりみたいなもんだ」
前田利家 「ふーん?」
        「ほんならちょっとだけ」
村井長頼 「あ あのっ」


  !?


前田利家「は━━ΣΣ(゜Д゜;)━━っっ!!」
前田慶次「あはははははははは!!」


705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 23:31:18.25 ID:pn4DOsIY0
家康「たいのてんぷら?」

天海「そうそう、メバルやカサゴみたいなもんだ」

家康「ふーん?」
   「ほんならちょっとだけ」

秀忠「あ あのっ」

家康「  !  ?  」


707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 23:43:08.84 ID:UojOhfI70
山中鹿之助  パン パン
          「我に七難八苦を与え給わりますように」
尼子勝久  「何ィ!?」
          「尼子家を再興するのにそんな願いでいいのか―――!?」
山中鹿之助 「これ以上何を望むと言うのです?」
尼子勝久   「……」


708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/01(水) 23:43:29.96 ID:UojOhfI70
斉藤道三 「正装しとる!!」
       「正装しとるで!!」
織田信長 「はい?」
斉藤道三 「きのう!きのううつけものやったのに!!」
       「ちょっと立派な服装になっとる!!」
織田信長 「?」
斉藤道三 「こ…こわぁ〜〜〜」
織田信長 「え?え?」


715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 00:28:46.91 ID:7Ayxusuj0
光秀 (!)
光秀 ...
光秀 (そー...)
信長 バシッ!!

光秀「...」
秀吉「あ その頭
   どーしたんですか?」
光秀「......」
光秀「...機嫌... 
   悪かったかな...」
秀吉「...粗相
   したのかな...」


717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 00:39:52.26 ID:htUeN1JO0
梁田政綱  「わー今川軍がいっぱいいる」
        「熱田神宮で戦勝祈願してたから知らせてきます!」
蜂須賀正勝 「信長つれてきたら楽しそうだな」
蜂須賀正勝 「きっとこんな警戒感の無い今川軍なんか一網打尽だぜ!」


718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 00:40:20.04 ID:htUeN1JO0
明智光秀 「あーハラへったー」
       「今日 家康公の接待役仰せつかったから」
       「じゃーん 鮒鮨セットそば大盛り」
織田信長 「臭いぞ」
明智光秀 「大丈夫大丈夫」
       「鮒鮨はいくら発酵させても腐らないタイプなんだ」
織田信長 「ほ――そうかい!
        じゃあ鮒鮨100貫食べてもらおうか!!」
明智光秀 「なに怒ってんだよ」


720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 00:44:14.57 ID:FYhmiVvH0
長尾政景   「あ、定満ちゃんどこいくのん?」
宇佐美定満 「暑いので野尻湖で舟遊びです」
宇佐美定満 「のりますか?」
長尾政景   「うん」

ふらふら〜     ぶくぶく〜


727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:05:36.86 ID:7sz0Eas40
井伊直弼「はいはいこうしましょう。将軍後継は紀州慶福公と一橋卿とで決選投票にします。」
家茂「え?」

井伊直弼「それじゃあ次の将軍は紀州慶福公、一橋卿は登城停止に謹慎ね。」
慶喜「納得いかねー!!」


729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:10:17.35 ID:htUeN1JO0
織田信長 「手取川だ! 手取川だ!!」

       「ぎょっ」
上杉謙信 「やぁ 今日は増水してるねぇ」


730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:14:13.74 ID:bkWJC6g30
明智光秀 「あの人が信長様か かっこええなぁー」
木下藤吉郎「あ!そうでしょ!?かっこいいでしょ!?」

明智光秀「よし!私もあの人を狙おー!」
木下藤吉郎「え 狙うってちょっとあんたねぇ!」

明智光秀「私もあんなカッコええ殿様になるのを目指すんやー」
木下藤吉郎「あ あー 狙うって そ そう・・・ でもあんたにはムリだわ」


731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:14:25.02 ID:7sz0Eas40
織田信長「それじゃあこの比叡山、」

織田信長「焼こうか。」
家臣一同「え!!?」

織田信長「え?包囲網が解けたら供養として延暦寺は焼くんじゃないの?」
明智光秀「何の供養ですか。」


734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:55:10.84 ID:bkWJC6g30
武田信玄「いつも上杉とばっか戦うのにはあきた!」
武田信玄「そこで今日は北条を攻めるわ!」

武田信玄「・・・・・・」

武田信玄「織田にする!みんな用意して!!」


738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:25:27.83 ID:7sz0Eas40
吉田松陰「ねー、万ちゃんってアメリカ行ったんだよね?」
中浜万次郎「ええ、まあ・・・・・・。」
吉田松陰「大発見!私も漂流すればアメリカに行けるじゃん!!」

宮部鼎蔵「じゃあそうしろ」

吉田松陰「ペリーに頼も・・・・・・。」


743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:33:01.45 ID:7sz0Eas40
長宗我部信親「いねーなー島津勢。」
大友義統「あ、戸次川渡ったら出てくるかもしれねーぞ。」
仙石秀久「こう?」



ジャーンジャ―ンジャ―ン。


745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:43:48.34 ID:7sz0Eas40
長宗我部元親「あの野伏せり戦法!旧日本軍が暗号に使ったという不可解な方言!台風と火山灰のせいで芋侍なんて呼ばれる幸薄

さ!」

長宗我部元親「鬼 石 曼 子 ! !」

十河存保「鬼石曼子!!?」
長宗我部元親「鬼石曼子とは朝鮮の言葉で島津勢のことです!」


746 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:48:43.45 ID:7sz0Eas40
長宗我部元親「あ、淡路勢が壊滅ですよ。」
大友義統「お、信親と存保戦死じゃん。」


仙石秀久「にゃんと」


750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 04:52:47.02 ID:+a+aVODi0
毛利輝元「利長ちゃん、何万石?」
前田利長「金沢112万石ですよ〜」

上杉景勝「米沢30万石!」
島津家久「薩摩鹿児島60万石!」
毛利輝元「長門萩30万石!」

「3人合わせて120万石!」
「西軍煩蔵頭のの勝ち!」


752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 05:12:26.70 ID:+a+aVODi0
織田信長「はい、じゃあここを五郎左よんで」
丹羽長秀「…それがしは、よく十兵衛の悪口を言っている」
織田信長「はい、その通り! これが〜」
明智光秀「…」


織田信長「はい、じゃあここをサル」
羽柴秀吉「…実を言うと、拙者はあまり彼が好きではありません」
織田信長「はい」

織田信長「この彼とはつまり―」
明智光秀「ちがうじゃん! 本だと彌介だろ!?」


766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 11:12:10.10 ID:gTxXGOpF0
羽柴秀吉 「今日は清洲会議ー!!」
       「はーい みなさんどうですかー!?」
       「しっかり根回ししましたかー!?」
       「お!?まだ出席しようと無駄な抵抗してる人もいますねぇ!」
       「今から説得できますかー!?」
滝川一益 「うるせぇ!!テメーのせいだろー!!」
羽柴秀吉 「はいはい 人にあたらなーい」


770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 11:51:14.63 ID:gTxXGOpF0
木下秀吉 「あっ 今晩は呑みにいこうぜー」
前田利家 「ごめん 今日はパス まつがうるさいんだよ」
       「だから今日は帰ってウチで食べるわ」
木下秀吉 「じゃ私もそれ」
前田利家 「え!?食べにくるの!?」


771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 11:58:57.47 ID:gTxXGOpF0
濃姫 「あらあらー あなた秀吉さんね?」
木下秀吉 「え?あの・・・どうして知ってるんですか?」
濃姫 「あ ごめんなさい 主人が信長様なの」
     「それで禿鼠みたいで猿顔の家臣がいるって聞いてたのよ」
木下秀吉 「・・・そ・・・そんな事を言ってましたか・・・」
前田利家 「ひどっ」


773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 12:32:15.63 ID:bkWJC6g30
織田信長「鷹狩りやろう鷹狩り!!」
藤吉郎 「ルール知ってんの?」
織田信長「まかせな!」

織田信長「私 鷹」
藤吉郎 「は?」
織田信長「鷹やるから」
藤吉郎 「どーゆーこと?」


776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 12:36:17.72 ID:bkWJC6g30
木下藤吉郎「わー 一向一揆がいっぱいいる」

織田信長 「鉄砲隊つれてきたら楽しそうだな」
織田信長 「きっとこんな鎧着てない奴らなんか一網打尽だぜ!」


777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 12:38:26.16 ID:bkWJC6g30
佐久間信盛「こーしてみんなが働いてるのを見てると
        なにもできない自分がふがいなくなるよ」
織田信長 「だからやれよ!」


785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 13:58:13.52 ID:4TgYGv840
佐久間信盛「大体 地方へ出向いての制圧ってのは
       日頃の上司による抑圧から解放されて
       本来の実力を思う存分発揮する
       ための期間ではなかろうか!!」
織田信長 「ほう つまりあんたは本願寺に攻められ
       余裕がなかったと」
佐久間信盛「えーと…」

佐久間信盛「茶会開いてましたー」
織田信長 「はーい 譴責状出すわよー」


789 :関ヶは〜らでのお話 :2006/02/02(木) 14:28:46.60 ID:4TgYGv840
松平忠吉「が がんばりますから」
井伊直政「うん」
松平忠吉「死ぬ気で! 死ぬ気でがんばりますから!」
井伊直政「う うん」
松平忠吉「死にますから!!」
井伊直政( ゚д゚ ;)


松平忠吉「やったーっ」
      「やった!! 直政どの!!」
      「一番!! 一番槍です!!」
      「あ あの せめてこの首お礼に…」
井伊直政「いや いい…」


795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 16:01:47.98 ID:gTxXGOpF0
久松信俊「じゃ坂部城の守り3000で本願寺攻め2000ね」
坂部藤十郎「本願寺攻めのほうが大変そうだからあっち3000じゃないですか?」
久松信俊「・・・・・・死ぬのは少ないほうがいいでしょう?」


家臣一同「じゃーんけーん!!」


797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 16:21:07.26 ID:gTxXGOpF0
木下秀吉「半兵衛殿 家臣になってくれるかな?」
前田利家「おい 秀吉ってさ まだ半兵衛いるって信じてるのか?」
蜂須賀正勝「さー どうだっけか」
      「秀吉ー あんた半兵衛いるってまだ信じてるクチ?」
前田利家「!」

前田利家「馬鹿!信じてたらどーすんだよ!!夢をこわしちゃいけないだろ!!」
蜂須賀正勝「じゃどう説明すんだよ」
前田利家「なにを」
蜂須賀正勝「例えばどうやって16人で岐阜城落としたのとか聞かれたら」
前田利家「そ それは・・・」
      「武器だよ 凄ぇ武器を持ってたんだよ」
蜂須賀正勝「城内が美濃衆で一杯だったのに?」
前田利家「すげえ強いんだよ!一騎当千なんだ!半兵衛なめんな!!」
蜂須賀正勝「どうやって一日で落としたの」
前田利家「動きが速いんだよ!めちゃくちゃ!マッハ100くらい!」
蜂須賀正勝「うそくせー そんな人間いねぇよ」
前田利家「半兵衛は人間じゃねーんだ!!」
蜂須賀正勝「なにィ!宇宙人なのか!?」

竹中重治「あの・・・私実在しますから・・・」


805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 17:29:59.13 ID:k5KNB/3T0
織田信長「おはようボンクラーズ」
林通勝「にゃにィー」
佐久間信盛(ボンクラやってー)
林通勝「信盛も反論しろ」
佐久間信盛「へ?」
林通勝「ズだ、ズ」
佐久間信盛「あーー」


808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 17:43:04.12 ID:bkWJC6g30
徳川家康「ここは・・・」

豊臣秀吉 (すいー)

豊臣秀吉「いらっしゃーい」
徳川家康「あ そうか天国か」


豊臣秀吉「家康さん私の天下とったんですか?」
徳川家康「いや・・・」
豊臣秀吉「盗りましたね?」
徳川家康「;」
豊臣秀吉「かえしてーー」
豊臣秀吉「かえしてくださいーー」
徳川家康「あ あのっ;」


809 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 17:52:24.78 ID:7P+pDIVK0
織田信長「竹千代ですよー。人質ですよー。」
竹千代 「む…(怒)」


810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 17:57:23.75 ID:k5KNB/3T0
佐久間信盛「羽柴ちゃんは勝ち戦をしたことある?」
羽柴秀吉「一応…」
佐久間信盛「私まだ勝ち戦をしたことないねん。痛快?」
羽柴秀吉「うん」
佐久間信盛「例えばそれは本願寺合戦を『これは勝ち戦です』って言ったとしても簡単に見抜ける程のもの?」
羽柴秀吉「え…」

羽柴秀吉「本願寺合戦と勝ち戦は全然違う…(あんまり似てない)」
佐久間信盛「えーーっ、そうなんか!? しまったー今まで勝ち戦は本願寺合戦の発展型で想像してた。これは考えを改めなあかんっ


佐久間信盛「それは信玄と信廉より違う!?」
羽柴秀吉「え…と」


811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 17:57:28.50 ID:bkWJC6g30
織田信長「にん〜げん〜ごじゅうねん〜〜」

織田信長「げ〜てんの〜うちを〜〜く〜ら〜ぶれば〜」

明智光秀「びっくりや・・・」
羽柴秀吉「外交も戦もできるけど敦盛へたなんだよ」
明智光秀「意外やなあ」
織田信長 ←でも歌うのは好き


812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 18:09:48.79 ID:k5KNB/3T0
五徳←書状をじっと見ている
徳川信康「だめです! それを送ったら私は死にます!!」
五徳←飛脚に書状を渡す
徳川信康←切腹


813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 18:13:39.70 ID:bkWJC6g30
佐久間信盛「くそー絶対本願寺落としてやる」

        「落としたら遊びに行くぞ!!みんなで!!」

荒木村重 「はい!みんなで行きましょう」
林通勝   「そうだね みんなで行けるといいね」


815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 18:20:51.66 ID:gTxXGOpF0
明智光秀「下克上っていいよね 梟雄の間ではやってんでしょ?」
斎藤利三「はやってるわけじゃ・・・」

明智光秀「信長の大ばかやろー!!」

明智光秀「とか軍議中に絶叫するなんて夢も実現するんだよ?」
斎藤利三「そんな夢捨ててしまえ」


817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 18:30:35.27 ID:k5KNB/3T0
前田利常「あ、本場の真田丸だ」
真田幸村「ちゃうちゃう本場はもっと過激やで! 変形合体百万馬力や」
前田利常「あははーうそつけ」

前田利常「ホントか!?」
真田幸村「うそや」


818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 18:33:00.18 ID:gTxXGOpF0
加藤清正 「あ」
猿         ガブッ
加藤清正 「!」
猿         ぐるぐる
加藤清正 「!?」

伊達政宗 「こらっ!」パン
猿・加藤清正 Σ
伊達政宗 「こらっ!」パン
       「かんじゃダメだろ!」パンパン
猿         だっ
伊達政宗 「あ!」
       「まったく あーゆー猿はちゃんとしからないとダメだ」
       「叩いてわからせねーとな」
加藤清正 「で でも・・・」
       「話せばわかってくれる・・・」
伊達政宗 「わけねーだろ」


821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 19:12:43.75 ID:k5KNB/3T0
少輔次郎「わーつもってきたー」
少輔次郎「徳寿丸、雪合戦や」
徳寿丸「うけてたちましょう」
二人「わー」


822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 19:22:40.15 ID:bkWJC6g30
小早川秀秋 「うう…
         光成が私を信用してくれへん」


小早川秀秋 「すいませんー 密約してましたー」



823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 19:35:10.08 ID:fZvhpCQo0
なぁ、三成だよな?


824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 19:35:50.68 ID:ZiMQJFT30
>>823
分かってるねんで!?


825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 19:38:19.91 ID:iXo1SQsD0
>>822-824
クソワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 19:45:25.43 ID:bkWJC6g30
うう…
>>823が私を信用してくれへん」


すいませんー 間違えましたー


828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 20:02:24.49 ID:bkWJC6g30
小早川秀秋「三成ええ作戦教えたる」
石田三成「ええ作戦?」

       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |    /      小早川秀秋「こうやって手ひろげて走ったら人数多そうに見えるやろ」
      ( ヽノ
      ノ>ノ 
  三  レレ


829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 20:20:45.46 ID:gTxXGOpF0
細川藤孝「今度の余暇 みんなで茶会を開きましょう!」
羽柴秀吉「茶会だ茶会だ ひゃっほー!!」
明智光秀「子供」
羽柴秀吉「なんだとぅ!?じゃあキサマは楽しみじゃないとでも言うのか!」
明智光秀「まあ少なくともそんなにはしゃぐ程ではない」
羽柴秀吉「けっ!通人ぶりやがって!もうあんたの瞳は道三に仕えていた頃の輝きを失ってしまいました!」


836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 20:49:10.18 ID:gTxXGOpF0
足利義昭 「いかん・・・」
吉川元春 「?」
足利義昭 「征夷大将軍分が不足してきた」
吉川元春 「征夷大将軍分?」
足利義昭 「そうだ 征夷大将軍分だ」

吉川元春 「それは・・・糖分とか塩分とかみたいなものでしょうか?」
足利義昭 「その通りだ 諸大名どもに蔑ろにされ続けると減ってくる」
       「征夷大将軍分が不足すると 勅命の乱用や官職の安売りなどの症状が見られる」
吉川元春 「征夷大将軍分は・・・諸大名の貢物に含まれているのですか?」
足利義昭 「はっはっは 当たり前だろう」
吉川元春 「大変だ!義昭様が・・・義昭様がもうダメだ!!」
毛利輝元 「しっかりして下さい!!」
足利義昭 「信長しなねーかなぁ」


840 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 21:03:47.30 ID:C70kq6WO0
     コン
織田信長「どくろー」
     ぽーい
お市  「ギャーーーーッ!!」
明智光秀「殿!!髑髏で遊ぶのはおやめくださーい!!」


846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 21:41:40.40 ID:8EAOTncw0
上杉謙信「なに?祝って欲しいのか?」
上杉謙信「家督乗っ取りを祝って欲しいのか?」
上杉謙信「コングラッチュレーション信玄〜♪コングラッチュレーション信玄〜♪」」
武田信玄「もう謙信なんか川中島呼ばないから!」
上杉謙信「なに!!それじゃあ信濃とれねーだろ!!」

上杉謙信「なんだよー、せっかく塩もってきてやったのに」
武田信玄「え!!」
武田信玄「し 塩ですか!」
上杉謙信「そうだ!」
武田信玄「ぜひ川中島にお越しください」
上杉謙信「妻女山くれるのか!?」
武田信玄「特別に善光寺もつけましょう」
上杉謙信「うひょーーやったぁ!!」

上杉謙信「ほい これだー」
武田信玄「あ ありがとうございます!」
武田信玄「・・・あれ?」
上杉謙信「塩ー」
上杉謙信「を私の汗で作った」
武田信玄「………ブルブル」
上杉謙信「あれ!?いらないの!!」


848 :836 :2006/02/02(木) 22:07:03.96 ID:gTxXGOpF0
雑賀分を補充

鈴木重秀 「鉄砲を撃つのには注意点がありまして 引き金をゆっくりと絞るのです」
       「するとど真ん中に」ズドン
本願寺顕如「おー」
鈴木重秀 「これで命中まちがい・・・」
  ズドン
鈴木重秀 「あれ!?行部殿!?」

鈴木重秀 「ちゃんと当たってへんやん!!」
下間頼廉 「え?あー・・・」
鈴木重秀 「あ!ゆっくり引かんかったな!」
下間頼廉 「うん」
鈴木重秀 「ゆっくりや!ゆっくり引き金引かなっていうたやん!!あかんやん!!」
       「人の話聞きなさい!!」
下間頼廉 「ご ごめんなさい」


849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:07:19.75 ID:ljpJa/cp0
蒲生氏郷 「あっ、この一揆はイヤかもです」
蒲生氏郷 「大崎・葛西一揆」

蒲生氏郷 「『無理矢理な奥州仕置によって大崎・葛西家は領地を失っています』」
蒲生氏郷 「『そこへきて木村吉清の苛烈な検地・刀狩りはガマンできないと思います』」
蒲生氏郷 「…ですっ!」

木村吉清 「あー、イヤなんじゃないかなあ」
木村清久 「厄介だよねー」
蒲生秀行 「奥州の統治がやりにくくなるぜー」

木村吉清 「誰?誰の煽動?」
蒲生氏郷 「とくめい希望、って書いてます」

伊達政宗 「……」


850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:10:24.96 ID:NOBN72ph0
榊原康政「忠勝の蜻蛉切やー」
井伊直政「かっこいいですねー」
榊原康政「でも冷静に考えたら蜻蛉なんか切れんよな」


851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:10:39.33 ID:7sz0Eas40
羽柴秀吉「うぅ・・・・・・ごめんなさい・・・・・・。」
足利義昭「良いって良いって!気にすんな!」
羽柴秀吉「おとーさーん。」
足利義昭「何でやねん!」

ガシ!

足利義昭「何でやねん!何でやねん!」

ガシ!ガシ!


854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:23:06.27 ID:ljpJa/cp0
石火矢係 (どーーん!)
石火矢係 (どーーん!)

石火矢係 (どーーーん!)
石火矢係 (どーーーん!)

石火矢係 (どーーーーん!)
石火矢係 (どーーーーん!)


石田三成 「…… 一個は当てろよおめーらよぉー」


857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:40:33.99 ID:ljpJa/cp0
尼子義久 「しかし、鹿助が切腹せず捕縛されたって、思い切り武士の名折れじゃないのか?」
立原久綱 「いや、本人がさ、どうしても生き長らえたいって言ってたぞ」
立原久綱 「ほら、便所の中に飛び込んで脱出するやつ。あれがやりたいって」


山中鹿助 「あー あー」
山中鹿助 「たーー!(どぼん)」
山中鹿助 「あはははは! あはははは!(べしゃべしゃ)」


858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:44:27.99 ID:gTxXGOpF0
羽柴秀吉 「雑賀衆は最初味方だったけど 野田・福島の戦いで敵対しだしたんだ」
鈴木重秀 「そーそー 三好攻めで手柄たてたからさー 報酬に娘くれって言ったら」

鈴木重秀 「はっ 田舎者にはやれん」

鈴木重秀 「とか言いやがったからさー」
明智光秀 「それはムカつくなー やな奴だなー」


859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:46:13.69 ID:gTxXGOpF0
修正。
羽柴秀吉 「雑賀衆は最初味方だったけど 野田・福島の戦いで敵対しだしたんだ」
鈴木重秀 「そーそー 三好攻めで手柄たてたからさー 報酬に娘くれって言ったら」

織田信長 「はっ 田舎者にはやれん」

鈴木重秀 「とか言いやがったからさー」
明智光秀 「それはムカつくなー やな奴だなー」


860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:49:20.01 ID:yveD6E+A0
徳川慶喜 「ん?写真?」
       「岩倉使節団からか…」

       「え…!?」


861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 22:58:50.84 ID:ljpJa/cp0
豊臣秀頼 「問題出したげる!」
豊臣秀頼 「えーー」

豊臣秀頼 「四角形を規則正しく並べた図柄を好む将といえばだーれだ?」
大野治長 「え?」

大野治長 「なんだよそれ…」
石田三成 「家紋が四つ菱だから、武田氏の誰かでしょー」
豊臣秀頼 「ブーッ!」

豊臣秀頼 「福島左衛門大夫!」
豊臣秀頼 「市松だから!!」

石田三成 「……」
石田三成 「ーーー!!(こくこく)」
豊臣秀頼 「…そんなに納得されても困るが」


863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 23:05:42.25 ID:ljpJa/cp0
豊臣秀頼 「仕事を辞めさせられてばかりいる将だーれだ」
石田三成 「え…それは…佐久間信盛さん……」

豊臣秀頼 「ブーッ」
豊臣秀頼 「丸目蔵人佐」

石田三成 「え?長恵さんはそんな無能じゃないですよ?」
豊臣秀頼 「『退社流』だから」


石田三成 「ー!!」
豊臣秀頼 (おもしろい…)


870 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 23:24:56.88 ID:gTxXGOpF0
片倉景綱 「政宗様はなんでとぶのんー?」
伊達政宗 「眼帯ですけどー」


879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 00:19:47.59 ID:cAIaqstT0
勝頼 「あの人 高坂昌信さんやったけ?かっこええなぁー」
信玄 「お!そうだろ!?かっこいいだろ!?」
勝頼 「よし!私もあの人を狙おー!」
信玄 「え!!狙うってちょっとおまえなぁ!」
勝頼 「私もあんな文武両道で仁者の武将になるんを目指すんやー」
信玄 「あ あー 狙うって そ そう でもおまえにはムリだわ」


880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 00:21:20.45 ID:n3mUbvew0
北条氏政 「幻庵老の『おほへ書』には何が書いてあるんやー?」
北条氏政 「やっぱ乱世に役立つことが書いてあるんかな?」
北条氏康 「そういえば…」

北条氏康 「生き残るための脱兎の秘訣とかが!」
北条氏政 「うわ!便利!!」

  /| +
  l |
  _L!_ __
  || /  , _ヽ  
  ||/ミ)´・∀)
  /::丶へノ::\
  レノユ::/ユ::メp炭



881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 00:28:16.88 ID:cAIaqstT0
毛利輝元 「実はさっきこんなものを拾っちゃったのよ」
小早川隆景「なんですかー」
吉川元春 「春画?」
小早川隆景「あ!!」

両川   「足利将軍だーっ!!」


893 :横山版 :2006/02/03(金) 01:55:20.45 ID:ac0hVYcE0
林秀貞「信長と信行は全然違う・・・・・・。」
柴田勝家「え、そうなん!?」

柴田勝家「今まで信行は信長の二番煎じで想像してた・・・・・・。」

柴田勝家「これは考えを改めなあかん!」

柴田勝家「それは具体的には金と銅ほどに違う!?」
林秀貞「えっと・・・・・・。」


898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 02:55:30.11 ID:ac0hVYcE0
松永久秀「やめてーのぶながさーん・・・・・・。」



松永久通「どした?」
松永久秀「とても悲しい、夢を見た。」



松永久秀「やめてゆーてるのに織田さんが九十九茄子を取り上げてもた。」
松永久道「久秀も色々大変だなあ。」


901 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 03:57:28.49 ID:w+24bpWU0
織田信長「この人は・・・」
秀吉   「私も信長様に仕えたいです」

織田信長「人間・・・なの?」
秀吉   「はい!」

織田信長「(猿にしか見えんが・・・ きっと色々大変なんだろうなあ)」

織田信長「よし!がんばれ!」
秀吉   「がんばります!」


924 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 11:02:04.63 ID:/UepUukU0
信長「おーい、濃姫ー」
帰蝶「え?」
信長「濃姫ーあのなー」
帰蝶「濃姫?私ですか?」
信長「そう、あんたあだ名濃姫。美濃から来たから」
帰蝶「そんな安直な!」


932 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 12:28:43.18 ID:v0yw78T/0
>>881の続きだったり
毛利輝元 「この方 誰か引き取りなさい」
宍戸隆家 「・・・へ?」
毛利輝元 「へ?じゃないの!無能なんだから一人で生きてけないでしょ?かわいそうじゃない」
宍戸隆家 「殿が引き取るんじゃないんですか?」

毛利輝元 「なにをバカな」
       「ホラ 客分を招くってのは・・・えーと・・・せ・・・責任感を養うのにいいんだよ」
       「だから私は主君としてね えーと あのー」
       「いいから誰か引き取れよ!」
宍戸隆家 「引き取れと言われましてもそう簡単には・・・」
熊谷信直 「うちあかんでー」
吉川元春 「うち不細工な嫁いるから」
宍戸隆家 「うちもー隆景殿は?」
小早川隆景「うちもダメだ・・・」

小早川隆景(・・・義昭公)
       (義昭公・・・義昭公・・・そうだ義昭公は前将軍義輝公の弟君だ)
       (将軍の弟といえば源義経 義昭公も弁慶を率いて戦うんだろうか)
       (きっと悲しい事やつらい事がいっぱいあるんだ)
       (がんばれ義昭公ー・゚・(ノД`)・゚・。 )


933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 12:29:07.95 ID:twAYvckIO
竹千代「義元に気にいられたー(涙)」

「いじめ以上か!?」


935 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 12:36:50.76 ID:v0yw78T/0
毛利輝元 「あーもう誰も引き取らないの!?おまえら勝手だぞ!どういうつもりだ!?ハラたつー!」
吉川元春 「よしわかった!幸鶴丸!俺にまかせろ!!」
熊谷信直 「お!?」
毛利輝元 「だれが幸鶴丸か」
吉川元春 「実は知り合いが織田家に出入りしてんだ」
宍戸隆家 「だめじゃん」


937 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 12:45:05.93 ID:Yb9UgluX0
松井宗信「ひーーーーーー」
      「で 出た!雨の中に! あ あの色白い悪魔が!!」
今川義元「なにィ!?」
      「尾張の大うつけか!!」
松井宗信「そうや 織田信長がおったー」
今川義元「なにイ マジで!?」


938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 13:07:40.77 ID:Yb9UgluX0
佐久間信栄「うーん…本願寺制圧しないで茶飲んでていのかなぁ」
佐久間信盛「何言ってんだー 信栄は根がマジメだなー」
       「茶飲んでていいわけねーじゃん!」

佐久間信盛「でも茶会しようぜ!」
佐久間信栄「親父はスゲーな」


939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 13:26:04.60 ID:XIr/chUz0
iup156962.jpg
保守ついでに作ってみたが
…なんかだめだー


944 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 14:32:24.22 ID:Yb9UgluX0
松永久通「お茶にしよー」
      「あれ?…平蜘蛛が…」
    ジジジジジ
松永久通「あああーーー!!ストップストップ!!」


織田信忠「うわぁー 大惨事や」


968 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 18:02:30.96 ID:68PCMGoJ0
丹羽長秀「秀吉の誕生日プレゼント 何がいいかなぁー」
前田利家「うーん」
丹羽長秀「秀吉って頭いいから なんか頭よさそーな物かなぁ」


丹羽長秀「頭よさそうな物ってなんだ?」
前田利家「さあー」

丹羽長秀「でも、秀吉お金もちだろー?
      なんでも持ってそーだよなぁ」
      「利家は何贈るつもり?」
前田利家「さるこざるわらにんぎょう」
      「かわいいぞー」


971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 18:26:11.12 ID:68PCMGoJ0
織田信長「動いとる!!動いとるで!!」
明智光秀「はい?」
織田信長「きのう!きのう生際ここやったのに!!」
      「ちょっと後ろの方になっとる!!」
明智光秀「?」
織田信長「こ…こわぁ〜〜〜」
明智光秀「え?  え?」


974 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 19:17:15.95 ID:68PCMGoJ0
片倉景綱「梵天丸さまはなんでとぶのんー?」
伊達政宗「5歳ですけど---」


伊達政宗「景綱さんもとびますか?」
片倉景綱「え?とべるん?」
伊達政宗「かしてあげます タダで」
片倉景綱「わぁー これがあったらタダでとべるんかー」
目玉  「どこまでもな」
伊達政宗「さあつけるとおにあいですよ」
片倉景綱「え…あの・・・」


975 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 19:34:05.77 ID:XIr/chUz0
iup157093.jpg
iup157095.jpg
保守ついでにまた絵をつけてみた
粗いなorz このスレももうそろおわっちまうしな…


976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/03(金) 19:35:49.69 ID:68PCMGoJ0
政宗「えー いらないんですか?」
   「はやってるのにー」
目玉「なんやっちゅーねん」
景綱(そうや)
   (若はアレにあやつられてるんや)

景綱「梵天丸さま助けたる!」

     キュポン


     とす…

景綱「ああ!?」


↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 14:05| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。