2006年01月17日

宮崎被告の上告棄却、死刑確定へ

 東京、埼玉で1988〜89年、幼女4人が殺害された連続幼女誘拐殺人事件で、誘拐、殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた宮崎勤被告(43)の上告審判決が17日、最高裁第3小法廷であった。
 藤田宙靖(ときやす)裁判長は、被告側の上告を棄却した。前例のない異常な犯罪として社会を震撼(しんかん)させた事件は、最初の発生から17年5か月を経て、死刑が確定する。
(読売新聞) - 1月17日13時40分更新


宮崎被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却

 東京都と埼玉県で1988−89年、幼い女の子4人が相次いで犠牲になった幼女連続誘拐殺人事件で誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われた元印刷業手伝い宮崎勤被告(43)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は17日、1、2審の死刑判決を支持し、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。
 犯行時の被告に善悪を判断して行動する能力(刑事責任能力)があったかどうかが最大の争点だったが、最高裁は「極端な性格的偏り(人格障害)で精神障害ではない」と完全責任能力を認めた1、2審の判断を支持。「心神耗弱」との弁護側主張を退けた。
 幼い女児ばかりを標的に、遺骨や「今田勇子」名の犯行声明を送り付ける異様な手口で社会に衝撃を与えた事件から17年余り。1審東京地裁の初公判から16年に及ぶ裁判が終結する。
(共同通信) - 1月17日13時38分更新


とうとう死刑……ですね。

まぁ幼女を誘拐・殺害した挙句に17年もタダ飯を食ってきたんだからねぇ。

その頃小学生だったオレも、今ではこんなに大きなニートくなりましたよ。

Wikipediaで責任能力って調べてみたけれど、

つ【http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%83%BD%E5%8A%9B

やはり心神耗弱(←今まで「すいじゃく」って読んでたorz 正確にはしんしんこうじゃく)による責任無能力が認められるとほぼ無罪ですから。

もう一回当時の事件の記録を読んでみるかな……。

まぁ気分が悪くなること請け合いだろうけどね( ´ー`)y-~~

女子高生コンクリ詰め殺人のときもそうだったしなー。



↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 14:02| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11813235

この記事へのトラックバック

宮崎被告死刑確定
Excerpt: 宮崎勤被告に死刑 連続幼女殺害事件で最高裁が上告棄却 事件発生から17年を経てよ
Weblog: てけとぉな blog
Tracked: 2006-01-18 10:09

宮崎被告の死刑判決について
Excerpt: この事件の被害者は、生きていれば兄やんとほぼ同じ年の女の子たちだっただけに、なんとも言えない思いですが、だからこそ言いたいこともあります。 宮崎被告について、少しだけ冤罪の可能性はないか?考えたこと..
Weblog: 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ
Tracked: 2006-01-21 12:51

宮崎勤被告の死刑確定
Excerpt: 宮崎被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却 東京都と埼玉県で1988―89年、幼い女の子4人が相次いで連れ去られ殺された 幼女連続誘拐殺人事件で誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われた元印刷業 手..
Weblog: 今話題の情報を集めています。
Tracked: 2006-01-29 07:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。