2006年01月09日

ダルシムが地味に嫌われているようです1

マジワロタwww

人物紹介
337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/09(月) 03:15:44.97 ID:CtVk8/K30
ダルシム→平気でうそをつき、勘違いばかり
ブランカ→餌くれ餌くれ
Tホーク→まじめ、洗脳されやすい?
ガイル→ダルシムに苛立ち。カリンといろいろリュウと友達?
カリン→ツンデレ
リュウ→まじめで女についてはシャイ。ダルシムに苛立ち?
さくら→リュウといろいろ
ザンギエフ→男にすかれる足の遅いやつ
ケン→もてる
スカトロマニア先生→教師の鑑
豪鬼→ダルシムの舎弟?
サガット→タイガー

1 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:29:55.81 ID:6U2qNidl0
9月12日 ガイルの日記より

リュウとカラオケに行く予定だったが、ダルシムも行きたいと言い出した。
仕方ないので連れて行くことにした。
行き道では終始無言。時折俺のネタ発言(リュウへの)に対しへらへらと笑っている。うざい。



3 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:32:22.24 ID:6U2qNidl0
カラオケにつくと突然目を輝かせて入力しだす。
とりあえず放っておいたが、アニソンばかり歌ってウザい。
注意したらまたへらへら笑った。

俺が歌い始めると、面白いとでも思ったのか、
いきなりリモコンで半音上げキーを連打し始めた。
半ばマジ切れでサマーソルトを食らわしたら、
またへらへらと笑った。ウザい。



4 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:34:01.32 ID:6U2qNidl0
カラオケを終え、「これからどうする?」という話に。
聞いてもいないのに「晩飯いかね?」とか言い出した。
鬱陶しかったが、特に用事も無いので決定した。
俺がリーダー、みたいな雰囲気をかもし出し始め、
「じゃあ行こうぜ」とか言い出したから殴ろうとしたら、リュウが先にネリチャギをかましていた。

ついたのはココイチ。まただ。



5 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:36:20.99 ID:6U2qNidl0
別に金もなかったのでココイチでいいや、と店内へ。
注文をとりにきたので、普通に頼む。
ダルシムがここぞとばかりに「5辛で」と言う。
ツッコミ待ちなのが表情から見て取れたので無視した。

汗をかきながら苦しそうにカレーを食うダルシムを見て少しだけ胸がスッとした。



6 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:38:15.03 ID:6U2qNidl0
飯を食い終えるとそろそろ周りは暗くなっていたので、
ナンパでもするか、と提案する。
ダルシムが待ってましたとばかりに食いついてきたので、
「くにへかえれ おまえにもかぞくがいるだろう」と、
やんわりと拒否したら「まだ大丈夫」とか言い出した。
リュウも露骨に嫌な顔をしているが、殴ったところでナンパには逆効果だろう。



10 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:42:35.02 ID:6U2qNidl0
早速表通りへと向かう。
ダルシムをまこうと思い、走ったり隠れたりしたがしっかりついてくる。
聞こえるようにため息をしてみたが無意味なようだった。

早速めぼしい女の子を見つけ、声をかけてみる。
なかなかいい感触だった。
これはいけそうだと思い、居酒屋へ向かう。



13 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:46:14.96 ID:6U2qNidl0
女の子はさくらとカレンといった。
さくらは今風の女子高生、といった感じで、カレンはいいところのお嬢といった感じ。
とっつきやすいのはさくらだが、リュウが好みっぽかったので、俺はカレンに迫ることにした。

酒も入り、なかなかリュウは上手くやっているようだった。
こちらといえば、プライドの高いもの同士ということもあって、折りがあわない。
しかし、それなりに会話も盛り上がってきていた。
そんなときだった。

「王様ゲェェーム!!ヨガッ!」

どこに隠しもっていたのか、ダルシムが籤を出した。
どうやら空気扱いに耐えられなくなったらしい。見ると空のグラスが机の上に並べられている。
ウザい。



15 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:49:05.62 ID:6U2qNidl0
しかし、ここで殴ったり無視するとムードがぶち壊しだ。
壊すのはレンガだけで十分、俺とリュウは同じ気分だったようで、
白々しくも「え〜」とか「まじかよ」みたいなことを言って合わせた。
カレンがだいぶキレそうな顔をしていたが、
さくらが「まぁまぁ、いいじゃん」みたいなこと言ってなんとか収めた。
トイレに行ったとき、出てきたさくらに聞いたのだが、
どうやらカレンはツンデレらしい。まんざらでもないのかもしれない。

こうして王様ゲームは始まった。



18 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:52:44.28 ID:6U2qNidl0
ダルシムの運の悪さは尋常ではなかった。
俺とリュウが抱き合ったり、カレンがリュウに膝枕をしたり、と、
そこそこ盛り上がりつつ結構な時間が経っていたが、
ダルシムは一度もいい思いをせず、店員に
「ヨガカレー3つ」と注文しただけだった。
しかもそれもスベった。

そろそろ終わりかな、というムードが漂い出したとき、
ダルシムが王様になった。
テンションが急上昇したダルシムは
「3番が王様に口移しでヨガファイア!出ない人は唾。」
とか言い出して、一気に女の子は引いたし俺らは冷めた。



23 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:57:17.53 ID:6U2qNidl0
9月28日 ザンギエフの日記より

2学期から入部してきた、ダルシムがウザい。半端じゃない。
進入部員紹介のときに
「女の子にモテるかな〜とか思って入ってきました☆」
とか言いだしたあたりから、先輩たちのウケも悪い。
その手の先輩もいないことはないが、そういう人たちは一様に顔もよく、
ケン先輩などは女をコマしてばっかりだという。
だが、そのケン先輩でさえ、他の先輩たちからは疎ましがられている。
顔がイマイチなダルシムに至ってはしらけた、の一言に尽きた。



24 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/08(日) 23:57:57.31 ID:6U2qNidl0
>>22
ほんとにすみません、かりんでした…orz


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/08(日) 23:59:28.10 ID:iVXfW91c0
>>24
気にするな
クオリティ高いぞ


28 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/09(月) 00:00:58.67 ID:6U2qNidl0
どうやらサッカーのルールも理解できていないらしく、
「俺、クオーターバックね」とか言ってるあたりもウザい。
初日のランニングでゲロはいてたからもうこないだろ、とか思ってたら、
アップが終わってから来て、トレ前には逃げるようになっただけだった。

過剰なスライディングや伸びる脚でパスを横取りしたりと、
チームの和を乱してばかりで正直うんざりだ。
ケン先輩が得点を決めると、決まってスリよっていき、
一緒に女子の歓声を浴びた気になっていい気になっている。殺したい。



30 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/09(月) 00:04:28.70 ID:DG8l8rAh0
10月8日 ヒューゴーの日記より

今日、1年のダルシムとか言うやつが俺のとこにきた。
なんでも体育祭に向けてブロッキングをマスターしたいという。
快く引き受け、レクチャーしてやったが、なかなか要領を得ず、明日に持ち越しとなった。

今ザンギエフからメールがきた。
どうやらダルシムという人間が見えてきた。明日は投げ技主体で行こうと思う。



32 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/09(月) 00:09:14.47 ID:DG8l8rAh0
10月11日 ガイルの日記より

今日は体育祭だ。
祝日ということもあり、丁度さくらとかりんの学校は体育祭ではなかったので、
見にこないか誘ってみたら二つ返事でOKが出た。やる気もでるというものだ。

うちの体育祭は基本的にクラス対抗の種目が多い。
ここは勝ってリュウのアシストをしておきたいところだ。
ダルシムが寄ってきた。
「へへ、さくらちゃんとかりんちゃん、来てるぜ。俺目当てかな?」
無視して歩き出したら
「おいおい、図星だからって無視かよ。」
とか言ってた。あんまり聞こえなかった。



35 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/09(月) 00:13:00.13 ID:DG8l8rAh0
圧勝で折り返せると思っていたが甘かった。
100メートル走でダルシムがテレポートでズルしたのがバレて減点されたり、
玉入れでダルシムが腕伸ばしてたのがバレて減点されたり、
色々な要因があったからだろう。

昼の休憩になったので、さくらとかりんのところに行った。
弁当を作ってきてくれていて感動した。
ダルシムがクラスの奴らに呼び出されてどっか行ってたので、
ここはポイントを稼ぐチャンスとばかりに、
さくらとリュウを冷やかしておいた。世話が焼けるが、生産性があるのでよしとする。



36 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/09(月) 00:17:01.63 ID:DG8l8rAh0
と、かりんが気付かないうちに傍に寄ってきていた。
「あ、あのね。」
珍しくかりんから声をかけられた。ついつい嬉しくなってしまう。
「ご、午前中、よく頑張ってたじゃない。ちょっと見直したわ。ちょ!ちょっとだけよ!?」
「あぁ、ありがとう。」
好きとか嫌いという感情はあんまり抱いていなかったが、
誉められて悪い気はしないし、こいつもそんなイヤなヤツじゃないんだなと思った。
お礼ってわけでもないが、さくらの弁当より優先してかりんの弁当を食ってやった。
あとでリュウが言ってたが、嬉しそうだったらしい。
なかなか可愛いところもある。

ダルシムがきた。
俺の分は?とか言ってたけど、午後の部開始の放送とカブってた。



39 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/09(月) 00:20:27.08 ID:DG8l8rAh0
午後の部も基本的にダルシムが足を引っ張っていたが、
それを午前中に重々承知していたクラスのやつらはマイナス点を頭に入れて頑張ったため、
なんとか最期のリレーまで逆転の可能性を残したままこれた。

さくらとかりんの応援にも熱が入っている。
それを尻目に俺はリュウに話しかけた。
「おい、リュウ、アンカー俺の代わりにお前走れよ。」
「え…?いいのか?」
「あぁ、さくらちゃんにいいとこ見せたいだろ?」
途端にリュウの顔が赤くなる。解りやすいヤツだ。
「代わりに、絶対抜かれんなよ。」
「あぁ、ありがとな。」

そしてリレーが始まろうとしていた。



43 :ダルシム ◆bDCt54/oZM :2006/01/09(月) 00:25:50.08 ID:DG8l8rAh0
クラスメートが集まって円陣を組んだ。
「絶対勝つぞ!」「おぅ!!」
古典的で青臭いが、たまには悪くない。
中途半端なタイミングで「お前ら気合入れてくぞ!」とダルシムが言ったが誰も答えなかった。
空回ってるにもかかわらず、手を叩きながら、おし!おし!とか言っている。
幸せなヤツだ。

第1走者のダルシムは「絶対テレポートすんなよ」と何度も言われていたので、
マジメに走っていた。ただ、遅い。
どうしてもアイツはダッシュをしようとすると、あぐらのポーズで空中浮遊してしまうため、
にじり寄る感じでしか走れなかった。
ザンギエフにも抜かれている。

2番手のバイソン、3番手のチュンリーが盛り返し、なんとか俺に回ってくるころには2番手だった。
俺が一人抜かし、トップに立つと、リュウが逃げ切った。
さくらとかりんの喜ぶ声に混じって、「足くじいてなかったらな〜」というダルシムの声が聞こえたような気もする。



面白すぎwwww
ずっと張り付いてたwww
次は文化祭編ww



↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 14:50| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。