2005年12月25日

東大人気「ドラゴン桜」が一役?志願者2割増

 来年の大学受験に向け、東京大学を目指す志願者が前年より2割程度増えている。東大が今年初めて大学説明会を開くなど積極的に情報発信をしていることも一因だが、受験関係者などの間でささやかれているのが、東大受験に挑む非進学校の生徒を描いた漫画「ドラゴン桜」の影響だ。

 駿台予備学校が11月に実施した東大入試実戦模試の受験者数は前年より20%増加。代々木ゼミナールの東大入試プレテストは前年比9%増、河合塾の「東大即応オープン」も前年比23・6%増で、予備校関係者は、近年になく東大志望者が増えていると見ている。

 こうした「東大人気」について、河合塾進学事業推進部の藤橋研二チーフは〈1〉少子化による「大学全入時代」に向け、受験生の上昇志向が高まっている〈2〉東大が説明会を始めるなどPRに乗り出した――などをまず指摘する。それに加えて無視できない要因として挙げるのが、漫画「ドラゴン桜」の影響だ。

 「ドラゴン桜」は週刊モーニング(講談社)連載の人気コミックで、元暴走族の貧乏弁護士が、倒産寸前の私立高校をエリート校に生まれ変わらせるため、偏差値30台の高校生たちに東大受験テクニックを伝授するというお話。カリスマ教師が説く独特の勉強法が話題となり、今年TBS系でドラマ化もされた。
(読売新聞) - 12月25日10時29分更新

ふぅーむ。

自分の進路が漫画に影響されたということですかいな。

確かにレベルが上の大学に行けばやりたいことの選択肢も増えるしね。

でもな。

自分のレベルを逸脱したレベルの学校に入ったって、なんもいいことないぞ?

自分を磨くために上を目指すのなら、入学した後もたゆまず努力をし続けなければ何の意味もない。

できる人はいいさ。

出来ない人は……?










まぁできない奴はそもそも受からんね。

オレが心配するようなことじゃないか。



漫画に影響を受けて受験大学変えるとか、傍から見たらアホくさいことこの上ないね。


↓↓↓ 押してくださると、管理人のレベルがupします。
banner.gif
posted by GIN at 16:38| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11027071

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。