2006年08月24日

<子猫殺し>直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白

<子猫殺し>直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白

 直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)が日本経済新聞に寄せたエッセーで、自身の飼い猫が産んだ子猫を野良猫対策として殺していることを告白し、波紋を広げている。坂東さんはフランス領のタヒチ島在住で、事実ならフランスの刑法に抵触する可能性もある。坂東さんは「避妊手術も、生まれてすぐの子猫を殺すことも同じことだ」との趣旨の主張をしているが、日本経済新聞社には抗議や非難が殺到、動物保護団体も真相究明を求めている。【鳴海崇】
 坂東さんが日経新聞18日付夕刊15面の「プロムナード」に寄稿した「子猫殺し」。「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。(中略)承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している」と書き出し、飼っている雌の猫3匹には避妊手術をせず、子猫が生まれると自宅隣のがけ下に放り投げていることを明らかにした。
 野良猫対策としての避妊手術は認めているが、「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない」との論を展開。「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」と結んだ。
 日本動物愛護協会によると、フランス刑法は犯罪を三つに分類、子猫を殺す行為は、中間の「軽罪」(最高2年の拘禁刑)か最も軽い「違警罪」(罰金刑)にあたる可能性があるという。協会は「事実なら到底許されない」と非難、日経に事実関係の調査を求める方針だ。
 坂東さんは日経を通じて「タヒチ島に住んで8年。人も動物も含めた意味で『生』、ひいては『死』を深く考えるようになった。『子猫殺し』はその線上にある。動物にとって生きるとはなにかという姿勢から、私の考えを表明した。人間の生、豊穣(ほうじょう)性にも通じ、生きる意味が不明になりつつある現代社会にとって、大きな問題だと考えているからだ」とのコメントを寄せた。
 日経には23日までに、エッセーを巡って約300件のメールと約60件の電話が寄せられ、多くは批判や抗議だという。在日フランス大使館にも問い合わせが相次ぎ、業務に支障が出ている。
 日経社長室は「原稿の内容は、筆者の自主性を尊重している。今回の原稿も事前に担当者が筆者に内容を確認した上で掲載した。さまざまなご意見は真摯(しんし)に受け止めたい」と説明している。
 坂東さんは高知県出身で、ホラー小説の第一人者。97年に「山妣(やまはは)」で第116回直木賞を受賞した。映画「死国」「狗神」の原作者。7月から毎週金曜日のプロムナードを担当している。
(毎日新聞) - 8月24日3時11分更新




続きを読む
posted by GIN at 15:13| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<いじめ自殺>中1男子が遺書残し 市教委事実認める 愛媛

<いじめ自殺>中1男子が遺書残し 市教委事実認める 愛媛

 愛媛県今治市の島しょ部にある市立中学1年の男子生徒が今月17日、学校でいじめにあっていることをほのめかす遺書を残し、自宅近くの路上で首をつって自殺していたことが分かった。市教委は言葉などによるいじめの事実を認めており、中学の校長は「小学校から言葉の暴力を受けて傷つく傾向があると聞いていたが、自殺するほど悩んでいることに気付かなかった。真摯(し)に反省している」としている。
 市教委などによると、17日午後4時ごろ、生徒が自宅から数キロ離れた電柱で首をつっているのを通行人が発見。自宅の勉強机の中に「『貧乏』や『泥棒』などという言葉に傷つき、生きていることが嫌になった」という内容の遺書があった。
 中学校は18日に全校集会で事情を説明し、全校アンケートなどで「同様の悩みがないか」を聞いた。市教委は生徒の相談などに応じるため、19日に臨床心理士3人を中学校に派遣した。
 同校は全校生徒100人以下の小規模校で、ほぼ全員が同じ小学校の卒業生。市教委は「生徒は小学4年ごろから言葉によるいじめを受け、学校としては注意して見守っていた」としている。今治市の倉永忠・教育長は「いじめに対する取り組みを全小中学校で見直し、再発防止を図りたい」と話している。【土本匡孝、津久井達】
(毎日新聞) - 8月24日12時10分更新




続きを読む
posted by GIN at 14:58| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目を突いた「傘女」逮捕…精神科に通院中の31歳

目を突いた「傘女」逮捕…精神科に通院中の31歳

 東京都新宿区の京王百貨店新宿店で今月13日、催事場の女性販売員が客の女に傘で目を突かれ、重傷を負った事件で、警視庁新宿署は23日、杉並区内の無職の女(31)を傷害容疑で緊急逮捕した。

 女は精神科に通院中で、逮捕後の取り調べで取り乱すなどしたため、入院措置が取られた。同署で刑事責任が問えるかどうか調べている。

 調べでは、女は13日午後3時ごろ、同店7階催事場で開催された健康器具フェアで、小型酸素濃縮器の実演販売をしていた健康器具販売会社の女性販売員(55)の右目を傘で突き刺し、重傷を負わせた疑い。

 女の母親が、事件が報道された23日昼、「うちの娘が、『京王百貨店で販売員を傘で殴ったかもしれない。すぐに逃げてきた』と話していた」と同署に電話で通報。同署では、犯人の似顔絵と女が酷似していたことなどから逮捕した。
(読売新聞) - 8月24日13時24分更新




続きを読む
posted by GIN at 14:45| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痴漢の相手は女性警察官、JR総武線で44歳男逮捕

痴漢の相手は女性警察官、JR総武線で44歳男逮捕

 千葉県警銚子署は23日、同県横芝光町母子、警備員越川勝幸容疑者(44)を県迷惑防止条例違反(痴漢)の現行犯で逮捕した。

 調べによると、越川容疑者は同日午後7時45分ごろから同8時15分ごろまでの間、JR総武線千葉発銚子行き下り普通電車内で、隣りに座っていた非番の同署女性巡査(27)の胸にひじをあてたり、ズボンの上から太ももを触ったりした。

 電車が銚子駅に着いた同8時35分ごろ、巡査が越川容疑者を取り押さえ、同駅前交番に引き渡した。越川容疑者は、「電車が揺れたから触れた」などと供述しているという。
(読売新聞) - 8月24日11時1分更新




続きを読む
posted by GIN at 14:38| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痴漢の相手は女性警察官、JR総武線で44歳男逮捕

痴漢の相手は女性警察官、JR総武線で44歳男逮捕

 千葉県警銚子署は23日、同県横芝光町母子、警備員越川勝幸容疑者(44)を県迷惑防止条例違反(痴漢)の現行犯で逮捕した。

 調べによると、越川容疑者は同日午後7時45分ごろから同8時15分ごろまでの間、JR総武線千葉発銚子行き下り普通電車内で、隣りに座っていた非番の同署女性巡査(27)の胸にひじをあてたり、ズボンの上から太ももを触ったりした。

 電車が銚子駅に着いた同8時35分ごろ、巡査が越川容疑者を取り押さえ、同駅前交番に引き渡した。越川容疑者は、「電車が揺れたから触れた」などと供述しているという。
(読売新聞) - 8月24日11時1分更新




続きを読む
posted by GIN at 14:38| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。