2006年01月12日

一体どっちなんだよ

<恐喝容疑>女子高生2人逮捕 ホテルに行った自衛官脅す

 長崎県警相浦署などは12日、携帯電話の出会い系サイトで知り合い一緒にホテルに行った陸上自衛官から現金を脅し取ったとして、同県佐世保市内の高校3年の女子生徒2人(いずれも18歳)を恐喝容疑で逮捕した。
 ◇メールで知り合い「ばらされたくなければ金払え」
 調べでは、女子生徒らは昨年12月29日午後7時10分ごろ、2人のうちの1人と以前ホテルでわいせつな行為をした陸自相浦駐屯地所属の1士(19)を呼び出し「職場にばらされたくなければ200万円出せ」と要求。1士に付き添って来た先輩の士長(21)に佐世保市内のコンビニ店のATM(現金自動受払機)で現金40万円を下ろさせて、脅し取った疑い。
 女子生徒は友人同士で、40万円を脅し取った際、さらに「あと160万円払え」と自衛官2人を脅していた。この恐喝には、女子生徒とメール友達の同県平戸市高越町、漁業、山浦清一容疑者(26)ら男3人が入れ知恵する形でかかわっており、県警は3人をすでに恐喝未遂容疑で逮捕している。
 自衛官2人が今月1日、同署に相談し、発覚した。1士は「女子高生はメール友達だと思っていたのに脅された」と話しているという。1士の行為は、18歳未満の少年の保護を目的とする長崎県少年保護育成条例や児童福祉法には抵触しないという。【倉岡一樹】
(毎日新聞) - 1月12日14時52分更新

危うい「モデル募集サイト」、少女の被害増加

 インターネット上で、撮影モデルを希望する女性と撮影する男性が情報交換する専門サイトが増えており、18歳未満の少女が書き込みをしているサイトもあることが、インターネット協会(東京)の調べでわかった。
 モデル名目で少女を誘い出し、少女と性交渉したり、ホテルなどで強引な撮影をしたりする事件も起きており、ネット上でのモデル募集が、児童買春などを誘う書き込みを禁じた出会い系サイト規制法の抜け道に利用されているとして、警察が警戒を強めている。
 同協会では今月10日、検索専門サイトにモデル募集にかかわるキーワードを入力し、表示された上位100サイトの中身をすべて調べた。その結果、不特定のモデル希望者と撮影希望者が情報交換する内容のものが14サイトあり、このうち18歳未満の少女も対象になっているものが8サイトあった。撮影側が制服などのコスチュームを希望、少女側から水着や下着姿などの格好と報酬額を提示するなど問題のある内容だった。 昨年、神奈川、奈良県警などが摘発した児童ポルノ製造販売事件では、児童買春・児童ポルノ禁止法違反などで逮捕・起訴された男(公判中)が、サイトに「モデル募集」と書き込み、報酬5万〜10万円を提示して、18歳未満の少女100人以上を集めていた。男は、「男優」の別の男が少女に淫行(いんこう)させる姿や、嫌がる少女を暴行する様子を撮影してビデオで販売。この画像はネット上にも流出したため、少女たちの被害画像は今も“回収不能”の状態にある。
 神奈川県警の幹部は、「同様の被害がここ数年増えているが、統計上は表面化していない」と指摘する。少女が事前に金銭授受の約束をしたり、黙ってホテルについていったりするケースが多いため、婦女暴行罪の立証が難しいほか、親に言い出せず、告訴に至らないケースも多いからだ。この幹部は「軽い気持ちで面識のない男と会い、被害に遭う少女が多い」とも指摘する。
 モデル募集の専門サイトには、18歳未満の書き込みを禁じ、見つければ削除しているものもある。しかし、同協会では「携帯電話のサイトは野放図に近い」とし、「ネット上では年齢を偽ることも簡単なため、利用実態の全ぼうは把握できない」としている。
 ネット犯罪に詳しい奥村徹弁護士は「出会い系サイト規制法の抜け道に利用されている。規制対象を広げる方法もあるが、(モデル以外の)別の名目はいくらでもあり、問題解決は難しい」と話している。

 ◆14歳「怖いけど、小遣いが足りない」◆
 昨年、記者の取材に応じた東京都内の中学3年の女子生徒(14)は、インターネットのモデル募集掲示板に「ヌードなし、1時間5000円以上」などと書き込み、4人の男性と会ったと打ち明けた。
 「まず電話で話し、怪しいと感じたら会わない」などの防衛手段を講じているというが、40歳代の男からホテルの部屋でヌード撮影を迫られ、「このくらい(金を)払えば、普通はやるぞ」とすごまれた。報酬として渡された封筒の中身が紙切れだったことも。女子生徒は「ホテルに入ったら、男が集団で待っていて乱暴された友達もいる」と話し、「怖い部分もあるけど、欲しいものを買うには小遣いが足りない。これは親への反抗だから」と目をそらした。
 子どもの性被害の問題に取り組む「ECPAT/ストップ子ども買春の会」の宮本潤子共同代表は「体は大人でも、判断力は子ども。いざとなると、勢いにまかせたり、だまされたりしてしまう。大人が実態を知らせ、本気で注意を促す必要がある」と話している。
(読売新聞) - 1月12日14時33分更新



続きを読む
posted by GIN at 16:55| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下関駅放火事件 明治後期のハンドベル「振鈴」見つかる

 山口県下関市のJR下関駅放火事件で焼失した駅舎のがれきの中から、明治時代後期に列車の発車を知らせていたハンドベル「振鈴(しんれい)」が見つかった。木製の箱や取っ手は焼失したが、金属製の鐘部分は黒焦げになりながらも「ガラーン」と再び心地よい音を響かせ、関係者をほっとさせた。
 振鈴は高さ39センチ、直径19センチ、重さ3.4キロ。1901年、山陽鉄道の神戸−下関間開通当初、馬関駅(翌年、下関駅に改称)に用意された。発車5分前に待合室で、1分前にはプラットホームで「ガラーン、ガラーン」と大きな音で鳴らされた。乗客が少なかった明治時代には「『客足らん、客足らん』に聞こえた」と伝わる。電気ベルが導入された12年ごろまで使用された。現在、実際に使われていた振鈴はほとんど残っておらず、極めて貴重だという。
 普段は、全焼した駅舎北側の駅長室に保管していたが、火の回りが早く、持ち出すことができなかった。駅員らは警察の実況見分が終わった10日午後、駅長室付近を探し、1〜2メートル積もったがれきの下に、30センチほど堆積していた灰の中から振鈴を見つけた。同駅は専門業者に修理を依頼し、元の姿に戻す予定という。
 「下関駅物語」などの著者で元下関駅員の斉藤哲雄さん(74)は「見つかって何よりだが、木箱が燃えてしまったのは残念。大切に保管して欲しい」と話した。下関駅長も務めた下関地域鉄道部の中山五郎部長は「元の姿に戻し、市民の皆さんに見ていただきたい」と語った。【青柳聡史】
(毎日新聞) - 1月12日10時11分更新


続きを読む
posted by GIN at 14:17| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縦並び社会・格差の現場から やり直すために

 記者(28)が待ち合わせをした男性(31)は、どこにでもいる同世代の若者に見えた。
 「僕は社会の下側の人間ですから。早く消えてしまいたかった」。昨冬、インターネットで知り合った若い男女3人と関西のウィークリーマンションで集団自殺を図った。当時、無職。互いに偽名で呼び合った。睡眠薬を飲んで練炭に火をつけた後で1人が逃げ出し、未遂に終わる。
 男性はなぜ死にたかったのか、繰り返し尋ねても理解しづらい。未遂後、工場でビデオやテレビの基盤を作るアルバイトを始めたという。「仕事が合っているとは思わないが、職場の居心地は悪くない」から、とりあえず続けてみるつもりだ。「もう少し生きてみようかな」。それでも時々、ネットの自殺サイトを見る。
 厚生労働省は5歳ごとの年齢別の死因を毎年調査している。02年から3年連続して20〜30代の1位は自殺だ。
   ■   ■
 JR川崎駅から路線バスで約30分。海底トンネルを抜けると、東京湾に倉庫街が浮かぶ。その一角にある配送センターから、箱詰めされた携帯電話が大型トラックで出荷されていく。
 男性(34)はここのアルバイトの一人だ。高校を出て約10年間、印刷会社の正社員だった。不況で給料が出なくなり、29歳で退職した。3年間は別の配送センターで働いた。今の職場は5カ月目だ。
 「誰にでもできる仕事。やりがいはないです」。約160人いるアルバイトは男女半々で20〜30代が多い。60歳を超えた人もいる。機種ごとに数千台、腰の高さほどに積み上げられた携帯電話の山を崩し、販売店別に仕分けしていく。多い日には5万台をさばく。
 月収は手取りで17万円。両親と暮らす自宅のローンがまだ25年残っている。残業がある日は必ず応じる。昼食は300円の仕出し弁当。家で飲むビールだけはぜいたくをする。発泡酒ではなくスーパードライか黒ラベル。2本目が空いたころに眠る。
 このままずるずると生活していくかもしれない。35歳を過ぎたら正社員にはなれないだろう。昨秋に一度、ハローワークへ行った。何社か気に入ったが、面接は受けていない。「僕には技術も学歴もない。口下手だし、うまく意欲を見せる自信がないんです」
 記者(30)が「一番したいことは何ですか」と尋ねた。「恋愛です。彼女いない歴が生きてきた時間と同じですから」
 UFJ総研が昨年4月にまとめたレポートによると、30〜34歳の男性が5年以内に結婚する割合は正社員が35.5%。フリーターは半分の17.5%にとどまる。
 大阪市平野区のリサイクルショップ「ねこまる」で西浦寛和さん(31)が働き始めて2カ月になる。大学を出て就職したが3年目で辞め、アルバイトも長続きせず、ひきこもった。
 若者の就労支援をする財団法人が大阪府の助成金で昨年11月に開店した。西浦さんは仕事探しに必要な知識や技術を身につける財団の「これから学級」で3カ月学び、ねこまるを紹介された。
 財団スタッフの井村良英さん(30)は「不器用な人が多い」と言う。
 アルバイトを続けるうちに年を取り、友人は減っていく。1週間、家族以外の誰とも話をしない。ぶらぶらしていると他人の目が気になるからコンビニ10軒をはしごする人、仕事の面接を受けても落とされるので、面接のない短期アルバイトばかりする人……。「おせっかいかも知れないが、彼らをいつまでも放っておけない」
 フリーターは年々増加し、01年の417万人(15〜34歳)から10年には476万人に達するという予測もある。
 西浦さんは世の中のスピードが速くなっていると感じるが、「もう逃げたくない」と思う。
 ねこまるで働けるのは5カ月。そろそろ次の仕事を見つけなければならない。=おわり
  ×  ×
 この連載は、鯨岡秀紀、矢野純一、吉富裕倫、井上卓弥、井上英介、鵜塚健、中西拓司、夫彰子、清水憲司、小松雄介、花谷寿人が担当しました。
 ご感想は、ファクス(03・3212・0635)か〒100−8051 毎日新聞社会部「縦並び社会」係まで。
(毎日新聞) - 1月12日10時11分更新


続きを読む
posted by GIN at 14:05| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタイイタイ病も発生か=湖南省のカドミウム汚染−中国紙

 【北京11日時事】中国湖南省を流れる湘江が有害物質カドミウムに汚染された問題で、イタイイタイ病と酷似した症状の死者が流域住民から出ていることが明らかになった。中国紙・中国青年報(10日付)が報じた。中国では河川などの汚染事故発生は逐一伝えられるようになったが、汚染による健康被害まで踏み込んだ報道は異例。 
(時事通信) - 1月11日19時1分更新


イタイイタイ病発生か 湖南省のカドミウム汚染

 【北京11日共同】中国有力紙、中国青年報は11日までに、同国湖南省を流れる湘江でカドミウム汚染が発生した問題で、流域住民がイタイイタイ病に似た症状を起こして死亡した例があることを明らかにした。
 同紙によると、死亡した住民はカドミウム汚染の影響で体内のカルシウムが流れ出し、死亡するまでに全身56カ所を骨折したという。骨軟化症や骨粗しょう症を引き起こすイタイイタイ病特有の症状とみられる。
 また湘江流域に位置する同省湘潭市の環境保護当局者は、カドミウム汚染がもたらす影響について「イタイイタイ病やがんを発症する恐れがある」と述べ、住民の健康が脅かされていることを示唆した。
(共同通信) - 1月11日22時52分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:27| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<強姦罪>元ヒスブルギタリストの懲役減軽 東京高裁判決

 女子高生らに対する強姦(ごうかん)罪などに問われた人気ロックバンド「ヒステリック・ブルー」(解散)の元ギタリスト、赤松直樹被告(26)に対し、東京高裁は11日、懲役14年とした1審・東京地裁判決(05年2月)を破棄し、懲役12年を言い渡した。原田国男裁判長は「身勝手で悪質だが、一部被害者と示談が成立したり、損害賠償をしている」と減軽理由を説明した。
 判決によると、赤松被告は03年11月〜04年2月、東京都内の路上などで「騒いだらナイフで刺すぞ」と脅迫するなどの手口で、当時15〜29歳の女性ら9人に暴行したりわいせつな行為をした。
 同バンドは99年のNHK紅白歌合戦にも出場したが、赤松被告の逮捕後に解散した。【佐藤敬一】
(毎日新聞) - 1月11日18時24分更新


続きを読む
posted by GIN at 08:12| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。