2006年01月08日

柊羽ちゃん無事保護、男女2人を逮捕へ

 仙台市宮城野区東仙台6、光ヶ丘スペルマン病院(志村早苗院長)で6日、同区、会社員山田斉(ひとし)さん(27)の生後間もない長男柊羽(しゅう)ちゃんが男に連れ去られた事件で、仙台東署捜査本部は8日午前6時、同区宮城野の国立病院機構仙台医療センターの倉庫内で、柊羽ちゃんを約50時間ぶりに無事保護した。

 スペルマン病院には6150万円の身代金の要求があり、捜査本部は容疑を未成年者略取から身代金目的略取・誘拐に切り替えて捜査。50代の男と30代の女から事情聴取を始めた。男は容疑をほぼ認めているといい、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 8日午前5時38分、犯人と思われる人物から同病院に「国立病院裏の廃虚に赤ちゃんを解放した」と電話があった。捜査本部が調べたところ、柊羽ちゃんは連れ去られたときと同じ白の産着にタオルケット、毛布にくるまれており、母親の弓美さん(23)が顔の特徴から確認した。

 柊羽ちゃんはこの日が生後13日で、健康状態が心配されていたが、発見された際、目を開けてキョロキョロさせていたという。命に別条はなく、対面した両親は息子を抱きかかえ、涙を流して喜んだという。

 7日午前2時40分ごろ、病院から約700メートル離れた朝日新聞販売店のガラス戸に、志村院長にあてた封筒が張られているのが見つかり、封筒には、志村院長が6150万円を渡せば柊羽ちゃんを返すなどと指示する脅迫文が入っていた。

 同日午後から8日午前1時6分までに、犯人から志村院長の携帯電話などに計5回電話が入った。電車でJR仙石線の仙台駅から石巻駅へ、さらにタクシーで三陸自動車道を仙台方面に戻るよう指示があったが、犯人は現金の受け取りには現れず、5回目の電話を最後に連絡が途絶えていた。

 捜査本部は、犯人からの電話の逆探知に成功。1回目は仙台市から約25キロ離れた大河原町内の公衆電話ボックスからの発信で、以後は多賀城市、仙台市宮城野区などへと移動した。

 これまでの調べでは、犯人は6日午前3時半ごろ、同病院の産婦人・小児科病棟に侵入、3階の病室で弓美さんの隣のベッドに寝ていた柊羽ちゃんを連れ去り、志村院長に身代金6150万円の支払いを要求した疑いが持たれている。

 ◆おことわり この事件で、読売新聞社は、身代金目的の誘拐と断定された7日午後、宮城県警の要請に協力、報道各社との協定に基づき、柊羽ちゃんの安全を第一に考えて、その後の取材・報道を控えていました。
(読売新聞) - 1月8日11時36分更新


続きを読む
posted by GIN at 14:04| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国 不満噴出、相次ぐ衝突 農民が自爆/2000人暴動

 【北京=野口東秀】中国各地で農民や労働者による抗議行動が相次ぎ、胡錦濤政権への圧力が増している。七日付国営新華社通信によると、甘粛省張掖市の人民法院(地裁)で六日、農民の男(62)が爆発物で自爆、男を含め地元共産党幹部ら計五人が死亡、二十二人が重軽傷を負った。七日付香港紙「太陽報」も、重慶市の地元企業の所有地転売にからみ労働者二千人と警官隊が衝突したと伝えており、民衆の不満は高まる一方のようだ。
 六日午前、男は地裁の会議室で爆発物を爆発させ、裁判所所長と地元共産党委員会副書記らが死亡した。負傷者のうち五人は重傷。この農民は、息子夫婦の離婚問題に絡む息子の自宅などの財産、土地をめぐる訴訟で地裁の判決に不満をもっていたという。中国では司法当局の腐敗を背景に「公正さがない」と不満をもつ農民や労働者は極めて多く、警察や裁判所を襲撃する事件はあまり報道されないが頻発している。北京には通称「直訴村」と呼ばれる一角がある。地方からの陳情者が四千人前後住み着いており、不公正な判決や土地収用、地方当局の暴力を訴えるケースが多い。
 重慶市のケースは立ち退きと労使紛争が混在したケースで、先月三十日、地元企業「長江電工集団」の所有地の転売にからみ、宿舎から労働者を立ち退かせようとしたところ、労働者約二千人が「補償が不十分」と抗議、警官隊数百人と激しく衝突。警官一人が死亡、数人が負傷との話も伝わったという。
 こうした暴動など抗議行動は公安省の把握では、一九九四年に比べ二〇〇四年には七・四倍の七万四千件に急増し、参加者数も七十三万人から三百七十六万人に拡大。労働争議は同年は二十六万件と指摘され、「社会矛盾による衝突は激化する傾向」(専門家)にある。
 先月、広東省汕尾市では土地収用をめぐり警官隊が住民に発砲、多数の死傷者が出る事態にもなった。昨年六月には河北省定州市で農地収用をめぐり襲撃事件が発生、死者六人、重傷者五十人以上となる惨事が発生した。また八月には、内陸部の寧夏回族自治区固原市で一万人の農民が警察と衝突する国内最大規模の事件が起きている。
 環境汚染に抗議し当局と衝突する事例も相次いでおり、こうした事件の急増は、貧富の格差拡大や、官僚腐敗の蔓延(まんえん)を放置している胡政権への民衆の明確な不満の表れだといえる。
(産経新聞) - 1月8日3時12分更新


続きを読む
posted by GIN at 11:36| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誘拐された赤ちゃん無事保護、身代金目的容疑で捜査

 仙台市宮城野区東仙台6、光ヶ丘スペルマン病院(志村早苗院長)で6日、同区、会社員山田斉(ひとし)さん(27)の生後間もない長男・柊羽(しゅう)ちゃんが男に連れ去られた事件で、8日午前5時38分、犯人と思われる人物から同病院に、「国立病院の廃虚に赤ちゃんを解放した」と電話があった。

 仙台東署捜査本部が同区宮城野の国立病院機構仙台医療センターを捜索したところ、午前6時、金庫として使われている無施錠の建物の廊下で柊羽ちゃんを発見、事件発生から約50時間ぶりに無事保護した。

 スペルマン病院には7日、6150万円の身代金の要求があり、捜査本部は容疑を未成年者略取から身代金目的誘拐に切り替え、捜査を続けている。

 赤ちゃんは連れ去られたときと同じ白の産着にタオルケット、毛布にくるまれており、母親の弓美さん(23)が顔の特徴から柊羽ちゃんと確認した。身長53センチ、体重4062グラム。柊羽ちゃんはこの日が生後13日で、健康状態が心配されていたが、発見された時には、目を開けてキョロキョロさせていたという。命に別条はなく、面会した際、両親は涙を流して喜んだという。

 7日午前2時40分ごろ、病院から約700メートル離れた朝日新聞販売店のガラス戸に、志村院長にあてた封筒が張られているのが見つかり、封筒には、志村院長が6150万円を渡せば柊羽ちゃんを返すなどと指示する脅迫文が入っていた。

 同日午後から8日午前1時6分までに、犯人から志村院長の携帯電話などに計5回電話が入った。電車でJR仙石線の仙台駅から石巻駅へ、さらにタクシーで三陸自動車道を仙台方面に戻るよう指示があったが、犯人は現金の受け取りには現れず、5回目の電話を最後に連絡が途絶えていた。

 捜査本部は、犯人からの電話の逆探知に成功。1回目は仙台市から約25キロ離れた同県大河原町内の公衆電話ボックスからの発信で、以後は多賀城市、仙台市宮城野区などと移動した。

 これまでの調べでは、犯人は6日午前3時半ごろ、同病院の産婦人・小児科病棟に侵入、3階の病室で弓美さんの隣のベッドに寝ていた柊羽ちゃんを連れ去り、志村院長に身代金6150万円の支払いを要求した疑いが持たれている。

 ◆おことわり この事件で、読売新聞社は、身代金目的の誘拐と断定された7日午後、宮城県警の要請に協力、報道各社との協定に基づき、被害者の安全を第一に考えて、その後の取材・報道を控えていました。
(読売新聞) - 1月8日9時43分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:33| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(12) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。