2005年12月26日

「酒気帯び」また温情処分 大阪府人事委 府教委の厳罰方針にノー

 酒気帯び運転で懲戒免職になった元小学校教諭に対し、大阪府人事委員会が処分を停職三カ月に修正する裁決を出していたことが二十六日、わかった。府人事委は今月八日にも同様の案件で処分を軽減しており、飲酒運転には懲戒免職も含めた厳しい処分でのぞむという府教委の厳罰方針とは正反対の裁決がまたひとつ明らかになった。
 府人事委などによると、不服申し立てをしていたのは府内の三十代の小学校教諭。平成十六年四月七日、飲酒後に酔いさましもせずにミニバイクを運転。途中で警察官に呼び止められ、呼気一リットルあたりのアルコール値が〇・一五ミリグラム以上検出され、道路交通法違反(酒気帯び運転)で罰金十万円の略式命令を受けた。
 府教委は同年五月二十日付でこの教諭を懲戒免職としたが、教諭は「処分は重すぎる」として同年七月、府人事委に不服申し立てを行った。府人事委は今月二十一日、「過去の処分事例と比べて酷(こく)すぎる」として停職三カ月に軽減する裁決を出した。
 府人事委は今月八日にも、酒気帯び運転で懲戒免職になった五十代の教員の処分を停職三カ月に修正していた。
 東名高速道路で飲酒運転のトラックに追突されて二人の娘を失った井上郁美さんは「厳しい姿勢こそが飲酒運転の抑止力につながるはずなのに、この処分修正が“判例”のようになって、飲酒運転をしても停職三カ月ですむという認識が広がるのでは」としている。
(産経新聞) - 12月26日15時35分更新


続きを読む
posted by GIN at 16:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPod nano買って来た。

2GBのやつ。

4GBが欲しかったけれど、

どう見ても売り切れです。
ありがとうございました。


続きを読む
posted by GIN at 14:41| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高野ケーキから球菌 23日把握、公表に遅れ

 高級フルーツパーラーで有名な東京・新宿の「新宿高野」が販売したクリスマス限定ケーキから食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌が見つかっていたことが二十五日、明らかになった。ケーキは「森永エンゼルデザート」のデザート事業部(横浜市)に製造委託した製品で、新宿高野はこの事実を二十三日に把握し直ちに販売は中止したが、既に購入していた消費者へは特に対応はしなかった。健康被害はこれまで報告されていないが、かき入れ時のクリスマイブの日(二十四日)の公表を避けたとの見方もあり、「食の安全」に対する企業倫理の欠如ぶりと消費者無視の姿勢に批判の声が上がっている。
 両社によると、問題のケーキは二十一日に製造された手作り生ケーキ「マロン・ド・ノエル」(一個三千百五十円)四百三十本から、森永が行った抜き取り検査で二十三日に発覚。原材料のマロンクリームか、手洗い不足などで人の手を介して球菌がケーキに付いたのが原因とみられる。
 森永は二十三日正午すぎ、新宿高野に「四十八時間の検体検査で球菌の数が基準値以上、見つかった」と連絡。新宿高野は店頭に陳列していたケーキは回収したが、予約者ら既に購入した消費者には特に連絡するなどの対応はしなかったという。同社によると、販売されたケーキは最大で八十個ほどとみられる。
 同社がようやく販売されたケーキの回収を始めたのはクリスマスの二十五日午後。しかし、購入先が分かる予約者のみで、管轄する保健所への報告も同日午後だった。
 新宿高野の幹部らは「ケーキを食べてもすぐに球菌で食中毒になるレベルではなかった。正式に森永から書面で球菌の見つかったいきさつなどを受け取り、具体的な検査結果を確認するのに時間がかかった」と釈明。その上で、「百二十年の会社の歴史で初めての事態。決してかき入れ時のクリスマスシーズンを避けて公表しようとしたわけではない」と隠蔽(いんぺい)の事実は全面的に否定した。
 しかし、一方で、「危機意識が甘いといわれても仕方ないが、公表すれば森永にとっても新宿高野にとっても信用問題でダメージになる。保健所に報告するためにも書式を整えるのに時間がかかる。うかつだった」と対応のまずさを認めている。
 同社は、三年ほど前から繁忙期のクリスマスシーズンは森永に生産を依頼していた。
 森永では他のケーキも製造しているが、今回の「マロン・ド・ノエル」以外には問題はないとしている。
     ◇
≪「クリスマスには子供も食べるのに」/店頭に告知なく/「耐震偽装と同じ」≫
 東京・JR新宿駅東口を出てすぐ目の前にある新宿高野新宿本店。地下二階にある「フーズギフトフロア」はクリスマスの二十五日、入り口前にも出店し、ふだん通りに買い物客でごったがえしていた。パンやケーキを販売する店内では、黄色ブドウ球菌が検出された問題の「マロン・ド・ノエル」はすでに店頭になかったが、今回の菌検出を告知する張り紙もまだなかった。
 「その商品は売っておりません」
 買い物客が、マロン・ド・ノエルを購入したいと尋ねると、サンタクロースの格好をした女性店員は一言。その後、ポケットからメモ帳を取り出して「この電話番号にかけてください」と事務的な対応だった。
 電話しても、女性の担当者は「なぜここにかけるんですか。売り場で売っていないのなら、(在庫が)ないということでしょう」とピシャリ。十分な説明はこちらでもなかったという。
 同店に買い物に来て、職場にケーキを配る予定という都内在住の清掃作業員(69)は、「言いたくないことをできるだけ隠すのは(マンションなどの)偽装問題と同じ。やることが汚い」と同社の対応を疑問視した。
 山梨県の主婦(51)は「そんな話を聞くと嫌な気分です。これから食べるのであまり気にしないようにします」とあきれた様子だった。
 危機管理コンサルタント会社「リスク・ヘッジ」の田中辰巳代表は「口に入るものを扱う食品会社は常に最悪のケースを予想し、“李下に冠を正さず”という姿勢が必要だ。クリスマスケーキは子供やお年寄りも口にするので、健康な大人なら平気な場合でも大変な健康被害をもたらすことにもなる」と指摘する。
 新宿高野の対応についても「新聞などでの告知は被害拡大を防ぐために行うもの。クリスマスが終わった後に告知したとしても、まったく意味がない」と批判。「ブランドイメージをこれ以上傷つけないためにも、被害者が名乗り出たら、できる限り誠実に対応するとともに再発防止に全力を注ぐべきだ」と語った。
(産経新聞) - 12月26日2時57分更新


続きを読む
posted by GIN at 11:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台のアーケード街を乗用車暴走、買い物客ら7人負傷

 25日午後6時50分ごろ、仙台市青葉区一番町3のアーケード街「マーブルロードおおまち」で乗用車が暴走し、買い物客ら7人がはねられ、けがをした。

 7人は市内の病院に運ばれたが、いずれも軽傷。乗用車は間もなく停止し、110番で駆けつけた仙台中央署員が、乗っていた仙台市太白区郡山、トラック運転手千葉良文容疑者(52)を業務上過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の現行犯で逮捕した。同署は付近のビデオカメラの解析などを行い、殺人未遂容疑への切り替えも検討している。

 同署の調べに対し、千葉容疑者は「東京、新潟、宮城県内のテレビ局12社や新聞社3、4社にメールを送った」などと供述。地元テレビ局の東北放送によると、午後3時ごろ、千葉容疑者の名前でメールがあり、職場でいやがらせやいじめを受けたなどと書かれていたが、犯行予告のような内容はなかったという。

 同署によると、乗用車は青葉通方面から車両進入禁止のマーブルロードに進入し、小学生男児(9)と中学1年の女子生徒(12)の2人をはねた後、買い物客らで込み合う通りを時速約10〜30キロで約90メートル暴走。国道4号の出入り口付近でも、16歳〜39歳の男女5人をはねた。

 アーケード商店街を歩いていたアルバイトの女性(21)は、「後ろからキャーという悲鳴が聞こえたので、振り返ると白い車が走ってきたのであわててよけた。運転席には男性が乗っていて、平然と運転していたように見えた」と興奮した様子だった。アーケード街の商店主は「女の人の叫び声で店の外に出たら、2か所で人が倒れているのが見え、車が通り過ぎたことが分かった。4月の事件で怖いことだと思っていたが、まさか自分の店の目の前でまた起こるなんて」と顔をこわばらせていた。

 買い物帰りのカップルは「少し時間がずれていたら、自分たちも事故に巻き込まれていたかと思うとぞっとする」と話していた。

 ◆4月にはトラックが暴走◆

 青葉区では、今年4月にも、今回の現場と通りを挟んだアーケード街「クリスロード」で、4トントラックが暴走。歩行者3人が死亡、4人が重傷を負った。トラックを運転していた住所不定、無職大友誠治被告(39)が殺人と業務上過失致死傷などの罪で起訴され、仙台地裁で公判中。
(読売新聞) - 12月26日2時5分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:53| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。