2005年12月17日

<召集令状>生徒に配り、「非国民」批判も 福岡の中学教師

 福岡県志免町の町立志免中学校(結城慎一郎校長)で社会科の男性教諭(48)が、授業で「臨時召集令状」を全2年生218人に配って戦争参加の意思を聞き、「いかない」と回答した女子生徒に「非国民」と書いて返却していたことが分かった。結城校長は「戦争の悲惨さなどを教えるためで、問題はない」と話している。
 町教委の説明によると教諭は10月27、31日に「第二次世界大戦とアジア」の授業をした。教諭は副教材に掲載されている「臨時召集令状」をコピーし、裏面に戦争に「いく」「いかない」の、どちらかを丸で囲ませ、その理由を記入させた。
 「いく」「いかない」の意思表示をしたのは208人で白紙が10人。「いく」理由は「当時としては仕方がない」「家族を守るため」など。「いかない」は「家の事情」「今はいきたくない」などだった。
 「いかない」と回答した女子生徒の一人が、理由に「戦いたくないし死にたくないから。あと人を殺したくないから」と書いた。これに対し、教諭は赤ボールペンで「×」印を付け「非国民」と書き入れて返した。
 女子生徒はショックを受け事情を知った女子生徒の保護者らは「社会科の教諭を代えてほしい」と話しているという。
 町教委は、非国民と書いたことについて「確認できず分からない」という。そのうえで授業の狙いを(1)召集令状の持つ意味を理解させる(2)生徒の歴史認識を把握する――としており「決して思想信条を調べるものではない」と説明している。
【中原剛】
(毎日新聞) - 12月17日10時21分更新


続きを読む
posted by GIN at 17:53| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

綿密な計画性、徐々に明らかに 宇治女児殺害事件、発生から1週間

 京都府宇治市の学習塾「京進宇治神明校」で10日朝、同塾に通う市立神明小6年堀本紗也乃さん(12)が殺害された事件は、17日で発生から1週間を迎えた。京都府警のこれまでの捜査で、元アルバイト講師萩野裕容疑者(23)が女児への指導に悩み、疎ましさを募らせて殺意を抱くようになったとみられている。指導熱心との評があった講師が一転して凶行に及んだ心の闇は深い。
 「口論になり、カッとなってやった」。萩野容疑者は当初、殺害動機をそう話した。だが、その後の府警の調べで、犯行は綿密な計画を立てて、周到に準備し実行したことが、徐々に明らかになってきた。
 10日朝、模擬試験を受けるため、女児を含む児童たちが106号教室に集まった。萩野容疑者は国語のアンケートを行う名目で、国語を受けていない女児以外の12人の児童と試験監督の講師を106号教室から最も遠く離れた101号教室に移動させた。
 萩野容疑者はその際、館内放送でアンケートの実施を児童に伝え、106号教室に通じるガラス戸には、101号教室への移動を指示する自作の張り紙を掲示。全教室の様子を映せる事務室のビデオモニターの電源コンセントを抜き、試験監督の講師に「故障中」と伝えた。さらに、児童たちの移動後、女児が106号教室に1人で残っていることをモニターで確認したという。
 こうした偽装工作で、児童や講師が教室移動に不信感を抱かないようにした上で、萩野容疑者はガラス戸の内鍵を閉め、女児のいる同教室に向かい、犯行に及んだ。
 塾関係者は「指導に熱心で、教え方がうまかった」と話す。そんな容疑者が、なぜ、教え子に凶器を向けたのか。
 府警などによると、萩野容疑者は夏ごろから女児と関係が悪化。12月に入り、塾が容疑者の国語の授業から女児を外した直後の2日、宇治市内のホームセンターで凶器の包丁を購入、さらに犯行前日の9日にハンマーを購入した。
 萩野容疑者は、取り調べに犯行時の状況を淡々と詳細に話し、「(女児を)消さなければ自分がつぶれる。立ち直れない」と、動機を供述しているという。府警幹部は「事件の全体の流れは一応、筋が通っている。ただ、個々の言動は飛躍があり、理解困難な面がある」と話す。今のところ、真摯(しんし)な謝罪の言葉や改悛(かいしゅん)の態度はみられないという。
 ■同大、イルミネーション自粛
 同志社大は、今出川(京都市)、京田辺(京田辺市)両校地のクリスマスイルミネーションを「当面自粛する」としていたが、16日までに今年の点灯は取りやめることを決めた。両校地で毎週行われている「チャペル・アワー」では、被害に遭った女児の冥福を祈り黙とうする時間を設ける。同志社栄光館(京都市)で22日予定の「同志社クリスマスキャンドルサービス」は、宗教行事のため予定通り行うという。
 また、学校法人同志社は、同志社の教育理念を徹底するため、来春開学する小学校も含めて取り組みを検討している。
 ■京進、生徒のケアなど…
 京進では、立木貞昭社長をトップに対策本部を設け、在籍する生徒のケアなど、職員が対応に追われてきた。現在は同社顧問弁護士を中心に、事件の解明に努めている。
 事件翌日の12日までに、全国の京進グループの教室に通う生徒約3万人の家庭に電話連絡し、事件へのおわびや今後の対応策などを伝えた。さらに保護者説明会を各校で順次開いている。「塾を辞めるという家庭もあったが、それほど多くはないと認識している」(京進)という。
 宇治神明校は「事件のあった場所で授業を受けさせたくない」とする保護者の要望を受けて閉鎖し、近くのビルに教室を確保。12日から再開した。また、同校児童に対し、専門家によるカウンセリングを行う準備を進めているという。
(京都新聞) - 12月17日8時29分更新


続きを読む
posted by GIN at 17:34| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小6女児にナイフ、マンション侵入…高1男子逮捕

 東京都練馬区で15日、小学6年の女児(12)が自宅マンションの階段付近で男にナイフを突き付けられる事件があり、警視庁石神井署が、同区内に住む都立高校1年の男子生徒(15)を住居侵入の現行犯で逮捕していたことが16日、わかった。

 調べによると、男子生徒は15日午後4時ごろ、帰宅途中の女児の後をつけて同区石神井町のマンションに侵入。階段の2階踊り場で、女児に果物ナイフを突き付け、「動くと刺すぞ」と脅した。

 女児が大声をあげて外に逃げ出したところに、巡回中の同署員が通りかかり、女児を追いかけてマンションから出てきた男子生徒を逮捕した。同署では、男子生徒を女児に対する脅迫容疑でも調べる方針。

 現場周辺では、女児が体を触られる事件が数件起きており、同所で関連を調べる。
(読売新聞) - 12月17日3時5分更新


続きを読む
posted by GIN at 17:11| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。