2005年08月27日

再生治療で人工心臓不要に 埼玉医大病院 骨髄細胞移植し退院 世界初

 埼玉医大病院(埼玉県毛呂山町)は二十七日、虚血性心筋症で補助人工心臓を装着した男性患者(61)に本人の骨髄細胞を心臓に移植する再生治療を行い、補助人工心臓を取り外すまでに回復したと発表した。同病院によると、世界でこの症例の報告はないという。患者は同日午前に退院した。
 治療に当たったのは、同大心臓血管外科の許俊鋭教授らの医師グループ。男性は二月に急性心筋梗塞を発症。その後、多機能不全に陥ったため補助人工心臓と心筋に血液を送る冠動脈バイパス手術を実施した。
 しかし回復がみられなかったため、五月に心臓再生治療に踏み切った。男性の腰骨から骨髄液を採取。遠心分離機にかけるなどして血管を作る細胞などを取り出し、カテーテルを通じて心臓に注入した。
 同グループは、移植した細胞が新しい血管を作ったことなどが心臓の回復につながったとみている。男性は細胞治療の約一カ月半後には心臓機能などの改善がみられたため、補助人工心臓を取り外した。現在は室内で自転車をこぐまでに回復しているという。
 人工心臓を装着した患者が長期的に生存するためには心臓移植しかないのが現状。しかしドナー(臓器提供者)は世界的に不足しており、国内でも心臓の臓器移植手術は限られている。男性は年齢や透析治療を受けているという理由で臓器移植の適用外だった。
 許教授は「臓器移植を待つ人や条件的に移植が受けられない人の新たな治療の選択肢になれば」と話している。
 男性は「新しい治療で同じ病に苦しむ多くの人が助かるようになればと祈っている」とコメントした。
(産経新聞) - 8月27日15時8分更新


続きを読む
posted by GIN at 21:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スギヒラタケから青酸検出 量は不明、浜松医大など

 腎機能障害のある人が食べて急性脳症になり死者も出たスギヒラタケから、シアン化水素(青酸)を検出したとする研究結果を、浜松医大法医学教室(鈴木修教授)や滋賀大などのグループがまとめた。福岡市で27日から開催の日本法中毒学会で発表した。
 青酸をごく微量含むキノコとしてはエリンギやマイタケなどが知られている。実験グループの権守邦夫浜松医大助手は「スギヒラタケから青酸が検出されたのは初めてだが、含有量や急性脳症との因果関係は、まだ分からない」としている。
 グループは、スギヒラタケを加熱して気化させ質量分析計で調べたところ、青酸の存在を示すデータが表示された。実験に使った試料は採取から時間がたっていたため青酸の量は測っておらず、今秋に新しい試料で詳しく測定する予定。
 マイタケに含まれる青酸は致死量の1000分の1以下で、食用として問題はないという。
 厚生労働省の集計によると、昨年、秋田や山形、新潟など9県でスギヒラタケを食べた59人が急性脳症を発症し、うち19人が死亡した。
(共同通信) - 8月27日9時52分更新


続きを読む
posted by GIN at 19:41| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレーニング器具で5歳児指切断…家電量販店売り場

 27日午前10時25分ごろ、大阪市北区大深町の家電量販店「ヨドバシカメラ梅田店」で、4階の健康器具販売コーナーにいた同市淀川区の保育園の男児(5)が、折り畳み式の腹筋用トレーニング器具に左手の薬指を挟まれた。

 男児は病院に運ばれたが、薬指の先約1センチを切断する重傷。

 曽根崎署によると、器具は、体を横たえるベンチ部分を金属製支柱で支え、支柱を伸縮させて傾斜を調整する構造で、展示時は高さ約60センチの状態だった。

 男児の泣き声に気付いた店員が駆け付けた際、器具は横向きに倒れていたといい、器具が何らかの事情で横倒しになった際、器具の連結部で指をはさまれたらしい。

 男児は母親(37)と2人で買い物に来ていたが、事故当時、母親は5〜6メートル離れた別の売り場にいたという。
(読売新聞) - 8月27日14時33分更新


続きを読む
posted by GIN at 19:36| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投票日テロを警戒せよ!警官最大1万3000人動員

 衆院選公示を3日後に控え、警察当局の緊張感が高まっている。

 警察庁は最大1万3000人の警察官を動員し、選挙期間中としては初めて対テロ警備を実施する。

 総選挙3日前のスペインの列車爆破テロやサミット開催中の英国の同時爆破テロなど、最近の国際テロが重要な政治日程に合わせて起きているためだ。衆院選の投開票日は、くしくも米同時テロと同じ9月11日。候補予定者だけでなく、警察にも緊張の日々が続く。

 警察庁は、東京や大阪など大都市を中心に、全国のターミナル駅や空港、人が集まるホテルや遊園地などを対象に警備を強化する。

 特に首都東京は、米英など各国大使館や官庁街など国の中枢機関が集中し、地下鉄も網の目のように張り巡らされている。警視庁はすでに、衆院解散直後から一部の駅や羽田空港の警備を強化しているが、30日の公示日以降は、段階的に警戒レベルを引き上げる。

 最終的には東京、品川駅などのターミナル駅、東京メトロの霞ヶ関駅、証券街・兜町に近い茅場町駅などの計10駅と、新宿などのバスターミナル7か所に、機動隊員や爆発物をかぎ分ける警備犬を配置し、不審者や不審物に目を光らせる。公共交通機関だけで最大3000人、大使館などの「重要防護対象」も合わせると警視庁では最大8000人の警察官を配置する大規模警備となる予定だ。

 2001年の米同時テロ以降、日本でも国際テロ対策は最大の課題となっている。国際テロ組織アル・カーイダを率いるウサマ・ビンラーディンと思われる男が、03年10月と04年5月に、日本をテロの標的とする声明を出している。

 サミット開催中の英国では今年7月、ロンドンの地下鉄やバスで同時爆破テロが起きたことも、今回の衆院選で国際テロ対策を強化する背景にある。

 一方、中国で今年、反日運動が盛んになったこともあり、警視庁は右翼対策にも力を入れている。警視庁の警備担当者からは、「公示後は休日返上」との声も上がっている。
(読売新聞) - 8月27日14時38分更新


続きを読む
posted by GIN at 19:28| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総選挙に「関心大」57%、前回上回る…読売世論調査

 読売新聞社が実施した衆院選に関する全国世論調査(電話方式)で、今回の総選挙に「大いに関心がある」と答えた人が6割近くに上り、2003年の前回総選挙の直前調査を上回る高率となった。

 郵政民営化の賛成派が1週間前の前回調査より増える中で、郵政民営化を最大争点とし造反派に対抗候補を立てた、“劇場型”といわれる「小泉戦略」や、それに対抗した新党結成などにより、一気に有権者の関心が高まった格好だ。

 ただ、内閣支持率は53・1%で、横ばいとなっているほか、小選挙区、比例代表で投票したい政党では、自民党が民主党をリードしているものの、自民党は微減、民主党は微増と、“小泉サプライズ”効果も一段落した形にも見える。

 調査は、前回は17〜19日、今回は24〜26日に行った。それに先立ち、衆院解散直後の8、9の両日にも同種の調査を行っている。

 今回の総選挙への関心について、「大いにある」は解散直後調査を含めると、52%→54%→57%と上昇。調査方法の違いで単純比較できないが、03年の前回衆院選公示前の調査(面接方式)の32%をはるかに上回り、同年の投票1週間前に行った情勢調査(電話方式)の44%に比べても大幅に高くなっている。

 関心度と投票率の関連をみると、1996年衆院選の直前調査では、「大いに関心」26%で、実際の投票率(比例)は59・62%。00年衆院選時は「大いに関心」40%に対し、投票率(同)62・45%と、ある程度相関関係があり、今回は前回の投票率(比例選)59・81%を上回りそうな気配だ。

 郵政民営化の賛否でも、「賛成」が62%と、1週間前の調査より5ポイント増えた。郵政民営化の反対派に対抗馬をぶつける“小泉政治”の「わかりやすさ」や、それら対立候補の著名度、郵政法案反対派との葛藤(かっとう)などが有権者の関心の高まりにつながっているといえそうだ。

 一方、内閣の支持率は、47・7%→53・2%→53・1%で、前回より0・1ポイントの微減と、ほぼ同じだった。不支持率は、42・3%→34・1%→34・5%で、前回比0・4ポイントの微増だった。

 投票したい政党では、自民、民主両党をみると、小選挙区では、自民が30%→39%→38%とほぼ横ばいで、民主は18%→14%→16%とやや上昇。比例でも、自民は28%→37%→36%、民主は20%→16%→18%となっている。ただ、今のところ、民主党は上昇傾向の兆しがあるものの、まだ本格的に党勢が回復したとは言い切れない情勢だ。

 郵政法案の造反派に対立候補を擁立した首相の政治手法については、「良くない」が48%と、前回調査と変わりなかった。選挙後の政権の枠組みでは、「自民党を中心とする政権」50%が、「民主党を中心とする政権」29%を上回った。
(読売新聞) - 8月27日1時37分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:40| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厚生年金保険料上げ 月収36万円の人は650円

 サラリーマンが加入する厚生年金の保険料率が9月、現行の13・934%(労使折半)から14・288%(同)に引き上げられる。10月に納める9月分の保険料から適用される。昨年の年金改革で毎年0・354%ずつ引き上げることが決まったのに伴う措置で、社会保険庁は2017年まで保険料率を上げ続け、18・30%で固定する。
 月収36万円、ボーナス3・6カ月(年2回分)の平均的なサラリーマンの場合、月額では約1300円増の約5万1400円。ただ、半分は事業主負担なので、本人負担分は月に約650円増の約2万5700円、1回のボーナス時に約1150円増の約4万6300円だ。
(共同通信) - 8月26日17時1分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:34| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民に迷惑、必死だった…中3襲撃の警部補が心境

 宮城県警佐沼署駐在所で角田信芳警部補(57)が刺されて重傷を負った事件で、角田警部補は26日、見舞いに訪れた野村節夫署長に初めて事件当時の心境などを語った。

 角田警部補は、強盗殺人未遂容疑で送検された同県石巻市の中学3年男子生徒(14)に背中の肩甲骨付近を2回、胸を1回、肉切り包丁(刃渡り約20センチ)で刺されながらも格闘の末、男子生徒から2本の包丁を取り上げ、両手に手錠をかけた。その後、いすに座り内線電話で同署に通報したが、座っていられなくなり床の上に倒れ込んでしまった。

 角田警部補は、男子生徒について当初、「自分の話に熱心にうなずき、まじめに耳を傾けていたので自分を襲うとは全く思わなかった」という。しかし、突然、肉切り包丁を突き立てて襲いかかられ、男子生徒が自分の拳銃を奪おうとしていることを察知。「ここで少年を逮捕しないと、市民に迷惑がかかると思い、必死だった」と野村署長に話したという。

 背中の傷が一部肺にまで達した角田警部補は今も、病院の集中治療室(ICU)で治療を受けており、ベッドで寝たまま。長時間は話すことができない。
(読売新聞) - 8月27日10時16分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:27| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。