2005年08月23日

「百人斬り」報道、旧軍少尉遺族の損賠請求を棄却

 1937年に旧日本軍が中国の南京へ侵攻した際、2人の少尉が中国兵を競って切り倒す「百人斬(ぎ)り競争」を行ったとする記事で名誉を傷付けられたとして、少尉の遺族が毎日新聞社(当時の東京日日新聞)、朝日新聞社、柏書房の3社と、本多勝一・元朝日新聞編集委員に計3600万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。

 土肥章大裁判長は「真偽について見解が分かれ、歴史的事実としての評価は定まっておらず、明白な虚偽とは認められない」と述べ、請求を棄却した。原告は控訴する方針。

 原告は、「百人斬り」などでの虐殺を理由に、47年の南京軍事裁判で死刑となった向井敏明少尉と野田毅少尉の遺族3人。

 判決は、初めて百人斬りを報道した東京日日新聞の記事について、<1>2人が記者に話したことが契機となった<2>1人は報道後、百人斬りを認める発言をしたことがうかがわれる――などの点から、「虚偽、誇張が含まれている可能性が全くないとはいえないが、記者の創作とまで認めるのは困難」と判断した。

 判決などによると、同新聞は37年、4回にわたり、南京侵攻中の両少尉が、どちらが先に中国兵100人を切り倒せるか競争していたなどと報じた。

 本多氏は71年、朝日新聞に、百人斬りを事実とする中国人の証言を含む記事を載せ、単行本の「中国の旅」(朝日新聞社刊)にも収録。本多氏らが執筆し、柏書房が出版した「南京大虐殺否定論13のウソ」も、百人斬りが事実だったと記述した。
(読売新聞) - 8月23日12時50分更新

「残念だ」と遺族=本多氏「当然の判決」−百人斬り訴訟
 「百人斬(ぎ)り」訴訟で遺族側請求を棄却した判決を受け、原告の旧日本軍将校の遺族側と被告のジャーナリスト本多勝一氏らが23日、東京・霞が関の司法記者クラブで、それぞれ記者会見した。
 遺族の1人は「百人斬りは物理的、理論的にもあり得ないと確信している。判決で『なかった』と明確に示されず、残念だ」と話し、「あり得ない武勇伝を書き続ける本多氏はジャーナリストとして許されるのか。書き得だ」と批判した。
 これに対し、本多氏は「全く当然の判決。もともと歴史上の事実で、疑問の余地はない」と淡々とした表情。「本来、歴史のテーマである問題を裁判に持ち込んだこと自体、南京大虐殺や中国侵略の事実を否定しようとするものだ」と指摘した。 
(時事通信) - 8月23日13時5分更新



続きを読む
posted by GIN at 14:46| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国軍の暗号解読表がネット流出、緊急用に切り替え

 【ソウル=中村勇一郎】韓国軍の暗号解読表が22日、インターネット上に流出し、同国国防省は同日、これまでの暗号の使用を中止し、緊急用の暗号に切り替えた。

 東亜日報などが23日、伝えた。

 報道によると、解読表は22日午前、ネット上の掲示板に掲載され、「軍が作成した最新の文書で多くの人に共有してもらいたい」と記されていた。韓国軍中尉の名で掲載されていたが、この中尉は国防省の調査に「覚えがない」と話しているという。

 国防省は管理者に削除するよう要請したが、暗号表は数時間にわたってネット上に掲載されたという。

 国防省はこの暗号を使用していた部隊に対して、緊急用に切り替えるよう指示するとともに、関係者から事情を聴くなどして、流出経緯を調べている。
(読売新聞) - 8月23日11時39分更新

続きを読む
posted by GIN at 14:40| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<高校野球>暴力行為の内容に相違 部員の親と学校側

 第87回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)で57年ぶりの連覇を達成した駒大苫小牧高(苫小牧市、篠原勝昌校長)で野球部長(27)による暴力行為が発覚した問題で、被害を受けた部員の父親は23日、毎日新聞の取材に「息子は(6月に)30、40発、拳で殴られた」と述べ、「平手で数回」と説明する学校側と大きな食い違いがあることが分かった。一方、同校から報告を受けた道高野連は同日午前、日本高野連に問題を報告した。
 ◇「30〜40発殴られた」部員の父親反論
 暴力を受けた部員の父親は学校の22日夜の会見内容について「どうしてこんなうそをつくのか。うその塊だ」と反論した。
 父親は6月上旬の暴力について「朝の練習でエラーして、白い歯を見せてニヤッとしたら、部長が拳で顔を殴り、バットでこずかれたり、蹴られたりして、30〜40発殴られた。部長はその際手の甲を骨折したはず」と説明。学校側の「平手で3、4発たたいたというのは全く違う。今もあごががくがくするので、明日病院で検査する」と話した。
 また、「学校から再三、穏便に済ませてほしいと言われた」と述べ、父親からの要請で暴力行為の高野連への報告を大会終了後にしたとの学校側の説明を否定した。
 22日夜の会見で篠原校長は、6月の暴行について、親が「30〜40発殴られた。歯のかみ合わせが悪くなった」と主張しているが、部長は「3、4発平手で、ほおをたたいただけ」と話し、食い違いがあることを明らかにした。理由について部長は「エラーをしても、にやけた顔をしていたので注意したら、反抗的な態度を取った」と説明。大会2日目の暴行については「暑さ対策で食事は最低3杯は食べようと皆で約束していたが、部員は2杯目の3分の2を隠すようにジャーに持っていき、新たによそったように見せ掛けたため」と話しているという。
(毎日新聞) - 8月23日13時13分更新


続きを読む
posted by GIN at 14:36| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少女乱暴、元牧師が一転起訴事実認める…京都地裁公判

 信者少女7人に教会内で乱暴したなどとして、婦女暴行などの罪に問われた京都府八幡市の「聖神中央教会」元主管牧師、金保被告(62)の第2回公判が23日、京都地裁(上垣猛裁判長)であり、捜査段階で否認していた金被告は「いずれの事実についても争うことはいたしません」と述べ、一転して起訴事実を認めた。

 金被告は、捜査段階で「覚えていない」「やっていないことは言えない」と否認を続け、初公判では認否を留保していた。

 起訴状によると、金被告は2001年3月から04年9月にかけて、教会内の牧師室や大阪府枚方市内の自宅で計22回、当時12〜16歳だった信者少女7人に性的暴行をするなどした。
(読売新聞) - 8月23日12時24分更新


続きを読む
posted by GIN at 14:26| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏処分せず、なぜ方針転換…業界「最大手だから?」

 鳥インフルエンザが22日、業界最大手の複数の農場に広がった。一部の鶏舎については、鶏を処分せず、鶏卵の出荷を認める農水省の方針転換に、業界からは「大手だけ、なぜ」と不公平感を訴える声が上がる一方、大手スーパーなどでは消費者に冷静な対応を呼びかける方針だ。

 大手スーパーのイトーヨーカ堂本部(東京都千代田区)には、この日午後、新たに系列の3養鶏場で鳥インフルエンザの感染歴が判明したイセファーム(茨城県美野里町)のグループの担当者が訪れ、イトーヨーカ堂には感染歴が発覚した系列4養鶏場から鶏卵などの納入はないと説明。同社の広報担当者は、「冷静に対応したい。特に売り場にお断りなどは掲示せず、お客様からの問い合わせにはきちんと対応できるよう各店に指示した」と話す。

 東京都江東区のスーパーの食品売り場では、客がイセファーム産の鶏卵を普段通り買い求めていた。副店長は「お客様からの問い合わせはこれまでのところない」と話す。店を訪れた区内の主婦岩尾アイコさん(57)は、「2日に1回は卵を食べているが、調理しているから全く気にならない」と話した。

 日本養鶏協会によると、イセファームは全国で700万羽以上を飼育、シェア(市場占有率)は5%程度だが、中小零細業者が多い業界では、飛び抜けた存在という。同協会の島田英幸専務理事は、「卵を食べて感染した例はない」と消費者に冷静な対応を求めたうえで、密閉型の鶏舎を処分の対象外とした農水省の判断について「これまでは例外なく処分していたのに、突然の方針転換で、生産者からは疑問が出ている」と話す。過去に処分を受けた茨城県内の養鶏場の関係者は「(養鶏場の)規模が大きいというだけでやり方が変わったのではないか。理屈から言っておかしい」と不満を漏らす。
(読売新聞) - 8月23日3時4分更新


続きを読む
posted by GIN at 14:21| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。