2005年08月22日

草刈りがま連続通り魔 殺人未遂容疑で18歳少年を逮捕

 大阪府豊中市の路上で五月、中学生ら二人が自転車の男に草刈りがまで切りつけられ、軽傷を負った連続通り魔事件があり、豊中南署捜査本部は二十一日、同市の専門学校生の少年(18)を殺人未遂容疑で逮捕した。
 少年は「高校時代にからかわれた記憶がフラッシュバックして、むしゃくしゃした」と供述している。
 少年は二十日夕、自宅近くの路上で自転車で擦れ違った主婦(46)に殴り掛かり、同署員に暴行の現行犯で逮捕され、通り魔事件も認めた。「イライラして、どのぐらい傷つこうが死のうが関係なかった」とも話しており、精神鑑定をする方針。
 調べによると、少年は五月二十九日午後六時十分ごろ、豊中市三和町の路上で、草刈りがまで男性会社員(26)の右肩を切りつけ、約一分後にも約三百メートル離れた路上で、男子中学生(13)の右側の首と肩を切った疑い。いずれも首を目掛けて、振り下ろしていた。
 少年は約二十分前に、ほぼ同じ場所で別の若い男性にかまを振り上げているのを目撃された。午後六時すぎには別の大学生を襲ったことも認めた。大学生にけがはなかった。
(産経新聞) - 8月22日2時49分更新

続きを読む
posted by GIN at 12:55| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中高生の喫煙4年で激減 厚労省研究班10万人調査

 2000年度には4割近くに上った高校3年男子の喫煙率が、04年度には2割強に激減するなど、国内の中高生喫煙率が4年間で大きく減少していたことが、厚生労働省研究班が実施した10万人規模の中高生アンケートで22日分かった。
 主任研究者で国立保健医療科学院(埼玉県和光市)の林謙治次長(保健医療政策)は、大人の喫煙率が低下傾向にあることや、公共の場の禁煙化が進んだことなどが背景にあると指摘。さらに「中高生の携帯電話の所有率が増えており、たばこに使う小遣いが圧迫された可能性も高い」と推測している。
 研究班は1996年度から4年ごとに、全国の中学、高校で喫煙や飲酒の実態について生徒にアンケート。04年度は、計約180校の10万3500人が回答した。
(共同通信) - 8月22日9時15分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:51| 岩手 ☁ | TrackBack(3) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハチに刺され、ヘリで救助 新潟で青学大生2人

 新潟県関川村の杁差岳(1、636メートル)で21日に青山学院大ハイキング部の学生2人がスズメバチにひざや額などを刺され自力下山が困難になったため、新潟県警は22日朝、ヘリコプターで2人を救助した。命に別条はないという。
 村上署によると、4年の女子学生(23)と1年の男子学生(20)。2人は部員5人と飯豊連峰を縦走していたが、21日午後1時半ごろ、スズメバチに襲われたという。
 学生らは「歩いていたら大群が突然襲ってきた」と話しているという。部員が下山して助けを求め、刺された2人らは山小屋に避難していた。
(共同通信) - 8月22日10時53分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ピアノマン」が沈黙破る…同性愛者のドイツ人

 【ロンドン=飯塚恵子】英大衆紙デイリー・ミラー(電子版)は22日、英南東部ケント州の海岸で4月初めに保護され、「謎のピアノマン」と言われた身元不明の男性がドイツ人で、一言もしゃべらなかったのは医師らをかつぐための芝居だったと報じた。男性は20日、ドイツに飛行機で帰国したという。

 同紙によると、男性は19日、病院職員がいつも通り「きょうは話をしてくれる?」と語りかけると、「はい。そうしましょう」と初めて口を開き、自らの正体について告白した。

 それによると、男性は同性愛者で、パリで失業し、4月に高速列車に乗って英国入りし、自殺を図ろうとしていた。

 男性については、当初、「身元を尋ねられると、無言でピアノの絵を描き、見事なピアノ演奏を披露した」とされていたが、実際には、ピアノは同じキーをたたき続けるだけで、ほとんど演奏できなかった。ピアノの絵は「最初に思いついただけ」と話した。

 男性は以前、精神医療関係の仕事に就いていたことがあり、2人の専門医や看護婦らはまったくだまされてしまっていたという。英医療当局は、4か月余りの診断費、入院費などの返還を求め、男性を訴えることを検討している。

 男性について各国メディアが大きく報じたため、世界中から身元に関する情報が1000件以上寄せられたが、これまで身元は特定されなかった。
(読売新聞) - 8月22日11時46分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:43| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

杉田全面抗争、鮎川氏提訴受けて立つ

 女優杉田かおる(40)が、週刊ポスト9月2日号に寄せた独占手記について「(事実を)ありのまま書いた」と主張していることが20日、分かった。手記をめぐり、離婚した投資会社社長の鮎川純太氏(44)側が損害賠償請求訴訟を起こすことを19日に正式表明したことを受けて、杉田が再度反論したという。
 杉田の弁護士によると、19日夜に電話で協議した際「(鮎川氏は)なんで騒ぐのでしょう? 」「手記は(事実を)ありのまま、その通りに書いただけです」などと訴えていたという。さらに、弁護士は、鮎川氏側が報道機関に反論ファクスを送付したことについて「マスコミを利用するやり方は疑問に思う」と不快感を示した。今後についても「(鮎川氏が)正式に提訴にいたれば、すみやかに対応する」とし、現時点では全面的に争う構えだ。
 この手記について、鮎川氏側はファクスで「ありもしない事実を並べ立て、事実をわい曲した虚偽で埋め尽くされている」と強く否定。杉田が主張した鮎川氏の暴力や女性問題、金銭問題など代表的な9点について、杉田から鮎川氏にあてたメールの内容を明かすなどして具体的に反証していた。両者の溝は深まる一方だ。
(日刊スポーツ) - 8月21日9時57分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:32| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<クレーン車暴走>計6台巻き込み、2人死亡4人けが 静岡

 20日午後0時20分ごろ、静岡県三島市谷田の国道1号で、信号待ちしていた乗用車に大阪府堺市茶山台、運転手、金山将隆容疑者(58)の大型クレーン車が追突後に約700メートル走行し、前を走っていた三島市東本町、無職、柴田修さん(70)の乗用車に追突した。柴田さんの乗用車は弾みで反対車線に押し出され、対向のミキサー車と衝突、柴田さんと、同乗の妻ノリ子さん(68)が頭や全身を強く打ち間もなく死亡した。クレーン車はさらに約500メートル走って別の車に追突するなどした。計6台を巻き込み、他に4人が軽いけがを負った。
 県警三島署は金山容疑者を業務上過失傷害の疑いで緊急逮捕した。容疑を同致死に切り替えて調べている。【大楽眞衣子】
(毎日新聞) - 8月21日1時32分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:19| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出火?カンタス機が関空に緊急着陸…乗客10数人けが

 20日午後11時15分ごろ、和歌山県串本沖の太平洋上空を飛行中の成田発オーストラリア・パース行きカンタス航空70便(乗客191人)から、関西空港に「貨物室から出火の疑いがある。緊急着陸したい」との連絡があった。

 同機は21日午前0時51分、同空港に緊急着陸。大阪府警の調べによると、乗客10数人が負傷している模様。

 国土交通省関西空港事務所によると、トラブルがあったのは、串本の南約900キロの上空1万1000メートル付近。貨物室の発煙警告灯が点灯し、パイロットが消火装置を作動させたが、状況が確認できないため、緊急着陸を要請したという。

 関西空港中央警備防災センターから連絡を受けた泉佐野市消防本部が、ポンプ車や救急車計6台を滑走路わきに待機させた。同機は無事着陸し、消火作業は行わなかった。

 成田空港のホームページによると、同機は定刻から約30分遅れて午後9時10分ごろ、成田を出発した。

 最近の航空機トラブルでは、今月12日、福岡空港を飛び立ったばかりの日本航空系列の飛行機のエンジンから炎が噴き出し、飛行コースの周辺住民らが落下した金属片でけがを負った。先月23日には和歌山県串本沖の上空で、JAL機の機内の気圧が低下し、徳島空港に緊急着陸、乗客の子ども3人が耳の痛みを訴えた。
(読売新聞) - 8月21日10時40分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:03| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鉄腕!」かたりいたずらメール 県内で注意呼び掛け

 日本テレビ系で放送中の「ザ!鉄腕!DASH」の番組名をかたり、不特定多数の人々へ転送を依頼するいたずらのチェーンメールがここ数日、県内などで出回っている。
 同テレビでは「全くのいたずら。以前から似たようなものがあったが、最近は沖縄県内の人物名を使ったメールになっており、問い合わせもある」と説明。ホームページ上でも、「番組内ではチェーンメールを使った企画は一切行っていない。今後もそのような企画の予定もない」と注意を呼び掛けている。
 出回っているメールは番組に出演している歌手のTOKIOが「メールがどこまでつながるのか実験競争中」とし、スタートの人物として那覇市内の男性の名前を挙げている。「メールを9人に回してほしい。結果は番組で放送される。絶対に止めないで」などとしている。
(琉球新報) - 8月20日15時44分更新


続きを読む
posted by GIN at 11:57| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(7) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

杉田のメール「ハゲ豚」に激怒…「忍耐の限界超え」告訴へ

 今月11日に女優の杉田かおる(40)と離婚した投資会社社長、鮎川純太氏(44)が杉田を名誉棄損やプライバシー侵害などで民事、刑事両方で訴える準備を進めていることが19日、分かった。発売中の週刊誌に掲載された杉田の手記に対する反論をファクスで報道各社に送り、訴訟の覚悟を表明。その中で杉田が鮎川氏を「ハゲ豚」などと罵倒するメールを送っていたことも明かした。

 長年連れ添った夫婦のけんかならまだしも、新婚数カ月で新妻から「ハゲ豚」呼ばわりされた鮎川氏。ついに、杉田に逆襲の矛を向けた。

 この日早朝、鮎川氏の代理人を務める岡田健一弁護士から、「ご通知」と題するファクス3枚がサンケイスポーツに届いた。

 そこに綴られていたのは、これまでの杉田の奔放な発言に対し「忍耐に忍耐を重ねて」きた鮎川氏の「忍耐の限界を超えて」噴出した怒りと詳細な反論だった。

 鮎川氏が問題としたのは、この日発売の「週刊ポスト」(9月2日号)に杉田が書いた手記。一文一文を丁寧に検証し、9項目にわたって詳細に事情説明と反論を行った。とくに2人が直接会った最後の日、3月12日の出来事についてはかなりの紙幅を割いている。手記では同日晩、ホテルで会った鮎川氏が「お前と結婚なんか、しなけりゃよかった」などと言い、殴りかかってきたと記されているが、鮎川氏は「杉田氏に殴りかかった事実は全くありません」と真っ向否定。「杉田氏から暴力を振るわれたことはあっても、杉田氏に暴力を振るったことは一度もありません」と逆に杉田の暴力性を指摘した。

 さらに、この騒動後、杉田宛に罵倒の言葉を羅列したメールを送ったとされる点に「『ハゲ豚』、『豚へ 金がないから逃げ回っているの?トークで言ってもいいですか?』などの罵詈雑言をメールで送信したのは杉田氏の方」と応酬した。

 総じて「ありもしない事実を並べ立て、あるいは事実を歪曲した、虚偽の事実関係で埋め尽くされている」と厳しい調子で手記の内容を糾弾。さしあたり、同手記に対して、「謝罪並びに損害賠償を求める民事訴訟を提起する」と結んだ。

 また、今後の法廷闘争をにらみ、これらの反論は「鮎川氏の携帯電話に保存された留守録音や電子メール、第三者の供述などにより証明可能」とも付け加えている。今後、杉田の出方を見て刑事告訴も検討する構えだ。

 この件について杉田の所属事務所はこの日、「担当者がいないので何も申し上げることはできません」とした。
(サンケイスポーツ) - 8月20日8時3分更新


続きを読む
posted by GIN at 20:50| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

2005年08月18日

生後26日の娘に父が腹立て暴行

 生後二十六日の二女に暴行を加え意識不明の重体にしたとして、群馬県警渋川署は十七日、傷害の疑いで、同県渋川市、塗装工、井上悦長容疑者(37)を逮捕した。
 調べでは、井上容疑者は今月上旬、二女が泣きやまないことに腹を立て、顔を殴ったり体をけるなどの暴行を加え、骨折などのけがを負わせた疑い。
 井上容疑者は容疑を否認しているという。
(産経新聞) - 8月18日3時9分更新


続きを読む
posted by GIN at 17:15| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パチスロに熱中、車内の女児死亡 放置の母逮捕

 パチスロ店に駐車中の車に六カ月の長女を約二時間半放置し、熱射病で死亡させたとして、岩手県警一関署は十七日、重過失致死の疑いで、母親で店員の今野沙織容疑者(27)=同県平泉町平泉=を逮捕した。調べに容疑を認めているという。
 パチスロの最中には、宮城県沖を震源とする地震も起きていた。
 調べでは今野容疑者は十六日午前十一時半ごろ、同県一関市内のパチスロ店駐車場に軽乗用車を止め、助手席のチャイルドシートに長女を残しパチスロに熱中。車に戻る午後二時まで、長女を放置し、熱射病で死亡させた疑い。
(産経新聞) - 8月18日3時9分更新


続きを読む
posted by GIN at 17:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城の震度6弱…想定地震ではない 調査委、M7.5級「切迫性高まる」

 宮城県南部を中心に最大震度6弱を観測した十六日の地震について、政府の地震調査委員会は十七日、「想定していた『宮城県沖地震』ではなかった」との見解をまとめた。今回の地震で、三十年以内の発生確率が99%とされる宮城県沖地震は「切迫性が高まったとみられる」(津村建四朗委員長)として、当面の余震への注意とともに次の大地震への警戒を呼びかけている。
 「宮城県沖地震」は、牡鹿半島沖のプレート(岩板)境界で起こるマグニチュード(M)7・5前後の地震を指す。前回の発生は昭和五十三年でM7・4。ブロック塀の倒壊などで二十八人が死亡した。
 十六日の地震はM7・2と規模がやや小さく、余震分布などから推定された震源域は、想定震源域の一部にとどまった。調査委は「想定震源域の一部が破壊したものの全体には及んでない」としたうえで、今回の地震は「想定・宮城県沖地震を促進する方向に働く」との見解を示した。
 委員の海野徳仁・東北大教授は「プレート境界でひずみを支えていた何カ所かの断層面の一部が滑った。踏みとどまった断層面にかかる負荷が大きくなったと考えるのが自然だ」と、その理由を説明した。
 調査委は、宮城県沖地震の発生確率を今後十年以内が50%程度、二十年以内で90%、三十年以内では99%としていた。今回の地震で、次の地震がどの程度早まるかの推定は難しく、「想定を変えるだけの十分な根拠はない」(津村委員長)として評価を据え置いた。
 気象庁の関田康雄地震情報企画官は「破壊されずに残った震源域は、陸地に近いので揺れや被害も大きくなる可能性がある」と話す。
 また、宮城県沖地震は、北東側で想定されている「三陸沖南部海溝寄り地震」(三十年内発生確率70−80%)と連動すると、M8級の巨大地震になるとされる。一七九三年の宮城県沖地震(M8・2)がこの連動型で津波被害が大きかった。中央防災会議の専門調査会は、連動型の場合の津波の高さを「岩手県大船渡市で十メートル以上、宮城・岩手両県の沿岸で五メートル以上」と推計している。
 津村委員長は「地震の起こり方によっては、津波が来る可能性もある。今回の地震を契機に、地震・津波対策を十分に点検してほしい」と話した。
(産経新聞) - 8月18日3時9分更新


続きを読む
posted by GIN at 17:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女児体内に画鋲 寝たきり、のみこませた疑いも 世田谷の病院

 「国立成育医療センター」(東京都世田谷区)に入院中の脳性まひの小四女児(9つ)=大田区=の腸などから画鋲(がびょう)が見つかっていたことが十七日、警視庁捜査一課と成城署の調べで分かった。捜査一課は何者かがのみ込ませたとみて、傷害容疑で捜査を始めた。
 調べや病院の説明によると、女児は今月二日に入院。十日午前七時半ごろの巡回では異常はなかったが、約二十分後、嘔吐物(おうとぶつ)に血が混ざっているのを女性看護師が見つけた。レントゲン撮影したところ、腸の中とのどの気道内に画鋲が刺さっていたことが判明。内視鏡などで取り出した。ナースステーションのカウンターの上にあった画鋲が三個無くなっており、一個がベッド脇のテーブルの上で見つかっている。
 女児は脳性まひで寝たきりのため、自分で食事がとれない。小さいものをつかむことも困難なことから、誤ってのむことは考えにくく、言葉も不自由という。捜査一課は、防犯ビデオを解析するなどして捜査している。
 女児は個室に入院、食事はやわらかいものを母親がスプーンで口に流しこんでいたほか、鼻からチューブで栄養剤を摂取していたという。
 同センターは国立小児病院と国立大蔵病院が統廃合して平成十四年に設立。小児と妊婦の治療が主で病床数は五百の大型病院。
(産経新聞) - 8月18日3時9分更新


続きを読む
posted by GIN at 17:02| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学生兄弟が盗難車で事故…弟重傷、軽傷の兄逃げ帰る

 17日午後11時20分ごろ、三重県四日市市楠町の県道交差点で、四日市南署のパトカーに追跡されていた軽ワゴン車が電柱に衝突、助手席の同市、中学1年の少年(12)が右大たい骨を折る重傷を負った。

 運転していた中学2年の兄(14)は逃走して自宅に戻ったが、顔や足にけがを負った。

 調べに対し、弟は「16日未明、兄と四日市市内のスーパー駐車場で車を盗み、兄弟で乗り回していた」と話しているという。

 パトカーは事故現場から約3キロ離れた同市宮東町の県道交差点で信号無視の軽ワゴン車を発見、止まるよう指示しながら追跡していた。同署では「パトカーは時速約50キロで追いかけており、追跡は適正に行われた」としている。
(読売新聞) - 8月18日11時23分更新


続きを読む
posted by GIN at 16:58| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セアカゴケグモ5匹発見 高崎市の民家で

 群馬県高崎市で18日までに、オーストラリアや東南アジアなどに生息する毒グモ「セアカゴケグモ」5匹が見つかった。1995年に大阪府内で初めて発見され、主に関西地方の港湾地域で確認されていたが、関東地方の内陸部で見つかったのは初めて。
 県によると、高崎市の住民から16日午前9時半ごろ、庭の植え込みに3匹のクモの死骸(しがい)を見つけたと連絡があった。翌17日、住民が庭で生きた2匹を見つけ殺虫剤で処分した。5匹はいずれも雌で体長1センチ前後。港湾地域から車や荷物に付着して運ばれた可能性が高いという。
 かまれると、針で刺されたような痛みがあり腫れるため、県は「絶対に素手で触らず、踏みつぶすか殺虫剤を噴霧してほしい」と呼び掛けている。
(共同通信) - 8月18日12時17分更新


続きを読む
posted by GIN at 16:55| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

ひぐらしの鳴く頃に「罪滅し編」

まだ綿流しの途中までしかやってません。

でも思ったこととか、ネタバレとか。


ネタバレがありますですよ
posted by GIN at 21:22| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしの鳴く頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庭の穴に9歳女児埋める 「しつけ」の44歳男逮捕

 再婚した妻の娘(9つ)に暴行し、自宅庭の穴に首まで埋めたとして、埼玉県警春日部署は17日、傷害の疑いで同県春日部市の男(44)を逮捕した。
 男は「起床時間など決めたことを守らせるため、しつけのつもりでやった。度を越してしまった」と供述しているという。
 調べでは、男は6月1日、娘の顔や背中を殴り、自宅の庭に掘った穴に首まで埋め、2週間のけがを負わせた疑い。
 児童相談所が7月1日、県警に告発していた。娘は児童福祉施設に保護された。
(共同通信) - 8月17日19時20分更新


続きを読む
posted by GIN at 20:47| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震度最大の宮城・川崎、被害は軽微 「6弱」に首かしげる

 今回の地震で震度6弱と最も強い震度を記録した宮城県川崎町。ブロック塀の部分崩落などはあったものの、家屋倒壊などの大きな被害は確認されていない。被害情報の収集に走った町職員からは「とても震度6弱という感じはしない」との声も漏れた。

 町によると震度6弱を観測したのは、県が町役場内に設置した震度計。「大地震だ」。正午前に災害対策本部を設置し、職員が被害状況の確認に飛び出した。

 一般に震度6弱の被害予想は「耐震性の低い住宅では倒壊するものがある」とされる。ところが、ブロック塀や石垣の一部崩落などが確認された程度で、家屋倒壊はまったく確認されなかった。

 町は「大きな被害はほとんどない」として午後5時15分、対策本部を解散した。ある町幹部は「(震度5弱を記録した)2003年5月の三陸南地震の方が、揺れたように感じた」と振り返る。

 町中心部で家電販売店を経営する太田辰彦さん(41)も「すごく揺れはしたが、店ではビデオテープが棚から落ちた程度」と語った。

 このほか、青根温泉の旅館で壁の一部が崩れ、1人けがの報告があったが、「6弱」に首をかしげる町民は少なくなかった。

(河北新報) - 8月17日7時7分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:14| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

<地震>宮城県川崎町で震度6弱 各地で被害 けが人多数

 16日午前11時46分ごろ、東北地方で強い地震があり、宮城県川崎町で震度6弱を記録した。北海道から近畿にかけて震度5強から1を観測した。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは約42キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.2と推定される。東北地方で震度6弱以上の地震を観測したのは、03年7月26日の宮城県北部の地震(M6.4)で震度6強を観測して以来という。
 この地震で、仙台市泉区松森にある「スポパーク松森」でプールの天井が落下、宮城県警によると、20人近くが重軽傷を負った。他にも同県蔵王町と大河原町、福島県新地町で各1人がけがをした。
 午後0時12分、石巻市鮎川で0.1メートルの津波が観測された。気象庁は今後さらに大きな津波が到達することも考えられるとして、宮城県の沿岸に津波情報を出し、警戒を呼びかけている。
 また、埼玉県加須市志多見で午前11時46分ごろ、木造瓦ぶき平屋建て家屋が倒壊。この家に住む女性(80)が一時閉じ込められたが午後12時34分、消防に救出された。
 仙台市など各地でマンションやビルのエレベーターに閉じこめられたとの救助要請が入っている。
 JR東日本によると、地震発生の午前11時46分、東北、上越、長野新幹線の全線、東海道新幹線東京―小田原駅間で早期地震検知システムが作動し、緊急停止した。その後、同54分に上越、長野新幹線、同58分に東海道新幹線が運転再開した。
 在来線は、宮城、福島、山形県で全線が停止。関東では横須賀線大船―逗子間が停車した。また、仙台市営地下鉄でも全線で運転停止。乗客は全員、最寄り駅で降り、けが人はなかった。
 また、日本道路公団東北支社によると、仙台北部道路が上下線で全面通行止めとなったほか、東北自動車道など福島、山形、秋田、岩手県の自動車道8線で一部通行止めとなっている。
 国土交通省仙台管理事務所によると、仙台空港は午前11時48分、一時、空港を閉鎖。その後、安全が確認されたため、正午に再開した。この影響で11時40分発予定だった仙台発那覇行きの全日空463便が24分、出発が遅れるなど、計2便に遅れが出た。また羽田空港でも午前11時55分から5分間、安全確認のため、空港を閉鎖した。
 気象庁の関田康雄・地震情報企画官は会見し、今回の地震について「太平洋プレートと陸のプレートの境界付近で発生したとみられる。今後1カ月間程度は震度5弱程度の余震は今後もある」と述べた。想定される宮城県沖地震との関連については「地震の規模は想定されるものより小さい」との認識を示した。
(毎日新聞) - 8月16日13時47分更新


続きを読む
posted by GIN at 14:23| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。