2005年07月26日

<明大教員>「仏語は国際語失格」石原知事に学習セット贈呈

 「フランス語は数の勘定ができず、国際語として失格」などと発言した石原慎太郎・東京都知事にフランス語を勉強してもらおうと、明治大学のフランス語専任教員の有志が26日、都庁を訪れ、教科書や辞書、電卓の「学習セット」をプレゼントした。
 政治経済学部の小畑精和教授ら13人。石原知事は28日まで休暇のために不在だが、「勘定の仕方を含めて言語は多様。違いを認めることが国際理解の第一歩であることも学んでください」などとする要望書とともに、都民の声課の担当者にセットを手渡した。
 「コツコツ勉強すれば、数は数えられるようになる。難しければ、われわれが個人教授いたします」とメンバーたち。小畑教授は「抗議というより、フランスのエスプリを示したかった。知事にはぜひフランス語を理解してほしい」と話した。
 石原知事の発言は名誉き損に当たるとして、フランス語学校長ら21人が13日、謝罪広告や損害賠償を求めて東京地裁に提訴している。【猪飼順】
(毎日新聞) - 7月26日13時27分更新


続きを読む
posted by GIN at 15:24| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの頃はなんでもないことにワクテカしてた3

  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +
 と__)__) +


どこへ忘れてきたんだろう……


続きを読む
posted by GIN at 14:14| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉田かおる、なんと離婚調停申し立てていた!

 夫で投資会社経営の鮎川純太氏(44)と離婚騒動の渦中にある女優、杉田かおる(40)が、家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行ったことが25日、分かった。同日放送された日本テレビ系「ザ!情報ツウ」(月−金曜前8・0)が伝えた。

 同番組によると、杉田が離婚調停の申し立てを行ったのは22日。鮎川氏も数日前に調停の申し立てを行っていたことを裁判所から告げられたという。杉田は、慰謝料を求める意向はなく、一方の鮎川氏も慰謝料を求めていないが、名誉回復を望んでいるという。双方の代理人である弁護士が連絡を取り合い、なるべく早く調停をスタートさせる意向のようだ。

 杉田は同日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(月曜後7・0)に出演し「(番組収録の都合で)8月2日までセレブでいなきゃいけないんですよ」と激白。8月3日以降にも離婚することを示唆した。

 一方、注目されていたダイヤの指輪は「もう返しました。宅配便で」。さらに「使い回しじゃないですか。どこのメーカーかも分からない。私に会ったとき、作ってあって。ぶかぶかで、直してもらったんですけど」と言いたい放題。

 司会のタレント、上沼恵美子から「いま愛してる?」とストレートに尋ねられると、「いや、愛してないです」ときっぱり。鮎川氏はこれを何と聞く?
(サンケイスポーツ) - 7月26日8時3分更新


続きを読む
posted by GIN at 11:38| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーキンソン病に道か、ドーパミン作る神経細胞を確認

 脳の一部が変性し、そこで作られる神経伝達物質のドーパミンが減ることで起こるパーキンソン病の患者に、一方でドーパミンを作る特異な若い神経細胞が存在していることを、順天堂大医学部脳神経内科の望月秀樹講師らが突き止めた。

 正常な人にはない細胞で、これを増やせればパーキンソン病治療につながる可能性がある。26日から横浜市で始まる日本神経科学会で発表する。

 望月講師らは、ドーパミンを作る神経細胞が多くある「黒質」と呼ばれる脳の一部に着目。患者やパーキンソン病の症状を示すマウスの黒質には、神経細胞のもとになる幹細胞がないことを確認した。その代わり、黒質の一部に、神経細胞になる一歩手前の若い神経細胞が存在し、この神経細胞から、少量のドーパミンが作られていた。

 望月講師は、「若い神経細胞がなぜ患者でだけ増えるのかよく分からないが、ドーパミンを生産できる細胞を特別に増やすことができれば、病気治療につながる可能性がある」と話している。
(読売新聞) - 7月26日3時5分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:21| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震時のエレベーター「缶詰め」防止、対策義務化へ

 国土交通省は25日、東京都足立区で「震度5強」を観測した23日夕の地震で、エレベーターが緊急停止して人が閉じこめられるトラブルが46件も発生したことに対応し、地震発生時に自動的に最寄り階に停止する装置の導入を義務付ける方針を固めた。

 国交省は近く建築基準法施行令を改正し、安全基準を見直す。今後新設されるエレベーターが対象だが、国交省は、最寄り階に停止する機能のない旧式のエレベーターを設置しているビルなどにも新基準への対応を促す考えだ。

 現在のエレベーターは、内部の地震計が地震の初期微動を感知すると、自動的に停止するシステムを採用している。今回の地震でも首都圏で約5万台のエレベーターが緊急停止した。

 新型のエレベーターの多くは、自動停止で人が閉じこめられる事態を避けるため、最も近い階に緊急停止してドアが開く「地震時管制運転装置」が装備されている。国交省によると、首都圏のエレベーターの7割がすでに管制運転装置を導入しているという。
(読売新聞) - 7月26日3時5分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:18| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<4年制私大>定員割れが160校、過去最多を更新

 今春の4年制私立大(学生募集した542校)の入試で、新入生の数が入学定員を割り込む「定員割れ」が160校(29.5%)で、学校数では過去最多を更新したことが、日本私立学校振興・共済事業団の調べで分かった。入学者が定員の7割未満の大学も52校(9.6%)に上った。
 定員割れは前年度より5校0.4ポイント増えた。入学定員充足率は、前年度比0.59ポイント減で初めて110%を割り込み、109.90%になった。定員充足率の最高は243%、最低14%で、同事業団は「2極化の傾存が読み取れる」としている。
 制度導入から2年目を迎えた法科大学院の今年度の入試では、49校中36校で定員割れとなり、初年度だった昨春の12校から3倍に増えた。【千代崎聖史】
(毎日新聞) - 7月25日19時29分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:14| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然ものには敵わない

さて。

この間、香水を買ってきました。


続きを読む
posted by GIN at 06:49| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。