2005年07月05日

「今も現実を信じられない気持ち」林真須美被告が手記

 林真須美被告が手記 和歌山市の毒物カレー事件で殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた元保険外交員・林真須美被告(43)(上告中)の手記が、7日発売の月刊誌「創」(つくる)8月号(創出版発行)に掲載される。

 同誌編集部によると、手記は6月28日の大阪高裁判決前に執筆され、真須美被告は1審・和歌山地裁判決について「今も、この現実を信じられない気持ち」と記している。

 手記は便せん7枚。真須美被告は「大阪拘置所で一番悲しかった日」として、大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件の宅間守・元死刑囚(当時40歳)らに死刑が執行された日を挙げている。

 また、法廷で見せる笑みは「4人の子どもへの激励」と明かしている。

 一方、真須美被告は高裁判決について、判決翌日に接見した篠田博之・同誌編集長に「納得できない」と話したという。
(読売新聞) - 7月4日23時39分更新


続きを読む
posted by GIN at 08:59| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

論文データの捏造や盗用、113学会で 学術会議調査

 論文の盗用や二重投稿などの科学上の不正行為が、過去5年間に少なくとも国内の113学会で問題になったという実態が、日本学術会議の調査で分かった。回答を寄せた学会の約13%にあたり、調査を担当した佐藤学・東京大教育学研究科長は「ほとんどの事例は知られておらず、深刻に受け止めざるを得ない」と話す。4日の公開講演会で発表した。

 同会議に登録している1481学会に「会員の不正行為が問題になり、学会役員らで話題になったことがあるか」などの質問票を送り、838学会から回答を得た。軽微な事例も含まれるが、論文の二重投稿と盗用は多くの学会であり、データの捏造(ねつぞう)や改ざんが疑われた例もあった。同会議は各学会に倫理綱領の策定を促すなどの対策を提言する考えだ。

2005年07月04日22時58分       ASAHI.COM



続きを読む
posted by GIN at 08:52| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高1女子、男に手首切られる 岐阜市で登校中

 4日午前7時半ごろ、岐阜市岩井4丁目の市道交差点で、同市芥見の県立高校1年の女子生徒(15)が登校中に男に刃物で切りつけられた、と母親から岐阜北署に通報があった。女子生徒は左手首に3カ所擦り傷を負ったといい、同署は傷害事件として捜査している。

 調べでは、女子生徒が現場の交差点付近で友人と待ち合わせをしていたところ、歩いて近づいて来た男に左手をつかまれ「嫌になったで、死なへん?」と声を掛けられた。「嫌だ」と答えると、男は右手に持っていたナイフの柄の部分で女子生徒の左手首を3回切りつけたという。女子生徒は男を振り切って逃げたが、いったん追いつかれ再び切りつけられた。かばんでナイフを防ぎながら逃げると、男は立ち止まり追って来なかったという。

 岐阜市では今年3月にも、現場から6キロほど西の同市椿洞で女子中学生がワゴン車に乗った男に刃物で手首を切られる事件があった。


2005年07月05日01時56分           ASAHI.COM


続きを読む
posted by GIN at 08:48| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

104に迷惑電話4000回 「話したい」と、男逮捕

 NTTの番号案内(104)に約4400回の迷惑電話をかけたとして、前橋署は4日、業務妨害の疑いで前橋市千代田町、無職石川惇夫容疑者(58)を逮捕した。「女性の話し相手がほしかった」と容疑を認めているという。
 調べでは、石川容疑者は3、4月、自宅から104番に「話がしたい」などと約4400回電話をかけ、応対した女性が断ると「ばかやろう」と怒鳴ったり、わいせつなことを言うなどし、NTT東日本関連会社の業務を妨害した疑い。
 酒を飲んで電話し、1日に500回以上かけたこともあったという。同署は5月以降も約6000回の迷惑電話をしたとみて余罪を調べる。
(共同通信) - 7月4日18時47分更新


続きを読む
posted by GIN at 08:44| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。