2005年06月25日

濃縮ウラン入りの検査器一部紛失 関西電力・高浜原発

 関西電力高浜原発3号機(福井県高浜町)で、微量の濃縮ウランが入った検査器のセンサー部分が紛失していたことが分かった。関電から届け出を受けた文部科学省が24日夜、発表した。センサーは未使用で、濃縮ウランは頑丈な容器に密封されているうえ、ごく微量のため、環境や人体への影響は少ないと同省はみている。

 文科省によると、紛失したのは、原子炉の出力を確認するために、炉内の中性子の量を測定する検査器の先端に付いたセンサー部分(直径約4.8ミリ、長さ約50ミリ)。内側に約1.7ミリグラムの濃縮ウランが塗られている。センサー部分は検査器から外した状態で、施錠された保管庫に収納されていたが、24日夕に約1年ぶりに在庫確認をしたところ、紛失していることに気づいたという。

2005年06月25日09時38分 ASAHI.COM続きを読む
posted by GIN at 14:24| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<少年院>少年逃走、発表せず 03年6月 茨城・牛久

 茨城県牛久市の少年院「茨城農芸学院」で03年6月、収容中の少年1人(当時18歳)が訓練中に一時逃げ出し、法務教官ら5人が訓告処分などを受けていたことが分かった。同院は「当時対応に追われていた」などの理由で公表していなかった。同院の奥谷憲幸次長は「申し訳ない。再発防止に努めたい」とコメントした。
(毎日新聞) - 6月25日3時2分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:17| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「好意ばかりではない」 壊される日本人の慰霊碑

 【サイパン25日共同】割れた石碑、土台だけの墓―。太平洋戦争の激戦地だった米自治領サイパン島には、家族や戦友のために日本人が建てた慰霊碑や墓が数多いが、壊されているものが少なくない。「観光客や住人のすべてが日本に好意的なわけではない」。自治政府の人の説明は、日本にとって忘れがたい戦闘に、別の思いを持つ人の存在を思い起こさせる。
 27日からのサイパン訪問で天皇、皇后両陛下は中部太平洋戦没者の碑に献花する。多くの遺骨が見つかった場所。周囲の岩や草むらに、高さ数10センチの石碑や墓石が隠れるように立っている。磨かれ、手向けた花の残る石碑の横に、刻んだ名前の途中で折れたままのもの、墓石の跡だけが残るものが並ぶ。
(共同通信) - 6月25日6時16分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駅を250メートルオーバーラン=ベテラン運転士「考え事」−JR西

 24日午後0時20分ごろ、奈良市のJR関西線平城山駅で、京都発奈良行き下り普通電車(4両、乗客約20人)が、停止位置を約250メートルオーバーランして停止した。正しい位置に戻り、9分遅れで運転を再開した。
 同社によると、運転士は49歳で運転歴23年11カ月のベテラン。停車駅との認識はあったが、終点に到着した後のことを考えていたという。先頭車両がホーム先端あたりを通過するころ、運転士と車掌が非常ブレーキをかけたが、最後尾がホームを約100メートル行き過ぎて止まった。 
(時事通信) - 6月24日17時1分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:09| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の子の元気は表面だけ? 自己評価低く不安で孤独

 見た目は元気でも、本当は不安で孤独−。小中学生の女子は学級委員などに意欲的で一見元気だが、実は、男子より強い孤独感を内面に抱え、自己評価も低いことが東京成徳大の深谷和子教授(児童臨床心理学)らの調査で分かった。
 25日から大阪市で開かれる日本子ども社会学会で発表する。
 調査は昨年6月−今年2月、首都圏の小学5年生から中学3年生までの男女約1800人を対象に、日ごろ抱いている感情などをアンケートした。
 学級委員や運動会の応援団などの仕事別に「とても好き」「わりと好き」と答えた割合を男女で比べると、小学生は10項目中、給食係を除く9つで女子が男子を上回った。中学生も7つで女子が上回り、社会的場面での積極性が目立った。
(共同通信) - 6月24日17時23分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:02| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット情報に第三者の「有害判定委」…総務省が検討

 総務省は24日、インターネット上に流れる情報の違法性、有害性を判断し、相談を受け付けるため、専門家による第三者機関「有害情報判定委員会」(仮称)を創設する方向で検討に入った。
 7月に省内に設置する有識者の研究会で、第三者機関の具体的なあり方を協議する。
 今月10日には、山口県立光高校の男子生徒がネット情報を参考に作ったとされる爆発物を教室に投げ込む事件が発生した。また、ネットには、法規制の対象外である「脱法ドラッグ」の販売や、集団自殺の呼びかけ、違法ポルノなどのサイトもはんらんしている。
 2002年施行のプロバイダー責任法では、有害情報の削除が事業者側の判断に任されており、事実上、野放しになっている。
 このため、総務省は、事業者や利用者がネット情報が有害か否かを問い合わせられる第三者機関の創設が必要と判断した。この機関に、違法サイトの削除を求めたり、警察に通報したりする機能を持たせることも、新設する有識者研究会で検討する。研究会には、電気通信事業者や法曹関係者、消費者団体代表らが参加する予定だ。
 ただ、第三者機関に情報の削除など強制力を与えると、「表現の自由」を侵す恐れもあるため、今後、論議を呼びそうだ。
(読売新聞) - 6月25日3時9分更新


続きを読む
posted by GIN at 08:57| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、動揺見せない15歳 福岡市の兄刺殺事件

 福岡市で中学3年の弟が兄を刺殺した。福岡県警の25日までの調べで、兄にいじめられたことによる恨みが事件の背景との構図が浮かび上がってきた。一方で、殺害後に動揺を見せなかったという弟の様子を不思議がる声も。15歳の心の奥底に何があるのか。
 犯行は執拗だった。弟が兄(17)の体を10数カ所も刺し、浴槽に体を投げ込んだ。南署の調べに「生き返ってほしくなかった」と語っている。
 悲惨な事件を起こした弟の様子について、捜査幹部の間からは「礼儀正しい。取り調べでも素直」「好青年」との声も聞かれる。
 しかし、夜はしっかり寝て、食事も普通に食べる姿に、同署の幹部は「人を殺しておきながらこういう容疑者は珍しい。弟の気持ちを調べることは時間がかかるだろう」と話す。
 南署は25日、弟を送検。弟は福岡地検の調べも受けた後、家庭裁判所に送致される。
(共同通信) - 6月25日6時22分更新


続きを読む
posted by GIN at 08:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立ち入り検査は必要…オウムの国家賠償請求を棄却

 オウム真理教と信者5人が、「団体規制法の観察処分に基づく公安調査庁の立ち入り検査は、必要がなく違法」として、国に1250万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。

 綿引万里子裁判長(滝沢泉裁判長代読)は「任意調査や報告では、教団の活動状況を明らかにできず、立ち入り検査は必要だ」と述べ、教団側の請求を棄却した。
(読売新聞) - 6月24日22時34分更新


続きを読む
posted by GIN at 08:39| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試験官現れず、92人が秘書検定受験できず

 今月19日に実施された文部科学省認定の「秘書検定」筆記試験で、福岡市内の会場の試験監督が試験日を勘違いして会場に来ず、延べ92人が受験できなかったことが分かった。

 検定の実施主体「財団法人実務技能検定協会」(東京都新宿区)は、同一の問題で追試験を行っており、問題用紙が回収されていないため試験の公平性が問われそうだ。

 同協会によると、試験ができなかった会場は、福岡税経専門学校(福岡市博多区)。正午からの準1級、3級の試験に56人、午後2時50分からの1級、2級の試験に93人の計延べ149人が出願していたが、正午になっても試験監督の同校幹部ら4人が現れず、受験生が会場に入れなかった。同校幹部は協会に、「日程を1週間、間違えていた」と説明したという。

 受験生から連絡を受けた同協会では、正午からの受験生には後日、試験を行うことを伝え、2時50分からの受験生には、別会場で受験するよう指示。連絡が取れなかった人も含め、受験できなかった延べ92人について翌20日から順次、同一問題で追試験をしている。
(読売新聞) - 6月25日3時9分更新


続きを読む
posted by GIN at 08:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捜査情報、ウィニー経由でネット上に 愛知県警巡査

 愛知県警は24日、東海署地域課で交番に勤務する巡査(29)が捜査情報の入った個人所有のパソコンを自宅で使った際、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」が悪用され、その内容がインターネット上に流出したと発表した。県警は同日、この巡査を戒告処分に、上司の警部補(50)を所属長注意とした。

 県警監察官室によると、巡査は許可なく03年9月から今年にかけて個人所有のパソコンを業務に使っていた。捜査情報などが入っていたこのパソコンを自宅でインターネットに接続したところ、ウィニーを悪用するウイルスに感染し、パソコン内に入っていた情報が流出したという。巡査は日ごろから個人的にウィニーを利用していたらしい。

 流出したのはこの巡査が担当した、主に自転車盗や車上狙いなど4事案の窃盗事件に関する捜査報告書や供述調書など7件。名前や生年月日、住所など6人分の個人情報が含まれていたばかりか、容疑者の情報もあったという。

 今年4月、流出した内容を添付した電子メールが外部から県警本部あてに送られてきて発覚した。

 県警は、これまでに京都府警や北海道警などで同様の捜査資料流出があったことから、管理の徹底を指示していた。その中で、今回の流出が起きた事態を重視し、過去の同種事案より重い懲戒処分とした。個人情報が流出した当事者にも謝罪した。

 県警の橋口迪夫・首席監察官は「このような事案を発生させ、県民に深くおわびする。今後、業務管理を徹底し、再発防止を図る」と陳謝した。

2005年06月25日06時25分            ASAHI.COM


続きを読む
posted by GIN at 08:29| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。