2005年06月20日

培地な一日。

今日は一日、自分専用の水耕培地を作ってました。


湿気を吸って固まった試薬を薬匙でゴリゴリ削り取ってると、

なんだか化石を発掘してる気分になりました。


続きを読む
posted by GIN at 21:04| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「酒気帯び」出席 首相ら懲罰動議 民主党提出

 民主党は十九日、会期延長を議決した衆院本会議に酒気を帯びて出席したとして、小泉純一郎首相と自民党の武部勤幹事長、茂木敏充、今津寛両氏の計四人の懲罰動議を衆院に追加提出した。民主党は既に森喜朗元首相ら二氏の懲罰動議を提出。自民党も民主党の樽床伸二氏ら三氏に対する動議で応酬。
(産経新聞) - 6月20日2時51分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:51| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本捕鯨 中国メディア一斉に非難 方針転換シグナル?

 【北京=野口東秀】二十日から韓国で開催される国際捕鯨委員会(IWC)年次総会を前に、中国メディアが相次いで日本の捕鯨を強く非難した。中国政府はこれまで、捕鯨をめぐっては日本の立場に同調してきたが、今回のメディアの論調は中国政府が従来の立場を一転させる兆候か、と注目を集めている。
 中国政府は、これまでIWC総会における投票では日本提案にほぼ賛成してきた。日中関係筋によると、中国は野生動物の“消費大国”であることもあり、「野生動物の持続的利用」の観点から日本の考えを支持してきたという。
 しかし、今年のIWC総会を前に中国メディアでは日本の捕鯨を強く非難する論調が目立ち始めた。十五日付英字紙チャイナ・デーリーは一面トップで「日本の捕鯨拡大計画の阻止を」という見出しの記事を掲載。日本が訴える商業捕鯨再開に関連し、IWC総会で反対するよう中国政府に求める研究者の意見を伝えた。これに先立ち国営新華社通信(電子版)は十日、「われわれは鯨保護の呼びかけを強める」としたうえで、「鯨はいかなる国にも属さず、乱獲は人類共有の海洋資源を破壊する」との関係官僚の言葉を伝えた。
 共産党の青年組織、共産主義青年団機関紙「中国青年報」(十三日付)も「毎年二千トンの鯨肉をのみ込む日本が、公然と商業捕鯨を吹聴」と、日本を非難した。国内のインターネットのサイトでも「日本の狂った捕鯨」といった非難の書き込みが多く、商業捕鯨のノルウェー、調査捕鯨のアイスランドには触れず、日本だけを非難しているのが特徴だ。
 中国外務省の劉建超報道官は十六日の定例会見で、捕鯨に関して「積極的な保護と合理的な利用が原則」と述べるにとどまった。
 最近のメディアの論調と従来の政府の投票行動は明らかに「矛盾」しており、「日中関係の悪化を背景に、中国政府の強い態度を国内向けに示した」との見方も浮上しているが、日本の水産庁担当者は「中国は日本に同調してきた立場をひっくり返すのだろうか。これまでにない中国メディアの非難の激しさは不可解だ」と指摘する。
(産経新聞) - 6月20日2時51分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:49| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相「1滴も飲んでない」 懲罰動議は「でたらめ」

 小泉純一郎首相は20日午前、民主党が17日の衆院本会議に首相が酒気帯びで出席したとして懲罰動議を提出したことについて「あの日、私は1滴も酒、アルコール類は飲んでいない」と飲酒の事実を否定した。
 首相は民主党の対応について「随分いいかげんな政党になった。公党としてなんででたらめな発言をしたり、懲罰動議を提出するのか分からない」と厳しく批判した。官邸で記者団の質問に答えた。
(共同通信) - 6月20日10時49分更新



続きを読む
posted by GIN at 12:26| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の引越し。その12

2005.5.17.01.JPG
posted by GIN at 10:39| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<警官拳銃自殺>交番の2階休憩室で そばに遺書 札幌

 19日午後1時10分ごろ、札幌市中央区南14西10の札幌南署行啓通交番の2階休憩室で、男性巡査部長(28)が頭から血を流して倒れているのを交代の署員が発見、間もなく死亡が確認された。そばに拳銃と遺書があり、拳銃自殺したらしい。
 調べでは、巡査部長は18日午前8時45分から単独で当直勤務につき、発見時は休憩室に鍵をかけ、2段ベッドの下段に制服を着て横たわっていた。右耳の上に弾丸による傷があり、遺書には「仕事上の悩みで落ち込んでいた」などとあった。死亡推定時刻は19日午前10時ごろとみられる。
 巡査部長は98年4月採用。同署には昨年10月配属され、今年4月から同交番に勤務した。19日も午前8時ごろ、警報機が誤作動した事務所に駆けつけるなど普段と変わったところはなかったという。
 同署の我妻守署長は「警察官が拳銃で自殺したことは誠に遺憾。職務倫理教養を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。道警では5月21日にも苫小牧署内で男性巡査(20)が拳銃自殺している。【真野森作】
(毎日新聞) - 6月20日3時3分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:35| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縁故、口利きが慣例化? 奈良の消防職員採用汚職

 奈良県中和広域消防組合の採用試験をめぐる汚職事件で、贈賄容疑で市議と職員が逮捕された同県大和高田市を含め、同組合をつくる自治体には「職員採用に縁故や口利きが慣例化している」との風評が以前からあることが20日、関係者の話で分かった。
 加重収賄容疑などで再逮捕された消防本部消防長中村隆之容疑者(62)=虚偽有印公文書作成罪などで起訴=が点数を水増ししたのは、全合格者23人のうち19人。県警捜査2課などは、ほかの合格者についても同様の不正がなかったか追及する。
 捜査2課などは同日、大和高田市議会など関係先を家宅捜索する方針。
(共同通信) - 6月20日8時5分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:31| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たばこで老化 1日1箱40年で7・4年分

 【ワシントン19日共同】喫煙者はたばこを吸わない人に比べ、細胞のDNAレベルでも老化が早い−−。ロンドンのセントトーマス病院など英米チームがこんな研究結果を19日までにまとめ、英医学誌ランセットに発表した。
 試算では、1日1箱を40年間吸い続けると、吸わない人に比べ細胞が7・4年分、余計に歳をとることになるという。
 研究対象は18−72歳の女性1100人余り。白血球の核DNAにある「テロメア」と呼ばれる部分に着目した。テロメアは、ひも状になったDNAの両端でほつれを防ぐ「キャップ」役を果たしている。細胞分裂の度に少しずつ短くなり、若者より高齢者の方がこの部分が短いため、老化の一つの目安にもされている。
(共同通信) - 6月20日8時12分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:25| 岩手 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<緑地回復>オオバヤシャブシ+根粒菌=4〜5倍促成

 荒地の植生回復に用いる村木、オオバヤシャブシ(カバノキ科)の苗木に、根粒(こんりゅう)菌などを接種させると、成長が4〜5倍も早くなることが、森林総合研袖所(茨城県つくば市)の研袖で分かった。緑地回復を早めることが期待できるため、噴火によって広範囲の緑地を失った三宅島(東京都)で利用する予定だ。
 オオバヤシャブシは、植物の成長に欠かせない窒素を大気中から取り込む能力が高い。その働きをしているのが、根の内部で栄養をもらって共生している根粒菌だ。
 研袖グループは実験室内で、芽吹いたばかりの苗に根粒菌を接種させた。半年後、水分を除いた重さは平均0・12グラムになり、接種させない場合に比べて4倍になった。さらに、養分や水分の吸収効率を高める「菌根菌」と、水に溶けにくい無機質の養分を溶かして根が吸収しやすくする「根圏細菌」を合わせて接種させると5倍に達した。健康状態も良好だった。
 菌を根に接種させて成長を促進させる育苗方法は従来から知られていたが、森林総研は東京都の委託で三宅島の緑化試験を進めており、今回、複数の種類の菌を使い、成長の違いを科学的データで裏付けた。自然界でも菌がオオバヤシャブシにすみ着くが、苗のうちに接種することで、植村後の定着率も高いと見込まれる。今年度中にも、オオバヤシャブシのほか、その他の村木にも菌を接種させて植える計画だ。
 研袖グループの岡部孫秋・微生物生態研袖室長は「緑化に使う植物や菌はすべて三宅島で採取したものを使用し、島の生物多様性に配慮する。村木と菌が共生している自然のシステムを生かせば、早く確実に緑化することが可能だ」と話している。【去石信一】
(毎日新聞) - 6月20日3時3分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:16| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗客戻るか見通し立たず JR西、不通の損失25億円

 JR西日本が福知山線の尼崎−宝塚間の運転を19日再開し、車内は行楽や買い物に向かう客の姿が見られた。だが阪急電鉄をはじめとする私鉄へ一時移った乗客の大半を取り戻せるか見通しは立たず、安全運行への信頼を失墜させたJR西日本が名実ともに優良企業として乗客、信頼をともに回復できるか、その道は始まったばかりだ。
 55日ぶりの再開で、不通による約15億円の減収など直接的費用の増大は止まる。代替輸送してもらった阪急電鉄への支払いは約8億円、神戸電鉄への約1億円などを合わせても損失は25億円程度で、連結売上高1兆円を超える企業には「営業努力で取り戻せる範囲」(関係者)だ。
 むしろ乗客が確実に戻るめどが立たないことが問題だ。徳岡研三専務・鉄道本部長も「どれだけ戻るか分からない」と影響の深刻さを認める。
(共同通信) - 6月19日17時13分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:53| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉首相ら4人対象、酒気帯びで民主が懲罰動議

 民主党は19日、小泉首相や自民党の武部幹事長ら4人について、会期延長を議決した17日夜に酒気を帯びて衆院本会議に出席したとして、懲罰動議を衆院に提出した。

 2人以外の動議の対象は、今津寛防衛副長官と茂木敏充前沖縄・北方相。
(読売新聞) - 6月19日23時47分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:49| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級サクランボ100kg盗難…山形、作業精通者?

 19日午後10時半ごろ、山形県長井市成田のサクランボ畑から高級品種「佐藤錦」など約100キロ(約35万円相当)が盗まれたと、畑を所有する農家の男性(61)が長井署に届け出た。

 同県ではサクランボの盗難は今年2回目で、100キロの大量盗難は初めて。

 調べでは、男性が畑を離れていた18日夕から19日夜にかけて盗まれたらしい。畑には約100本の木があったが、日当たりの良い場所の実が、商品価値が落ちないよう軸からきれいにもぎ取られていた。同署は、作業に精通した者が下調べをして盗んだとみている。
(読売新聞) - 6月20日2時34分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:38| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーの目覚めを解明 睡眠障害治療にも

 コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、脳の細胞膜上にある特定のタンパク質と結び付いて目覚め作用を起こすことを、大阪バイオサイエンス研究所の裏出良博研究部長らが確認、米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンス(電子版)に20日、発表した。
 睡眠障害の治療や、眠気を防ぐ方法の開発につながるのではないかという。
 裏出部長らはマウス実験で、人間のコーヒー1、2、3杯分に相当するカフェインを注射器で投与、睡眠時間を比べた。
 普通のマウスは投与量が増えるにつれ睡眠時間が短くなったが、遺伝子操作でアデノシンA2A受容体というタンパク質を欠損させたマウスは、投与量による変化はなかった。 同様の可能性を指摘されていたアデノシンA1受容体というタンパク質を欠損させたマウスは、普通のマウスと変わりなかった。
(共同通信) - 6月20日2時2分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:36| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報守る“秘密の紙”開発 通常光では読み取り不可能

 科学技術振興機構の岸村顕広研究員らのグループが、通常の光の下では印字した内容が読み取れず、何度も繰り返し書き換え可能な熱転写方式の「シークレットペーパー」を開発した。情報の保護が必要な機密文書などに利用できるという。19日付の英科学誌ネイチャーマテリアルズ(電子版)に発表した。
 シークレットペーパーの表面には、「デンドリマー」と呼ばれる樹木のような枝分かれ構造を持つ高分子と銅イオンとを複合させた発光材料が塗布されている。この材料は、紫外線を吸収すると光を発し、しかも温度が80度程度になると、発光する色がそれまでとは変化する性質を持つ。
 この特性を利用し、熱転写方式で文字や画像を記録できる。記録内容は太陽光や蛍光灯など通常の光の下では読み取れず、ただの白紙にしか見えない。文字や画像を浮かび上がらせるためには短い波長の紫外線を当てなければならないため、情報を守りやすい。
(共同通信) - 6月20日2時7分更新


続きを読む
posted by GIN at 07:30| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。