2005年06月16日

雑誌アイテムと交換。

すでに王立アイテムは

青竜刀
霊殺剣


以外、コンプ済み。


続きを読む
posted by GIN at 23:01| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Lunatic Dawn the 3rd Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワロタ。

< `ω´>y-~~@井の中の蛙 の発言 :
北朝鮮ノットイコール韓国ニダ
(゚д゚) の発言 :
同じだ



続きを読む
posted by GIN at 20:52| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無届け工事、古墳全壊 ドコモ関西、携帯用鉄塔を新設 池田

 大阪府池田市古江町の山林にある「古江古墳」が、NTTドコモ関西(大阪市)の携帯電話用鉄塔新設工事でほぼ全壊していたことが十六日、分かった。同社は文化財保護法と府の風致条例に基づく届け出をしていなかった。残された部分について市教委は近く調査に入る。
 古江古墳は直径約十三メートル、高さ約一・二メートルの円墳。六世紀のものとみられ、府教委によれば、同時期の円墳はこの地域には少なくとも数十基あるという。
 古墳はこれまで詳細な調査はされておらず、史跡などに指定はされていないが、文化財保護法に基づく「周知の埋蔵文化財包蔵地」に該当し、工事の際には届け出が必要。また、環境保護と砂防のため府風致条例と砂防法に基づく届け出も必要だった。
 同社はこの地に高さ約一四・八メートルの鉄塔建設を計画。この際、文化財保護法に該当するかの確認を怠った。
 下請け業者が昨年九月に市と府池田土木事務所と打ち合わせした際、市などは文化財保護法に関しては触れなかった。一方、風致条例と砂防法に基づく届け出の必要性は指摘したが、同社は風致条例の届け出も怠ったまま四月下旬に工事を始めていた。
 五月下旬に住民の指摘を受けたときには、古墳はすでに大部分が掘り起こされ、周濠の一部が残るだけ。原状回復は難しいという。
 NTTドコモ関西広報宣伝部は「届け出を怠り、行政や関係者にご迷惑をかけ、大変申し訳ない」とコメントしている。
(産経新聞) - 6月16日15時50分更新


続きを読む
posted by GIN at 20:47| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(7) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レジ袋有料化、経済産業省が1枚5〜10円で検討

 経済産業省は16日、レジ袋を有料化する方針を固めた。

 同日午前、産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)の廃棄物・リサイクル小委員会が取りまとめた中間報告を受けて検討を進める。

 環境省もレジ袋の有料化方針を既に打ち出しており、政府は来年の通常国会で「容器包装リサイクル法」を改正し、有料レジ袋の普及に向けた具体策を詰める。

 また、経産省は現在、自治体が全額負担している家庭から出る容器包装ごみの分別収集費用の一部を、小売店や飲料メーカーなどの事業者に負担させる方針も固めた。自治体の分別収集費用は年間約3000億円に上っており、年々増える負担に不満が出ていることから、同法を改正して事業者にも負担を求める方向だ。

 レジ袋の有料化は、年間300億枚とされる消費量を抑制し、プラスチックごみの増大に歯止めをかけることで、地球環境を保護するのが狙いだ。

 ただ、個別商品やサービスの価格を法律で義務化するのは難しいと見られており、削減目標を決めて国が指導・勧告したり、業界団体と自主協定を結んだりするなどの具体案を今後、協議する。

 導入された場合、レジ袋1枚当たり5〜10円が軸になる見込みだ。既に、一部スーパーなどでは、レジ袋1枚5〜10円を徴収したり、買い物袋を持参した客には同程度の金額を還元したりして、有料化を先取りしている。
(読売新聞) - 6月16日14時49分更新


続きを読む
posted by GIN at 18:39| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

故安部英元副学長の名誉毀損、櫻井よしこさん逆転勝訴

 薬害エイズ事件に関する記事と単行本で名誉を傷つけられたとして、故安部英・元帝京大副学長(今年4月に88歳で死去)が、ジャーナリストの櫻井よしこさん(59)に1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決が16日、最高裁第1小法廷であった。才口千晴裁判長は「(櫻井さんが)取材結果を真実と信じる相当の理由があり、違法な名誉棄損ではない」と述べ、400万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決を破棄し、元副学長の請求を棄却した。櫻井さんの逆転勝訴が確定した。

 問題となったのは、櫻井さんが執筆した月刊誌「中央公論」1994年4月号の記事と、これを基に同年8月に出版された単行本「エイズ犯罪 血友病患者の悲劇」。いずれも安部元副学長について「製薬会社のために加熱製剤の治験を遅らせ、会社側から寄付を募った」などと記述した。

 記述の基になったのは、薬害エイズ訴訟の原告側の資料や、新聞記者と元副学長のやり取りの録音テープなど。判決は、櫻井さんが他の取材結果と合わせ、不正の事実があったと判断したことは許されるとした。

 一方、安部元副学長が「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして発行元の新潮社に3000万円の賠償などを求めた訴訟では、同小法廷(島田仁郎裁判長)が16日、300万円の支払いを命じた1、2審判決を支持して、双方の上告を退ける決定をした。賠償命令が確定した。

          ◇

 櫻井さんは判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「自由な報道を規制するために起こされた訴訟で勝訴できたことは、報道への後押しで、日本の報道界全体にとって喜ばしい」と、笑顔で語った。

 一方、安部元副学長の代理人弁護士は、「この程度の取材で、営利行為としての出版が安易に許されることは納得しがたい」というコメントを出した。
(読売新聞) - 6月16日12時45分更新


続きを読む
posted by GIN at 13:35| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dでもない。

気になる情報を知ったので、もう一回。




「いじめを苦」メモ公表 自殺の中3女子の遺族

 山口県下関市の市立川中中学校で4月、3年の女子生徒(15)が校舎内で首をつって自殺した問題で、女子生徒がいじめを苦に自殺を考えていたことを示すメモを残していたことが13日、分かった。遺族が同日、市教委や報道関係者に公表した。
 市教委はこれまで「いじめはあったが、自殺との因果関係は分からない」と主張していた。
 メモは縦約13センチ、横約8センチの紙で、中央に赤字で「死」と書かれ、周りに黒のボールペンで「死んだらもういじめられないですむ」「死んだらみんなもよろこび、悲しまないだろう」などと、いじめを苦にした自殺を示唆する内容がびっしりと書き込んであった。
 メモは母親(41)が女子生徒の机の上にあった写真立ての中から発見した。いつごろ書かれたものかは分からないという。
(共同通信) - 6月13日22時35分更新


続きを読む
posted by GIN at 13:24| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

640万円のスコッチ、一晩で空に=太っ腹ビジネスマン−英

 【ロンドン15日時事】この世に12本しかない貴重なスコッチウイスキーを3万2000ポンド(640万円)で購入し、その夜のうちに友人たちと造とんど飲んでしまうという太っ腹な英国人ビジネスマンが現れた。
 BBC放送によると、このビジネスマンは時々宿泊するロンドン南西方のサリー州にあるホテルで5月、バーの棚に保管されていたウイスキー「ダルモア」の62年物(1943年製造)のボトルを購入、すぐに開けて一晩で空にした。ホテル・は男性の名前の公表を控えているが、「普通の常連客」だという。 
(時事通信) - 6月16日9時0分更新


続きを読む
posted by GIN at 13:02| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国語ブログに「自由」なし?=マイクロソフトも検閲に協力

 【シリコンバレー14日時事】日記風の簡易ホームページ「ブログ」の中国語サイトで、「自由」「デモ」などの言葉の使用を禁止する動きが広がっている。以前から米グーグルやヤフーが中国政府のブログ検閲に協力していると批判されてきたが、ソフト最大手の米マイクロソフトも検閲を実施していることが14日までに明らかになった。
 マイクロソフトは先月、中国政府との合弁企業を通じて、中国版ブログの作成サービスを開始。そのブログサイト上で、「民主主義」「人権」「台湾独立」など、抗議行動や治安悪化を連想させる用語を入力すると、「禁止語を削除してください」と表示される。 
(時事通信) - 6月15日11時2分更新

続きを読む
posted by GIN at 12:58| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国から輸入のカンパチなど、アニサキスを確認

 厚生労働、農水両省は15日、中国から昨秋以降に輸入し、国内で養殖しているカンパチとイサキの一部から、生で食べると腹痛を引き起こす寄生虫「アニサキス幼虫」が確認されたと発表した。

 まだ市場に出荷するほど成長していないが、両省は、養殖・加工業者らに輸入自粛を求めるとともに、寄生した可能性のある魚を出荷する際は、冷凍して死滅処理するよう指導した。出荷前には保健所が処理状況を確認する方針。

 冷凍処理の対象になるカンパチは、国内で養殖されている約2570万匹のうち約1割の約200万匹。2月以降、鹿児島、宮崎、大分、熊本、愛媛、高知各県の定期検査で発見され、熊本県ではイサキでも確認された。中国でのエサが原因とみられる。
(読売新聞) - 6月16日10時55分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:53| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オウムの職業安定法違反事件、幹部信者3人を逮捕

 オウム真理教元信者らによる職業安定法違反事件で、警視庁公安部は16日午前、新たに東京都世田谷区南烏山、教団最高幹部杉浦茂容疑者(46)ら幹部信者3人を、同法違反(労働者供給事業の禁止)の容疑で逮捕、すでに逮捕されていた葛飾区高砂、元幹部信者秋山登容疑者(32)ら4人を同容疑で再逮捕した。

 公安部は、教団が組織ぐるみで違法な資金集めを行っていたとみて、資金の流れの全容解明を進める。

 一連の事件の逮捕者は計8人となった。

 新たに逮捕されたのは、杉浦容疑者のほかに、台東区北上野、幹部信者坂口剛(49)、足立区保木間、同上田竜也(40)の両容疑者。

 調べによると、杉浦容疑者らは2002年7月〜今年1月、無許可で、教団のパソコンソフト部門に所属する信者計9人を、横浜市内などのパソコン関連会社計8社に派遣し、働かせた疑い。

 杉浦容疑者らは、信者を教団と関連のない文京区のパソコンソフト会社の社員であるかのように装わせていた。公安部は、教団が組織的に信者の給与の大半を活動資金に充てていたとみている。

 公安部によると、杉浦容疑者は教団を運営する5人の「正悟師」の1人で、教団パソコンソフト部門の最高責任者。地下鉄サリン事件後の1995年5月まで、信者の子どもの教育を担当する「文部省大臣」も務めた。

 坂口容疑者は教団関連のパソコンソフト会社の代表を務め、上田容疑者は教団の経理を担当していた。
(読売新聞) - 6月16日11時16分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォームなどで3千万円、認知症の70代女性と契約

 高齢者らを相手にした多額のリフォーム工事が相次いで発覚している埼玉県内で、新たに蕨市でも、70歳代の独居女性がリフォームや訪問販売など、7年間で総額3000万円を超える契約を業者と結んでいたことが15日、分かった。

 市によると、女性は1997年から2003年までの間、3社と契約を結び、自宅の屋根や外壁、壁紙張り替えなど、計約2500万円分のリフォームを行った。また、訪問販売業者5社から布団や浄水器、美容器具など計約560万円分を購入していた。
(読売新聞) - 6月16日3時3分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:14| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐車場で“罰金”徴収 管理人の男逮捕

 大阪府警泉北署は15日、恐喝の疑いで同府堺市上之、駐車場管理人松宮光男容疑者(61)を逮捕した。
 松宮容疑者は駐車場内の管理人事務所前に「不法侵入など厳禁。見つけ次第罰金1万−3万円徴収のこと」などと書かれた看板を掲げ、契約していない車が入ってくると運転手に駆け寄って“罰金”を徴収した上、住所や氏名のほか母印まで押させていたという。
 調べでは、松宮容疑者は5月20日夕、同市豊田の駐車場で、同市の女性(31)の軽乗用車が方向転換する際に車の前半分が駐車場を入ったことに対し「罰金を払え」と脅し、3000円を脅し取った疑い。
 同署によると、4月から計7人が同様に計6万3000円を脅し取られたと相談に訪れていたという。
(共同通信) - 6月16日1時2分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受刑者が飲酒や喫煙 宮城刑務所、職員関与か

 宮城刑務所(仙台市若林区)の受刑者が酒やたばこを入手し、所内で飲酒や喫煙をしていた疑いの強いことが15日、分かった。携帯電話も使っていたという。法務省仙台矯正管区は複数の刑務所職員が関与した疑いが強いとみて内部調査を進めている。持ち込みが数年にわたって続いていたとの情報もあり、法務省は全容が判明次第、関係者を処分する方針。
 仙台矯正管区や宮城刑務所などによると、禁止している酒やたばこなどの持ち込みは今年3月ごろに発覚。持ち込んだのは服役していた暴力団関係者とされるが、何人の受刑者が飲酒や喫煙などをしていたかは確認されていない。関与した職員の人数や酒などが持ち込まれたルートも調査中。
 関係者によると、持ち込まれた酒はウイスキーや日本酒などあらゆる種類で、受刑者が銘柄を指定していたという。
(共同通信) - 6月16日2時17分更新


続きを読む
posted by GIN at 09:01| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。