2005年06月10日

授業中に爆竹投げ、37人病院搬送…高3男子逮捕

 10日午前10時ごろ、山口県光市光井、県立光高(弘中幸雄校長、580人)で、授業中に同校3年の男子生徒(18)が3年1組の教室内に爆竹を投げつけ、生徒約37人が市内の病院に搬送された。

 1人は重傷で、負傷者は「耳鳴りがする」「目が痛い」などと訴えている。県警は同10時10分、男子生徒を傷害の現行犯で逮捕した。

 光高は男女共学。進学校で、スポーツも活発。1993、94年には夏の甲子園に連続出場した。定時制(31人)を併設している。

 現場は国道188号線の北側。光市中心部に比較的近く、住宅地に隣接。周辺には光署のほか、消防署、中学校、小学校などがある。

(読売新聞) - 6月10日11時44分更新




続きを読む
posted by GIN at 12:12| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<誤認逮捕>滋賀県警、窃盗事件で37歳男性を 署長が謝罪

 滋賀県警虎姫署は9日、同県浅井町の板金工の男性(37)を窃盗容疑で誤認逮捕していたと発表し、和智義明署長が男性に謝罪した。男性は3日に逮捕されたが、9日になって別の無職男(53)が容疑者と判明し窃盗容疑で逮捕された。男性は書類送検されたうえで不起訴となる見通し。「無実が証明され、一安心しているが、取り調べ中に足をけられるなどし、あざが残っている。担当刑事にも謝罪してほしい」と話している。
 同署によると、今月1日午後、同県湖北町のパチンコ店の客が、トイレに立ったすきにパチンコ台横の玉貸機からプリペイドカード(7000円相当)を盗まれた。防犯ビデオに盗む様子が映っており、3日に店が「似た男がいる」と通報。署員が男性を任意同行し、ビデオを見せたところ容疑を認めたとしている。
 男性は5日、「微罪」として釈放され、6日に「やっていません」と署に申告。7日、使用後のカードに男性の指紋が残っていないことがわかったという。
 一方、男性によると3日夜、パチンコ店内で突然、警察官に後ろから肩をたたかれ、署に連行された。「足を2、3度けられ、襟をつかまれて『お前がやった』と何度も言われた。自分の帽子で顔をたたかれた」。トイレを我慢していたら、刑事に「しゃべったら行かせる」と言われ「我慢できなくなって『やりました。すみません』と言った」と話している。
 和智署長は会見で「当事者に深くおわびします」と謝罪。「裏付け捜査が不十分だった」と認めた。暴力的な取り調べの有無について「現段階ではなかったと把握している」と述べた。6月は「盗犯」の強化月間だが、和智署長は「ノルマなどは課していない」と話した。【野々口義信、小松雄介、深尾昭寛】

(毎日新聞) - 6月10日3時7分更新




続きを読む
posted by GIN at 09:56| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。