2005年06月02日

全国のガードレール緊急点検=金属片の実態調査−国交省

 各地のガードレールに鋭利な金属片が取り付けられているのが見つかった問題で、国土交通省は2日、地方整備局を通じ全国の国道で緊急点検を始めた。
 同省は埼玉県で帰宅途中の中学生が金属片で足にけがを負ったことなどから、全国規模で実態調査が必要と判断。各地方整備局に金属片の有無の調査を指示し、道路を管理する各自治体にも情報を提供した。 

(時事通信) - 6月2日20時2分更新


続きを読む
posted by GIN at 22:00| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国のガードレール緊急点検=金属片の実態調査−国交省

 各地のガードレールに鋭利な金属片が取り付けられているのが見つかった問題で、国土交通省は2日、地方整備局を通じ全国の国道で緊急点検を始めた。
 同省は埼玉県で帰宅途中の中学生が金属片で足にけがを負ったことなどから、全国規模で実態調査が必要と判断。各地方整備局に金属片の有無の調査を指示し、道路を管理する各自治体にも情報を提供した。 

(時事通信) - 6月2日20時2分更新




続きを読む
posted by GIN at 22:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

募金苦境、逮捕事件の余波 金額減り、「偽もの」非難も 「信頼失墜怖い」

 虚偽の求人広告で集めたアルバイトに街頭募金をさせていた職業安定法違反容疑でNPO(民間非営利団体)を名乗る団体の主宰者、横井清一容疑者(34)らが逮捕された事件の余波で、正当な活動を行っているほかの団体の募金額が減るなど、事件の影響とみられる現象が起きていることが二日、分かった。「偽の募金やろ」などと不当な非難を浴びるケースもあるという。
 横井容疑者らが集めた数千万円の使途が不明になっており、他団体には「善意で成り立っている募金に対する信頼の失墜がこわい」などと不安や憤りが広がっている。連絡先を大きく表示するなどの対応策をとった団体も出ている。
 海外での心臓移植を待つ和歌山県の小学二年、井辺美摘さん(7つ)の支援団体がJR大阪駅前で街頭募金を行ったのは、横井容疑者らの団体の問題がテレビなどで放映された後の三月中旬以降。募金は芳しくなく、団体会長の橘和延さん(61)は「事件の影響が出たかも」と顔を曇らせる。
 橘さんは三年前に別の街頭募金を行ったが、今回集まった額はその七分の一程度。横井容疑者の団体も同じ大阪駅前などで難病の子供への支援などを名目にしていたことから、影響が大きかったとみられる。「自分たちが着ていたそろいの黄色いジャンパーが、蛍光色のジャンパーを着ていたあの団体と間違えられるのではないか」。メンバーからはそんな声も出ていた。
 災害や病気で親を亡くした子供を支援する「あしなが育英会」(本部・東京)でも今春、関西地区の募金がここ数年で最少額に落ち込んだ。通りがかりの人から「(警察の)道路使用許可証を見せろ」「偽の募金やで」など、ひどい言葉を浴びせられたという報告もあがっている。
 横井容疑者の団体が連絡先などを一切明示していなかったことが問題となっているため、同会では横断幕に連絡先の電話番号を大きく印刷。スタッフが募金の趣旨などを明確に説明できるように指導も徹底した。「募金は信頼だけが頼り。長年培った信頼が崩れかねない」としている。
 また、山口県の山近展敬さん(26)の海外心臓移植に向け、四月から活動を始めたばかりの支援団体も、募金箱に山近さんの似顔絵や団体の連絡先を記載、団体の目的などを明確にした。募金箱には番号をつけ、募金の日時、場所、金額などを管理できるよう工夫した。代表の中部康典さん(66)は「善意に報いることを示したい」と説明する。
 「赤い羽根」で知られる社会福祉法人「大阪府共同募金会」の古谷泰景事務局長は「募金団体がまともかどうかを区別するのは難しいが、規制するよりも募金の受け皿はたくさんある方がよく、どうすればいいのか」と戸惑っている。

(産経新聞) - 6月2日15時50分更新




続きを読む
posted by GIN at 21:45| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンマーで兄を殺害、15歳の弟を逮捕…埼玉

 2日午前5時40分ごろ、埼玉県川越市の男性(56)から、「三男が長男にけがをさせた。長男は動かなくなった」と110番通報があった。

 川越署員が駆けつけたところ、無職の三男(15)が「ハンマーで兄を殴った」と認めたため、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。長男(23)は搬送先の病院で頭部挫傷などで死亡した。同署は、容疑を殺人に切り替え、動機などを調べている。

 同署員が駆け付けたとき、長男は1階の自室の布団の上で倒れていた。三男は2階の居間におり、2階で寝ていた父親には「大変なことをした」と伝えたという。署員に対し、三男は「ハンマーは隣家の敷地内に隠した」と供述し、その通りにハンマーが見つかった。

 三男は今年3月に中学を卒業したばかり。男性方は、妻と3人兄弟の5人家族。長男と三男がケンカしている様子はなかったという。

(読売新聞) - 6月2日12時4分更新


続きを読む
posted by GIN at 12:30| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<リフォーム問題>手抜き工事で業者が「金返します」 大阪

 大阪府堺市の女性(80)が、大阪市内の水道工事業者に約1000万円を支払わされたずさんリフォーム問題で、業者が毎日新聞の報道後「手抜き工事」を認め、女性に謝罪、一部返金を申し出たことが1日、分かった。専門家は「全額返済と家の原状回復が基本」と業者の姿勢を批判。毎日新聞の取材で、業者は建設業法に基づく許可などを受けていなかったことも分かった。
 関係者によると、業者から連絡があったのは、記事掲載の翌日の5月31日。従業員が女性宅を訪れ、現場を見ないまま「手抜き工事でした。担当者が勝手にやりました」などと謝罪した。そのうえで「希望通りに工事をやり直す」と提案した。しかし、女性の親族は「もう工事はしてほしくない」と断り、返金を求めたところ「350万円ほどの工事。残金(約650万円)を返す」などと話して帰ったという。
 専門家が「100万円程度でできる」とするリフォームに、この業者は「給水管新設」などで210万円、台所リフォーム名目で約800万円を支払わせた。しかし、建設業を営むのに必要な国土交通相や知事の許可を受けておらず、堺市の給水装置工事事業者指定も受けていなかったことも分かった。
【遠藤哲也、亀田早苗】

(毎日新聞) - 6月2日3時7分更新

続きを読む
posted by GIN at 12:22| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニャウニャウニャウニャウ

今日は暑いので、温室の中はとんでもないことになっています。

その中で過ごしているクロスケ親子は


続きを読む
posted by GIN at 11:34| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を信用させる物質特定 ホルモンの一種、悪用心配

 【ワシントン1日共同】鼻に噴霧すると、人に対して抱く信頼感を強める働きがある物質を特定したと、スイス・チューリヒ大のエルンスト・フェール教授らのチームが2日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 この物質は、人体でつくられるホルモンの一種「オキシトシン」。他人に対して健全な信頼感を持てない、ある種の障害の解明や治療法の開発に役立つと期待される一方、人の精神や行動を操作できる可能性もあるため、悪用を懸念する声も出そうだ。
 オキシトシンは脳の視床下部などでつくられ、母乳を分泌させたり、出産時に子宮を収縮させたりする働きがある。

(共同通信) - 6月2日2時10分更新


続きを読む
posted by GIN at 10:48| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<全児童名簿流出>ウィニーで感染、成績表も 愛知の小学校

 愛知県一宮市の市立小学校の03年度の全校児童535人と教職員の名簿などがインターネット上に流出していることが1日分かった。児童名簿には住所や電話番号のほか、保護者や兄弟の名前など個人情報が詳しく記載され、複数の教科でクラスごとに一覧にした成績表も流出していた。学校側や同市教委は流出の事実を把握していなかったという。学校児童の名簿のネット流出が発覚したのは前代未聞。
 児童名簿などは小学校で作成されたとみられ、児童名簿や教職員名簿などを保存していた個人所有のパソコンがファイル交換ソフト「ウィニー」のウイルスに感染したため、個人情報が漏れたとみられる。
 名簿には児童の氏名、電話番号、保護者名、住所のほか、一緒に登校するグループの通学団、兄弟姉妹の名前と学年クラスが書かれていた。教職員名簿には、住所、年齢や教員免許の種類、出身大学と卒業年月が書かれていた。このほか、体操服姿の児童がグループで走る風景など児童が撮影された複数の写真も流出していることが確認された。
 一宮市教委は個人情報保護法の4月全面施行にあわせ、個人名や連絡先の外部持ち出しを禁止していたという。同市教委は「許されないことが起こってしまった。早急に事実を確認し、対応を検討するとともに、個人情報の管理を徹底させたい」と説明している。【情報漏えい取材班】

(毎日新聞) - 6月2日3時7分更新

続きを読む
posted by GIN at 10:41| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。