2005年04月04日

臓物(わた)流し

やっとDiabloの合間に、ひぐらしのなく頃に〜綿流し編の2ndプレイを終了。

最後の辺りとか目明し編をやった後だと「そーなのかー(byルーミア)」なことが一杯だった。

特に気になった辺りをメモ風に。

くけけけけけ
posted by GIN at 19:02| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしの鳴く頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「地域猫」の虐待相次ぐ 反発する住民と溝、さいたま市

酷い話です。

ぶっちゃけ、猫が一番の被害者です。

オレは猫好きなんですが、さいたま市の態度には疑問を感じます。

猫を可愛がりたい人がいる。けど家の事情で飼えない人がいる。野良猫を避妊手術して増えないようにした。なら餌をあげてもいいだろう? 猫はかわいいだろう?

たんなるエゴの押し付けですよ、これ・・・・・・('A`)

猫が好きな人、動物は好きだけど猫は苦手な人、犬が一番好きな人。

いろんな人がいるのに。猫好きな人の事しか考えてませんよね。猫好きな人が猫を好きでいる権利があるのと同様に、猫嫌いの人は猫を嫌う権利があるんです。

だからといって、猫を殺すのは論外です。これではただの弱いものいじめです。嫌ならさいたま市に訴えればいいんです。もしくは猫避けペットボトルをおくとか。そもそも猫がいるところに近づかないようにするとか。やれることは沢山あるのに、全部すっとばして猫を殺す。最低です。意義的にはテロリストと変わらない気がします。

一番悪いのはさいたま市でしょうね。さいたま市としてはサービスのつもりなんでしょうがね。

裏目に出てお疲れ様です。



ところで、時々獣医さんに会うと、「ペットはちゃんと飼う、飼えないなら餌はやらない」っていうのは耳タコなくらい言われます。

オレは以前に野良猫が死にそうなのを見つけて獣医に連れて行ったことがあるんですが、その際に厳しく言われました。

曰く、ペットで癒されるのはいい。ただ、その癒される権利があるのは、ペットの世話をきちんとした上での話。野良猫に餌やって可愛がるのは、糞の世話とか、そういう面倒くさいところを全部放り出しておいしいところだけを取っていってるってこと。だから今後は野良猫に餌はやらないで欲しい。だそうです。

当時は「フ―( ´_ゝ`)―ン!何いってんの?猫かわいいから餌やって何が悪いの?」と正直なところ思っていました。

そして去年、子猫の里親探しをしていた際、部屋で1ヶ月ほど子猫を飼いました。

すっっっっごく、大変だったです。ぶっちゃけ、あの大変さを耐えることができる人だけが猫に餌やって、可愛がることができる権利を得るんだなぁ、と身にしみて思いました。しつけ、トイレ、やってはいけないこと、教えるべきこと。やることがしこたまあって、アレで可愛がれる権利が手に入るって・・・・・・世の中ってこういうところは平等なんですね。

それからは、野良猫をなでるくらいで、餌はやってません。獣医さんの言いたいことがもう分かるので。

でも今年生まれる学内の子猫の写真は取ります。ええもう、猫が嫌がるくらい。

だって可愛いんだもん( ´ー`)y-~~
posted by GIN at 14:08| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早く芽を出せムギの種。出さぬと・・・・・・

マンガンあげないぞ〜っと。

ま、どっちにしてもマンガン欠乏オオムギの育成なので、マンガンは入れないですけどね┐(´ー`)┌

いい加減オオムギ蒔かないとまずいなーっと思いました。



続きを読む
posted by GIN at 13:00| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。